吉村煉瓦工場(旭川の煉瓦工場跡煙突) 概要・歴史

吉村煉瓦工場は北海道旭川市にあった煉瓦工場。

1941(昭和16)年に当時小樽市在住の吉村米秋氏が創業。軍需もあり最盛期には1ヶ月に煉瓦300万個を生産したが、戦後の需要低迷により廃業したという。

東旭川町桜岡のクラークホースガーデン近くに、巨大な煙突だけが残っている。

2018(平成30)年時点でひび割れがかなり酷くなっており、倒壊の危険性がある。

2019(令和元)年7月時点で現存する。

付近には無関係のビートルの廃車も見られるらしい。

状態
2011年09月15日作成  2019年08月02日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

吉村煉瓦工場(旭川の煉瓦工場跡煙突) 住所

北海道旭川市東旭川町桜岡

吉村煉瓦工場(旭川の煉瓦工場跡煙突) 種類

廃工場・発電所

吉村煉瓦工場(旭川の煉瓦工場跡煙突) 画像・写真

吉村煉瓦工場(旭川の煉瓦工場跡煙突)(2019年7月)
吉村煉瓦工場(旭川の煉瓦工場跡煙突)(2019年7月)
根本部分。周囲になにもない草むらに煉瓦の塔がそびえ立つ様子はファンタジックである
根本部分。周囲になにもない草むらに煉瓦の塔がそびえ立つ様子はファンタジックである
ひび割れがかなり酷くなっている
ひび割れがかなり酷くなっている
根本部分から突端に近いところまでひび割れが続いている
根本部分から突端に近いところまでひび割れが続いている
吉村煉瓦工場(旭川の煉瓦工場跡煙突)(2016年6月)
吉村煉瓦工場(旭川の煉瓦工場跡煙突)(2016年6月)

吉村煉瓦工場(旭川の煉瓦工場跡煙突) ストリートビュー・空中写真

吉村煉瓦工場(旭川の煉瓦工場跡煙突) 関連ブログ・参考リンク

1138. 旭川・レンガ工場跡 雪原の煙突 - 撮って置きの日々
http://blog.goo.ne.jp/3sen6gou/e/d4c318c774f1da95e69d85c6e1fe6e46
①東旭川、桜岡。戦時中ここにレンガ工場があったのだそうな。今はこのレンガの煙突だけが残っていて・・・。北面に雪を吹きつけられ、高さ50mもありそうな煙突は夕景に1本どっかりと突っ立っている。原野に突然現れるこの煙突だけの廃墟には一瞬ギョッとすることがあり・・・
旧レンガ工場跡|おすすめスポット|かず3463|みんカラ - 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)
http://minkara.carview.co.jp/userid/12123/spot/370272/
旭川の山奥に、私の知る限り40年前ぐらいから変わらずの風景いつ倒れるかわからない、レンガの煙突聞いた話によると、昔レンガ工場があって、建物は壊したけど煙突はそのまま壊さずに残したとか誰も手入れのしない山奥に、未だひっそりとたたずんでいます全てを忘れされたい時に
旭川のレンガ工場 - 旭川の諸々話し
http://azusan36.blog40.fc2.com/blog-entry-2236.html
玉置浩二は「カリント工場の煙突の上に」ですが、この煙突はレンガ工場。旭川市東旭川桜岡にあります。レンガと言えば江別ですが、旭川でも多くのレンガが製造されていて、現在でも西神楽地区には工場があります。明治31年5月創業の「上川倉庫㈱」群や、同時期に建設される「第
ここから【4】 - キオクノオト
http://yura.hatenablog.jp/entry/2015/11/24/144848
桜岡駅前の地図にものっていたレンガの煙突。それに忘れられたようなビートル。これを見に来ました。ビートル、かっこいい!もったいない!多分不法投棄なんですが、どうして持ち主はここへ置いたんでしょう…。モノクロもかっこいい(^^)正面から。2015.4.30撮影

ピックアップ廃墟