塩江新温泉ホテル 概要・歴史

塩江新温泉ホテル(しおのえしんおんせんほてる)は香川県高松市塩江町安原上東のホテル。県道30号付近に位置する。

1973(昭和48)年、塩江地区で唯一劇場のある温泉ホテルとして開業した。劇場は「塩江温泉劇場」という名称だった。

劇場の他に、ジャングル風呂の大浴場、露天風呂、サウナ、水風呂と22部屋の客室を備えていた。

また、温泉は湯元塩江温泉 華乃荘近くの香東川に沸く源泉から引かれており、当時はホテル周辺の団地でも温泉が引かれ、自宅で温泉に入れたという。

2005(平成17)年10月に休業し、そのまま閉館。

その後、高松市民病院塩江分院の移転候補地になったものの、2016(平成28)年に高松市が用地買収を断念。

2019(令和元)年6月時点でも休業中として建物が残されているが、再開の予定はないらしい。

2019(令和元)年7月時点で、1億2000万円で売りに出されている。

敷地内に草木が繁茂しているが、建物自体に大きな損壊は見られない。

状態
2019年06月24日 作成
2019年08月04日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

塩江新温泉ホテル 住所

香川県高松市塩江町安原上東

塩江新温泉ホテル 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

塩江新温泉ホテル 画像・写真

塩江新温泉ホテル。休業中の看板が見える
塩江新温泉ホテル。休業中の看板が見える
敷地内には雑草が茂っている
敷地内には雑草が茂っている
塩江新温泉ホテル
「塩江新温泉」
「塩江新温泉」

塩江新温泉ホテル ストリートビュー・空中写真

塩江新温泉ホテル 関連ブログ・参考リンク

塩江 在りし日の「塩ノ江新温泉ホテル」 ( その他レジャー ) - 塩江つれづれ - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/sionoe2000/10543262.html
ケヤキ並木を通り抜け、山あいに佇む「塩ノ江新温泉ホテル」かつては塩江で唯一、劇場のある温泉として賑わいをみせていた。昭和48年(1973)創業しジャングル風呂の大浴場、サウナ、水風呂、露天風呂があり、塩江温泉劇場でゆっくりと芝居を楽しむことができた。温泉は、湯
塩江温泉 塩江新温泉ホテル
http://www.page.sannet.ne.jp/horih/shikoku/shionoe3.html
塩江温泉塩ノ江新温泉ホテルは、私が「一人旅-四国へ-」編で6番目に行った温泉です。そして、5番目に入った温泉です。塩江温泉は高松市の南にあります。塩江温泉に行くには、高松自動車道の脇町ICより国道193号線を北上します。約11km行き、左折して国道377号線と

ピックアップ廃墟