大平石切場 概要・歴史

大平石切場は神奈川県厚木市にあった石切り場。不動尻キャンプ場山神隧道に向かう林道二の足線沿い、鐘ヶ嶽南麓に位置する。

江戸時代から昭和の半ばくらいまで七沢石を切り出していたという。正確には石切場ではなく石の加工場であったらしい。

作業場だったらしい廃屋が残る。

また旧道沿いには大平石切場の石碑がある。

状態
2019年05月27日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

大平石切場 住所

神奈川県厚木市七沢

大平石切場 種類

廃鉱・採石場跡

大平石切場 画像・写真

大平石切場
大平石切場
大平石切場
大平石切場
大平石切場
大平石切場

大平石切場 ストリートビュー・空中写真

大平石切場 ブログ・リポート

地質の窓(平成27年度) | 相模原市立博物館
http://sagamiharacitymuseum.jp/blog/2016/05/22/%E5%9C%B0%E8%B3%AA%E3%81%AE%E7%AA%93%EF%BC%88%E5%B9%B3%E6%88%9027%E5%B9%B4%E5%BA%A6%EF%BC%89/
大平石切場跡は鐘ヶ嶽南麓にあります。ここは正確には石切り場ではなく、石の加工場の跡、もしくは、斜面の上の方にある石切場から切り出した石を運び出すための起点となっていた場所かもしれません。石を切り出せるような崖はありません。クサビの跡が残っている石が見られます。
大平石切場 - 大山登山 oyamatozan.com
http://oyamatozan.com/%E5%A4%A7%E5%B9%B3%E7%9F%B3%E5%88%87%E5%A0%B4/
七沢温泉郷・広沢寺温泉から不動尻分岐経由で大山山頂を目指す登山ルートの途中にあるのが「大平石切場」です。厚木市七沢や伊勢原市日向地区周辺には石屋が多く見られます。江戸時代から昭和の半ばくらいまで、この辺りで七沢石を切り出していた為です。こちらの「大平石切場」は
鐘ヶ嶽 大平石切場跡
http://www.geocities.co.jp/Outdoors-River/4341/yama2005/tan/kane_minami/kane_minami.htm
大平石切場跡を 探訪する 大河原沢左岸尾根-山の神-鐘ヶ嶽-南面トラバース- .... 前回(2004/2/7)はここで引き返し、南に伸びる尾根を下って「大平石切場跡」の石標に出た。今日は更に踏み跡を辿り西を目ざす。 表示板NO6のすぐ下
鐘ヶ嶽
http://s-ok.my.coocan.jp/tan/d_tan/090216kanegadake/090216kanegadake.htm
すぐ先が「大平石切場」跡。周囲が草木におおわれているために、位置を示す石碑が建っていなければ、石切場の跡さえ想像することができません。廃屋を見る付け替え道路の工事現場を過ぎると立派な橋が見えます。公園にあるような立派な橋です。砂防ダムを造る工事のようですが、完
きまぐれハイキング:不動尻自然歩道コース(2)
http://kimagurehiking.web.fc2.com/tanzawa03/fudojiri_02.htm
さらに舗装路を下ります。林道ゲート付近では、不法投棄防止を呼び掛ける案内放送が繰り返し流れています。その先左手の沢には名水を汲みに来ている人の姿が見られました。さらに歩くと大平石切場と彫られた石碑、棚田の再生事業を行っている場所などがあります。
山神隧道 車両通行止めゲート編 | ある歯科医院の院長の日記
https://ameblo.jp/tuburesika/entry-12413822189.html
廃墟見っけ♪冷蔵庫が確認できました内部に入っても問題なさそうな物件でしたが、木々が生い茂り、虫が嫌なので近づいていませんwまたしても位置関係の写真を撮り忘れたのでGoogle画像です一般家屋にしては不自然な場所に建っている気がします何かの商業施設だったのですか

ピックアップ廃墟