笹尾砲台 概要・歴史

笹尾砲台は、福岡県北九州市にある軍事遺構。笹尾山、鳥越隧道直上に位置する。

関門海峡を通過する敵艦を想定して造られた下関要塞の一つで、1887(明治20)年10月に着工、1889(明治22)年9月に竣工した。28㎝榴弾砲を10門(5砲座)を備えていた。

倉庫跡、観測所跡、貯水施設跡などが残っているが、藪に埋もれている。

状態
2011年09月15日作成  2019年09月07日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

笹尾砲台 住所

福岡県北九州市門司区光町

笹尾砲台 種類

軍事施設・戦争遺構

笹尾砲台 ストリートビュー・空中写真

笹尾砲台 スポット

笹尾砲台 関連ブログ・参考リンク

笹尾砲台跡
http://www1.linkclub.or.jp/~oya-wm/smfzfile/sasaofile/sasao.html
関門海峡至近の古城砲台、門司大里の矢筈砲台、そしてこの小倉東方の笹尾砲台が、 明治期の下関要塞地帯の要衝であった . この笹尾砲台の構築目的は「大瀬戸制圧」 ですが、小倉市街地や手向砲台背後を防御する施設も造られていたのかもしれません。
笹尾砲台跡・・・リベンジ編(2/2)
http://blogs.yahoo.co.jp/c_xantia_01/43801454.html
だが、ここまで来たらこの構造物の上まで行くしかない・・・そう思ったのが間違いの元だった。 ここからは笹薮と格闘することになる。 道無き道を進み、こんな狭い場所でも方角を見誤りそうになりながら、この構造物の裏手へ進む。
笹尾砲台跡・・・リベンジ編(1/2)
http://blogs.yahoo.co.jp/c_xantia_01/43800625.html
ここは以前一度訪れたことのある “笹尾砲台跡” だが、 先日の探索は夕暮れだったので、あまりよい写真が撮れず(PCに取り込んだら見事にブレていた)、 また、夏草に覆われて視界も利かなかったので、青葉台公園の後で寄ってみることにした。
笹尾砲台跡
http://blogs.yahoo.co.jp/c_xantia_01/40428320.html
ご勘弁願いたい・・・ ・・・ということで、今回も“笹尾砲台跡”という明治時代の遺構。 ここは先日紹介した “手向山砲台跡” の隣にある山の 主な砲台を無くしたこの“笹尾砲台”は明治末期に廃止。 後にはこの弾薬庫だけが100年以上経っ
“ ガサガサ~バキバキ~!! ” いきなり木が折れる音が響く
http://www1.bbiq.jp/korosuke/tanken%20vol3.htm
2005/01/29 笹尾砲台跡 関門海峡がある為 下関&門司には多くの砲台が備え付けられていたらしい 今回はその両方を見てみることにした 早朝、隊長と合流し目的地に向かってひた走る 下調べを隊員なりにして来たので 今回の探検は

ピックアップ廃墟