黒谷自然公園 概要・歴史

シロクジャクのケージと鬼の像

黒谷自然公園は岐阜県加茂郡川辺町にあった自然動物公園。「○○自然公園」等として紹介されていることもある。

1980年頃開園。小規模な動物園、ゲートボール場やゴーカート場などの遊園地的設備を併設した自然観察公園だったらしい。

閉業時期不詳ながら、2006年までには閉鎖されている。

竹林、野草園などの他、炭焼き小屋、鬼の像を祀った小祠、植物園、遊具、売店、事務所、三階建てのコンクリート建築、巨大な吊橋など、多くの遺構が見られる。自然観察や伝統的な炭焼に関する案内板が残されており、同地の環境や伝統産業を学ぶ場でもあったと見られる。園内には、自然生育した樹木と別に、明らかに植樹された美しい木々が残っている。また、地層が綺麗に露出し見学できる箇所が複数ある。

園内にあるトイレは、1922(大正11)年11月に下麻生駅新設と共に構内便所として建築されたもので、1988(昭和63)年国鉄民営化に伴いJRから譲渡され移築したものである。

2019年2月現在、かつて閉鎖されていたゲートが開け放たれ、道路上の倒木にはチェーンソーなどで切断された形跡が見られる。管理等のために整備した可能性があるが、道は枯葉に埋もれ倒木もあり、車両等での乗り入れは大変危険な状態である。また公園全体にクロマツの幼木などが生育し、移動も困難な場所がある。

1999年6月に岐阜公園水族館が閉鎖された際、ケープペンギン1羽が黒谷自然公園に移されたが、同公園が閉鎖された後は所在不明となっている。

状態
2011年09月15日作成  2019年02月14日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

黒谷自然公園 住所

岐阜県加茂郡川辺町上川辺

黒谷自然公園 種類

遊園地・テーマパーク

黒谷自然公園 画像・写真

黒谷自然公園のゲート跡
黒谷自然公園のゲート跡
かなりの急坂を登る
かなりの急坂を登る
小規模な小屋などがある
小規模な小屋などがある
炭焼き小屋
炭焼き小屋
炭焼き小屋の隣接建物
炭焼き小屋の隣接建物
炭焼き小屋
炭焼き小屋
炭焼き小屋
炭焼き小屋
藤棚?
藤棚?
藤棚?
藤棚?
重機の運転席?
重機の運転席?
竹林の案内板
竹林の案内板
地層が美しく露出した箇所がいくつもある
地層が美しく露出した箇所がいくつもある
黒谷自然公園
山頂公園の入り口
山頂公園の入り口
山頂公園入り口の左手(西側)
山頂公園入り口の左手(西側)
国鉄のトイレ
国鉄のトイレ
山頂公園内の藤棚
山頂公園内の藤棚
鬼の祠
鬼の祠
赤鬼の像
赤鬼の像
井戸?と鶴の像
井戸?と鶴の像
シロクジャクのケージ
シロクジャクのケージ
シロクジャクのケージ
シロクジャクのケージ
シロクジャクのケージ
シロクジャクのケージ
園内案内図
園内案内図
園内案内図。「トラのほりもの」「ゲートボール場」「ゴーカート場」があったらしい
園内案内図。「トラのほりもの」「ゲートボール場」「ゴーカート場」があったらしい
山頂公園内の三角山
山頂公園内の三角山
山頂公園内にはクロマツの幼木が多く生育している
山頂公園内にはクロマツの幼木が多く生育している
山頂公園内の建屋
山頂公園内の建屋
山頂公園右手(東側)エリア
山頂公園右手(東側)エリア
巨大なコンクリート建築
巨大なコンクリート建築
未成建築のようだが、馬などの家畜が飼育されていた形跡が見られる
未成建築のようだが、馬などの家畜が飼育されていた形跡が見られる
一階には飼育用と思われる資材が留置されている
一階には飼育用と思われる資材が留置されている
吊橋
吊橋
橋板が損壊し極めて危険な状態
橋板が損壊し極めて危険な状態
吊橋
吊橋
黒谷自然公園
黒谷自然公園

黒谷自然公園 ストリートビュー・空中写真

黒谷自然公園 スポット

黒谷自然公園 関連ブログ・参考リンク

黒谷自然公園 - 山の上の忘れ去られた桃源郷|古都コトきょーと
https://syasin.biz/page/kurodanikoen/
こんにちはtamuraです。今回は岐阜県の山の上にある忘れ去られた自然公園跡地に行ってきました。黒谷自然公園といい、廃墟マニアの中でも知る人ぞ知るような場所なんだとか。岐阜県のとある山の中の上空写真ですが、このが黒谷自然公園で、非常に広い範囲に建物などが密集し
【廃墟旅】黒谷自然公園 : バスターズの非日常と廃墟の日々
http://blog.livedoor.jp/darker916/archives/66083106.html
2016年7月中旬恵那峡ロープウェイとセットで行ったのがここ、黒谷自然公園ネットで見た写真で、なかなか面白そうな印象を受け、ぜひ自分の足で訪れたいと思った次第だ。さて、ここからがスタートしかし本丸まではなかなかの苦労を強いられることに・・・小雨が降り始めたこの
黒谷自然公園:知られざる超弩級廃墟(@川辺町) - 迷盤な日々
http://eyk.blog107.fc2.com/blog-entry-1579.html
「黒谷自然公園」という廃墟の存在は以前から知ってはいましたが、廃墟専門のマニアでもないので、それだけのためにわざわざ川辺くんだりまで行くのは億劫、何かのついでがあれば・・・と「行きたい所リスト」の隅っこにメモしてある、みたいな感じでした。それが最近、自分の周囲
黒谷自然公園 VOL.1 - 山神のブログ 7 - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/poseidon2693/15183749.html
いつもなら場所を特定出来る地図をアップするのですが今回は敢(あ)えていたしませんこの黒谷自然公園は超B級廃墟なんですが同行されたみなさんが口を揃えて面白い!と言われたところです今後間違いなく真似される方が見えるでしょうが危険な個所もいくつかあります(特に吊り橋
川辺権現山と廃墟の黒谷自然公園 ( ブログバトン ) - みのかもから山登り - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/k_fjijp/64063169.html
川辺権現山と廃墟の黒谷自然公園権現山は06年に単独で登っていますが、今回は何時もの3人で登りました。藪漕ぎで登った山ですが、林道がのびて、広い範囲で皆伐されていて、展望を楽しみながら登られるのは嬉しいけれども、赤土の林道は悲しいです。山頂は御岳山が祀られていて
棄てられた公園 黒谷自然公園 東濃の人/ウェブリブログ
https://ryutankokoku88.at.webry.info/201411/article_4.html
川辺町下麻生駅の南にある丁字路を西に向かうと黒谷自然公園に向かう林道に出ますが、それはすでに通行止めとなっています。道程中程に炭焼きの施設がありました。炭焼き体験や、バーベキューのための炭を売っていたのでしょうか?歩くこと30分ちょっとで山頂の公園施設につきま
下麻生城址
http://ngm.b.la9.jp/2015/simoasou.htm
廃屋池を過ぎ尾根到達地点まで戻り瀬戸川辺線66鉄塔を目指す。気分いい尾根歩きだが鉄塔目前でヤブが濃くなった。突っ切って66鉄塔到着巡視路を下るとすぐに谷の右岸沿いとなる。暫く下り日後谷林道へ降りた。もう足・膝はテンパイ状況一応右折し廃屋へ向かう。廃屋の前のコン
そして滝の先には…
http://m.webry.info/at/ryutankokoku88/201505/article_7.htm?i=&p=&c=m&guid=on
南に黒谷自然公園の廃墟ビルが望見できました。残念!!…。自然公園を目指したのですが谷を隔てて公園北側の山に登っていたのです。
動物園の廃墟?1 ( その他レジャー ) - セローな生活 - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/ipu32/33476219.html
ヤフーの地図で航空写真を眺めていたら、極めて怪しい施設を見つけたのでいってみた。馬もいたらしいクジャクがいたらしい檻2へ続く

ピックアップ廃墟