手向砲台 概要・歴史

手向砲台(手向山砲台、田向山砲台)は、福岡県北九州市にあった陣地跡。

1887(明治20)年から1891(明治24)年にかけて建設された。当時は「田向山」と表記されていたという。

山全体が要塞地域に指定され、1945(昭和20)年の終戦まで民間人の立ち入りが禁止されていた。

現在は手向山公園となり、探照灯台座、観測所、陸軍の火葬場跡(火力発電所跡とも。現在は公園管理倉庫に転用)、砲台座群・倉庫群跡などが残る。

状態
2019年05月15日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

手向砲台 住所

福岡県北九州市門司区西新町

手向砲台 種類

軍事施設・戦争遺構

手向砲台 ストリートビュー・空中写真

手向砲台 スポット

手向砲台 ブログ・リポート・参考リンク

下関要塞地帯の概要
http://www1.linkclub.or.jp/~oya-wm/smfzfile/smfz.summary.html
西日本方面では、特に関門地区防衛のため下関・門司地区に砲台などの要塞施設が 構築されました。当時、世界 . 昭和期に入り、主に小倉造兵廠を防衛する防空陣地が 構成されていきましたが、その陣地で明治当時のものを活用したのは手向砲台だけです 。
手向山公園
http://homepage2.nifty.com/kitaqare/mido19.htm
手向(たむけ)山は小倉北区の北東部にある標高70m程度の小山です。宮本武蔵と . 台が見えます。 関門海峡周辺の下関・門司(小倉も含まれる)地区に、敵艦隊と砲撃戦を 行う砲台と、砲台などの背面防御が目的で小口径砲を備えた堡塁が築かれました。
門司区西新町周辺地区の史跡等
http://members.jcom.home.ne.jp/eirakuan2/mo-nisisin.htm
2 小笠原お茶屋跡, 5 長倉戦手向・藤松古戦場跡. 3 石碑, -. 1 笹尾砲台跡. 関門海峡を 通過する敵艦を想定して造られた下関要塞の一つとで、明治20年10月に着工し、明治 22年9月に竣工しました。 手向砲台の倉庫額石の二は、「弐」の字を使っていました。
カメレオン的日常 |下関要塞・手向砲台跡
http://yokotaoojiro.blog72.fc2.com/blog-entry-28.html
【 下関要塞・手向砲台跡 】. 久々の更新です。 いつも訪問してくださってる方々に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです・・・。 ならばもっと更新しろよって話ですが・・・w さて今回も自作の動画紹介です。 先日北九州にある手向山公園に写真撮影 
手向山砲台跡: 北九州シティせれなーで…
http://isisis.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-c6d6.html
田の首村(彦島)・筋山・竹の子島・名古屋岬(戸畑)・小倉・防波堤など. Tamuke13 「探照灯」施設へ通じる道・・・ Tamuke04 · Tamuke03 「探照灯」近くにある謎の2種類の石柱・・・説明板なし. Tamuke19 山頂にある「砲台倉庫(弾薬庫)群」 第一号から第五号 
手向山砲台跡 - 気ままよろず日記 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/c_xantia_01/39828671.html
小倉北区と門司区の境の海沿いに手向山(たむけやま)という小高い山がある。巌流島の戦いで有名な宮本武蔵と佐々木小次郎の石碑があることで知られている。恐らく北九州市民には知らない人はいないのではないだろうか。ここにも明治時代に作られた砲台跡がある。諸施設の完成は1
廃墟&近代遺産(武蔵の地に立つ砲台跡):響とバイクと山遊び:So-netブログ
http://hibiki15.blog.so-net.ne.jp/2007-03-08
国道3号線から手向山公園の案内にしたがって入ると砲台跡のある小高い山に登ることができる。登ってる途中、早くも遺構の案内を発見!「照明所」の跡らしい。ここに残ってるのはほとんどが明治期のものだということです。どんな照明だったのかはわかりませんが強力なサーチライト
手向山砲台跡 | GO EXPLORING 廃墟
http://exploring66.blog.fc2.com/blog-entry-74.html
大津島を後にして次に下関に向かったとりあえず下関で宿泊~なんだけど・・・電車の中からすごい混雑してたから、なんだ?って思ってたら
近代化遺産8・宮本武蔵と下関要塞・手向山砲台 | 趣味悠々 園芸と日記と写真館Ⅱ
http://heiji303.blog21.fc2.com/blog-entry-160.html
シリーズでアップしている宮本武蔵と下関要塞・手向山砲台。北九州市小倉北区手向山。ここには、宮本武蔵と明治、昭和期の軍事遺産が眠っている。
刻印された地名とレンガ施設跡 @ 手向山砲台 その3 | せめて休日には感動を
http://wonderinholiday.blog.fc2.com/blog-entry-655.html
砲台から少し離れた所に探照灯の跡が残っています。それも大分しっかりと。このような探照灯の跡は見たことがありません。ここにしかないかも?明治期のも
封印された壕と白ペンキ @ 手向山砲台 その1 | せめて休日には感動を
http://wonderinholiday.blog.fc2.com/blog-entry-653.html
前回、下関要塞の火の山砲台について取り上げましたが、続いて九州側の砲台をひとつ。火の山砲台と同じく明治期に建造され、今は公園になっている砲台があ

ピックアップ廃墟