廃茶屋いさまつ(伊三松)は、岐阜県加茂郡八百津町にある深沢峡の断崖絶壁に建っている茶屋跡。「IM茶...

廃茶屋いさまつ

廃茶屋いさまつ 概要・歴史

廃茶屋いさまつ(伊三松)は、岐阜県加茂郡八百津町にある深沢峡の断崖絶壁に建っている茶屋跡。「IM茶...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

廃茶屋いさまつ ストリートビュー・空中写真

廃茶屋いさまつ 関連ブログ・参考リンク

http://www.geocities.jp/tensaigonta2/r418-1.html
あそこが有名な廃茶屋「いさまつ」です。あとで、絶景ポイントとして紹介します。 ここから 左に登ると町道で、県道へとつながります。しかし、今回は右の川沿い国道418号へと 進むことにします。ちなみに通行止めとかかれています。 このように少し狭く、道が荒れ て
http://www.geocities.jp/tensaigonta2/r418-3.html
そう、先ほど出てきた茶屋だ「いさまつ」廃墟界では有名だそうだが、詳しいことは、「 いさまつ」検索して調べてください。左から入れるようになってます。 気を取り直して、 その廃茶屋から、下に降る道と階段があります。そこを降りると、このような船着場?
http://usa-nekosando.web.infoseek.co.jp/miti_hai-g352-2.html
公衆便所から少し行くと、 国道418号線からも見える廃墟「いさまつ」。 元は料理屋だっ たそうです。 80年代までは営業してたそうな。 美人女将が切盛りしていたらしいです。 当時はどんな料理を出してたんでしょう? やっぱ山菜や川魚の料理でしょうね。
http://kirihosi.seesaa.net/article/175969326.html
2010年12月26日 五月橋を渡り、そのまま進むと廃墟『いさまつ』が登場します。 IMG_2304. この物件 は、当時茶屋でして。 ここは客間 左奥に見えるのは、丸山ダムです。 IMG_2245. JPG その2 新丸山ダムができるとダム湖に沈んでしまいます。(つд`)
http://netishim.seesaa.net/article/235235875.html
2011年11月15日 廃墟「いさまつ(伊三松)」 南側から,本当に勝手な記録です・・ 喜撰山ダム(幻のまま) 腰越山トンネル 臨港 末広橋梁 朝熊登山鉄道3 朝熊岳駅舎到着 朝熊登山鉄道2 第 2トンネル 朝熊登山鉄道1 第1トンネル 大杉谷森林鉄道 大杉谷
http://netishim.seesaa.net/article/234915953.html
2011年11月13日 廃墟「いさまつ(伊三松)」,本当に勝手な記録です・・ 廃墟「いさまつ」 初めて来た時は 名前も知らず、お医者さんかと思っていました。 しかし、船着き場が有って、深沢峡を 見下ろすことが出来て・・どう見ても観光地。 .. 喜撰山ダム(幻のまま)
http://netishim.seesaa.net/article/234240811.html
2011年11月9日 R418をさらに東へ進むと、廃墟いさまつが見渡せる場所が出てきます。 01.JPG いさまつは3階建てです。 02.JPG いさまつから船着き場へ向かう途中に有る東屋ですが、屋根が抜けてしまっています。 鉄骨造です。 03.JPG 船着き場はツ黴
http://ameblo.jp/u-g5895/entry-10821902083.html
開幕戦 五月橋アタック②-最終ゲートから【通行】では無く【登山】と解釈を変えた我々を待ち受けていたのは、 もはや廃道と化した険道352号線であった。 しかし一応確認しておくが、 現段階で.
http://www.geocities.jp/teamhaikyo/miwaku/isamatu/isamatu.htm
廃茶屋いさまつ
http://kakosumi2.web.fc2.com/page004.html
物件名IM茶屋探索日2005年5月・2007年1月廃墟開始不明分類飲食店舗規模小規模ひどい道をひた走り、奥深い山の中にかかる橋まで来ると、なにやら船着場が見えてくる。山の中に埋もれたあばら家。今回の目的地はここだ。がけ崩れに見えないこともない船着場跡。地滑り観
http://desire2012.sakura.ne.jp/isamatu.html
廃茶屋いさまつ(伊三松)「いさまつ」に何が起きたのでしょうまるで解体現場みたいになっていました三階部分からも二階へ行けますが、外階段で二階へ入りますDQNによる破壊工作でしょうか・・・二階入口の直ぐ左に三階へ上がる階段がありますこの時点で床の強度よりも、建物全
http://www.drive-ns.com/4/4-12/4-12-2.html
いさまつ」は、今も昔も深沢峡を語る上で欠かすことのできない存在。 観光客を相手にしていた、かつての茶屋です。 ま、まずは現状視察から行きましょう。 正面入り口付近に掲げられているのは、「玉田医院」の看板です。 「玉田医院」は今でもあり、記載されてツ黴