横島炭鉱(よこしまたんこう)は長崎県長崎市にあった炭鉱。 香焼町安保(あぼ)の南西約700m沖に位置...

横島炭鉱

横島炭鉱 概要・歴史

横島炭鉱(よこしまたんこう)は長崎県長崎市にあった炭鉱。 香焼町安保(あぼ)の南西約700m沖に位置...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

横島炭鉱 ストリートビュー・空中写真

横島炭鉱 関連ブログ・参考リンク

http://hayabusa-3.dreamlog.jp/archives/51247940.html
香焼町、香焼炭鉱の中心地であった安保地区から眼前の海を望むと、ちょうど潜水艦が浮上したような、岩礁が見えます。この岩礁がある場所こそ、三菱横島炭鉱のあった場所です。下の写真は、貴重な操業時代の横島ですが、あまりにも島の姿が違います。実は、この島、閉山後、海中に
http://tanago.dreamlog.jp/archives/1400108.html
「横島」における炭鉱開発について、「香焼町郷土史」より抜粋記載します。横島は、安保の南西約700mの海上に横長く浮かぶ岩礁である。明治17年(1884)の「西彼杵郡村史」によると東西330m、南北61m、周囲193間・・・、竹崎より西方海上直径181mにあり、
http://dendenmushimushi.blog.so-net.ne.jp/2013-12-28
戦前の資料などによれば、香焼の誇るものとして造船と炭鉱をあげ、これが村の宝でありその隆盛によっておおいに発展した云々といった書き方をしている。造船は今も続いているが、当然ながら炭鉱はとうに閉山になっている。炭鉱が最も盛んだったのは、明治も半ば頃のようで、その当
http://www.gunkanjima-odyssey.com/GS22-01-15.htm
香焼炭鉱の沖合約700mの洋上に顔を出す小さな岩礁は、かつて炭鉱島だった横島の頂上部分の名残です。明治27年(1894)、高島炭鉱の不安な将来性や他財閥の進出に対抗するために三菱によって買収され、本格的な操業の始まった横島炭鉱には、端島や中ノ島同様埋立と築堤が