長谷鉱山 概要・歴史

長谷鉱山は茨城県常陸太田市にあった鉱山。

チタンが採掘された。

コンクリート道など僅かな遺構、ガレ場が残る。

自形結晶をした磁鉄鉱が産出するという。

状態
2011年09月15日作成  2019年10月12日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

長谷鉱山 住所

茨城県常陸太田市長谷町

長谷鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

長谷鉱山 ストリートビュー・空中写真

長谷鉱山 関連ブログ・参考リンク

茨城県常陸太田市の長谷鉱山
http://kinno-homepage.sakura.ne.jp/mineral/hase.pdf
長谷鉱山再度探索 ジージー岩魚の趣味悠々/ウェブリブログ
http://70887447.at.webry.info/201203/article_2.html
長谷鉱山は蛇紋岩の中に含まれている滑石を採集している鉱山、この他の滑石の採集場所が、これより北方の垬沢に3か所あるようです。地元の人は滑石のことをロウ石、温石と言われます。前回は鉱山入口で帰りましたが、どうしても採掘場所を確認したいと思いまして、再度挑戦しまし

ピックアップ廃墟