中島航空金属専用線は、東京都西東京市にある軌道跡。 1939(昭和14)年、中島航空金属(株)田無鋳鍛...

中島航空金属専用線

中島航空金属専用線 概要・歴史

中島航空金属専用線は、東京都西東京市にある軌道跡。 1939(昭和14)年、中島航空金属(株)田無鋳鍛...

中島航空金属専用線 画像

Japanese Railroad Cr… [CC BY 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by/3.0)]

近くのスポット

中島航空金属専用線 ストリートビュー・空中写真

中島航空金属専用線 関連ブログ・参考リンク

http://www.geocities.jp/kotsubamm/nakazima.html
中島飛行機金属専用線跡 平成21年8月22日 T先生「そこ、中島飛行機の廃線 かしら」. 昔の俺 「えっ」. その時まで近所に廃止線があるなんんて信じられ 俺にとって 、山など近くに皆無で、廃止線が誕生する要素があるはずが無いと勝手に解釈. していた 。
http://hkuma.com/rail/higkur01.html
中島航空金属田無製造所は中島飛行機の同系会社であり、前述のように武蔵製作所で 組み立てたエンジンの試運転を行っていたが、製造 言うまでもなく廃線跡を利用した 緑道だが、頭上をずっと送電線が通っており、これから走って行く方向を示している。
http://www.hotetu.net/haisen/kanto2/111113nakajimahikouki.html
2011年11月25日 中島航空金属田無鋳鍛工場専用線は田無町(現:西東京市)に存在した、中島飛行機 の関連会社で西武池袋線(当時は武蔵野鉄道)の東久留米駅から分岐していた専用線 である。1939年 中島航空金属(株)田無鋳鍛工場として発足。(現在の
http://ameblo.jp/hotetu/entry-11087254278.html
2011年11月25日 歩鉄の達人の歩鉄の達人のブログの記事、廃線探索 中島航空金属田無鋳鍛工場専用 線です。
http://natrium.la.coocan.jp/fumikiri/tateno.html
目次 > 廃踏切を探せ > 番外編:旧中島航空金属 田無製造所専用線跡 (たての緑地) 廃踏切を探して地図を見ているうちに見つけた廃線跡。 西武池袋線の探索時に 途中までは見に行っていたが、改めて廃線跡を廃踏切を探しながら歩いてみた。 専用 線の
http://tosyokan-bicycle.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-df6f.html
2012年6月9日 実は、この緑地・道は中島航空金属田無工場と西武池袋線(当時の武蔵野鉄道)を結ぶ 専用線の廃線跡だそうです。 東久留米駅周辺は緑道にはなっていませんが、黒目川を 渡る築堤らしきものが残っています。その奥は変電所として利用され
http://blogs.yahoo.co.jp/c_xantia_01/63083261.html
2012年1月30日 中島航空金属の専用線の終点である、現在のひばりが丘団地の辺りにあった“中島航空 金属”の工場。 どちらの敷地に 日本の廃線が濃厚になってきた頃に造られた軽便 鉄道故、かなり粗末なものだったことが考えられ、 また、先述の通り
http://hkuma.com/rail/nakaji01.html
飛行機エンジンの製造工場として、東洋一の規模を誇った中島飛行機武蔵製作所。 その中島飛行機と、田無町にあったエンジンテスト工場(中島航空金属)の間を結び、 製造されたエンジンを運ぶ目的で敷設された鉄道が、ごく短期間ではあったが存在した。
http://hkuma.com/rail/nakaji11.html
中島飛行機武蔵製作所と田無町の中島航空金属の間を結んだ簡易鉄道について大分 以前に記事にした([簡易鉄道トップ]参照の事)が、それは当時の保谷市有志の方々が 行なった貴重な聞き取り調査により浮き彫りとなった推定路線経路を元としたものだった
http://homepage1.nifty.com/sabakiyo/contents74omoidetetudou054kurumenakajimahikouki01.htm
戦時中、現在のひばりが丘団地付近に中島航空金属田無製造所があり、西武池袋線・ 東久留米駅から引き込み線がありました。 群馬県太田にて発祥した中島飛行機は、「 優秀な人材を確保するためには東京に進出する」として機体は群馬、発動機(エンジン) は東京近郊と地域を分け事業展開をすすめまし . このあたりにも廃線跡を感じますね。
http://87786290.at.webry.info/200908/article_3.html
今回は西武池袋線東久留米駅から始まる中島航空金属(株)田無鋳鍛工場専用線跡を訪ねます。 歴史を調べるのに東久留米市の資料が少なくてはっきりとしたものはありませんでした。 歴史 昭和初期、中島飛行機の田無試運転工場( 
http://whistle700.blogspot.com/2010/05/blog-post_22.html
また生活道路にもなっていて、地域の方々とも触れ合えます。良いですね。 お子様の夏休みの宿題にいかがでしょうか?戦中・戦後・高度経済成長、軍需産業に都市化など。散歩をしながら学べます。 以前ご紹介した、中島航空金属専用線・中島航空金属から中島飛行機武蔵製作所までの軍用軽便鉄道・東京都水道局境浄水場専用線を全て連絡すると・・・東久留米駅から武蔵境駅までの鉄道ネットワークが完成します。 グーグルマップで作成してい 癒しの廃線跡散歩」 中島飛行機武蔵製作所専用線 
http://ameblo.jp/mrbtm/entry-11879845110.html
ミク「今夜は先日から続く落合川シリーズの最終回です。」 リン「いよいよマスターがここに行こうと思ったきっかけとなった廃線跡が登場するよ。」 レン「中島飛行機の関連会社、中島航空金属の専用線の廃線跡だね。」 俺「よし、まずは東久留米 
http://ameblo.jp/mrbtm/entry-11871658195.html
中島航空金属専用線跡に行くなら、ここもはずせない「落合川と南沢湧水」。-少し前に中島飛行機関連の廃線跡の話をしましたが、それに関連して「ひばりが丘の鋳物工場」の廃線が西武池袋線東久留米駅から分岐していたとの情報が入って 
http://tosyokan-bicycle.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-ee5d.html
堀合遊歩道とグリーンパーク遊歩道となっていますが、昭和26年に武蔵野競技場(野球場)が開設され、そこへ観客を運ぶ鉄道が通っていた廃線跡のようです。(すぐに廃止されてしまったようです) ここらの旧北多摩郡には、以前に行った中島航空金属もありましたし、軍需工場がいくつかあったことようですが、今では想像がつきません。 さらに進んでいくとグリーンパーク遊歩道は終了 この辺りから奥の林に向けて、中島飛行機武蔵製作所専用線はありました。 当時は中央線のこちら側(西、武蔵境駅 
http://whistle700.blogspot.com/2010/08/blog-post_26.html
築堤の奥に見える樹木の向こう側は、西武池袋線になります。手前に見える枕木と共に「鉄分補給」に最適ですね。廃線跡の魅力が味わえる場所です~♪. 築堤と切り通し。中島航空金属専用線。Embankment and cutting. 築堤と切り通し。
http://whistle700.blogspot.com/2010/05/blog-post_14.html
その中島飛行機と中島航空金属の間を結び、製造されたエンジンを運ぶために敷設された鉄道が、今回ご紹介する軍用軽便鉄道です。 ◎このレールはとても . 2 左から右に向かって、中島航空金属専用線が交差。右方面は東久留米駅へ.
https://ameblo.jp/dai-19701111/entry-11571203660.html
踏切から池袋方面を望む。写真に引いた赤線の様に引込線はこのあたりから右に分岐して中島航空の工場へ向かっていたみたいです。 引込線が通っていたのは道路の部分ではなく家が建っている部分です。しばらく進むと変電所が
https://blogs.yahoo.co.jp/yumenoirigutide/23201160.html
先日西武鉄道が発行している販促用小冊を見て初めてその存在を知った中島航空金属専用線の廃線跡を改めて撮影してきました。実のところウォーキングで良く通る道筋に存在し