丹沢モチコシ鉱山(モチコシ沢源頭部鉱山) 概要・歴史

丹沢モチコシ鉱山モチコシ沢源頭部鉱山)は神奈川県足柄上郡山北町にあった鉱山。

武田金山の跡とも言われる。

坑口跡が残る。

状態
2019年08月09日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

丹沢モチコシ鉱山(モチコシ沢源頭部鉱山) 住所

神奈川県足柄上郡山北町玄倉

丹沢モチコシ鉱山(モチコシ沢源頭部鉱山) 種類

廃鉱・採石場跡

丹沢モチコシ鉱山(モチコシ沢源頭部鉱山) ストリートビュー・空中写真

丹沢モチコシ鉱山(モチコシ沢源頭部鉱山) ブログ・リポート

丹沢を探る: 丹沢の鉱山跡を探る 6  丹沢だより431号 2006/6
https://tanzawawosaguru.blogspot.jp/2009/10/43120066.html
戦後のガイドブックには、東沢途中に鉱山、モチコシ沢源頭部に鉱山があったことが書かれているので、鉱山があったことは確かである。しかし戦前・戦中のガイドブックには、いろいろ調べたが、まったく書かれていないのである。鉱山に興味がなければ書かれなくて当然と思うが、当時
丹沢を探る: 丹沢の鉱山跡を探る 玄倉鉱山(モチコシ沢 源頭部 鉱山跡) 再訪
https://tanzawawosaguru.blogspot.jp/2015/10/blog-post.html
向山ノ頭、モチコシ沢鉱山跡、女郎小屋左岸尾根2009/9/20の記事参照モチコシ沢第二坑道(仮称)場所モチコシ沢源頭部分岐右岸沢筋から2.5mくらい上がったところにあり、枝沢の分岐に位置する。枝沢の両岸に坑口があるが、左岸の坑口は掘り始め50cmくらいで止まっ
見つけたぞ! 丹沢鉱山跡: たなぼた
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2006/12/__2a7e.html
もしかして武田金山の跡?とも言われる西丹沢の鉱山跡を探検してきた。わずかな情報を頼りに、前回の遺言棚同様、仲の沢径路-東沢を詰めて乗越からモチコシノ頭へ。裸山丸との間から急勾配のモチコシ沢を滑り落ちるように下降。やっとのことで、中腹に埋もれ掛かった、噂の旧鉱山
丹沢モチコシ鉱山、新たなる坑道: たなぼた
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2009/12/post-b622.html
もしかして武田金山の跡?とも言われる西丹沢の鉱山跡を探検したのはもう3年も前になる。険しい急勾配で、当時の僕にとってはたいへんな大冒険だった。そしたらつい最近、イガイガさんのところで反対側にも坑道があったという話を聞いた。これはどうしても、もう一度行ってみなけ
西丹沢・東沢の鉱山跡について - 人生 沢あり谷あり - 山ネタ衆
https://yama-neta.g.hatena.ne.jp/castaways/20060504/1146734450
調べよう調べようと思っているうちに、ずいぶんと間が空いてしまった。ここらで手持ちの情報をいったん整理してみる。場所は西丹沢。あの小川谷廊下の上流部にある東沢。もちろん、そのうち現地調査にいく予定。
大石山からモチコシ沢の鉱山跡を探る イガイガの丹沢放浪記/ウェブリブログ
http://igaiga-50arashi.at.webry.info/200702/article_3.html
西丹沢には武田信玄に関する言い伝えが多く、その中のひとつに「信玄の隠し金山」の伝承がある。今回はその夢とロマンを追ってみた。信玄の隠し金山が本当にあったかどうかは別として、その伝説をもとに金鉱を掘り当てようとしていた者がいたのも確かなようである。そして丹沢には

ピックアップ廃墟