三井芦別鉄道(炭山川橋梁) 概要・歴史

三井芦別鉄道(みついあしべつてつどう)は北海道芦別市の芦別駅と頼城駅を結んでいた鉄道路線。

1940(昭和15)年11月、三井鉱山専用鉄道として下芦別(現在の芦別) - 西芦別(のちの三井芦別)間4.1kmで開業。

その後順次延長され、1949(昭和24)年1月に三井鉱山株式会社芦別鉄道(芦別 - 頼城間)として地方鉄道に改組・開業した。

1960(昭和35)年10月、炭鉱の合理化に伴い、三井芦別鉄道株式会社として分離・独立。

炭鉱合理化に伴う沿線人口の減少、並行バス路線の充実により、旅客部門は1972(昭和47)年5月末に運行停止。残った石炭輸送も、三井芦別炭鉱の合理化に伴い1989(平成元)年3月に廃止された。三井芦別炭鉱自体も1992(平成4)年9月に閉山となった。

入山駅 - 中の丘駅間に架かる炭山川橋梁に、ディーゼル機関車DD501と石炭貨車セキ3000が保存展示されている。定期的に塗り直され管理されている。

炭山川橋梁自体も2009(平成21)年1月22日に国の登録有形文化財に登録されている。

他に芦別隧道芦別川橋梁などの遺構が残る。

状態
2019年05月21日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

三井芦別鉄道(炭山川橋梁) 住所

北海道芦別市中の丘町

三井芦別鉄道(炭山川橋梁) 種類

廃線・鉄道駅

三井芦別鉄道(炭山川橋梁) ストリートビュー・空中写真

三井芦別鉄道(炭山川橋梁) スポット

三井芦別鉄道(炭山川橋梁) 関連ブログ・参考リンク

三井芦別鉄道 - 廃線跡Report
http://www.geocities.jp/xxreport2/repo/mtasi.html
三井芦別鉄道. 北海道の廃線跡を訪ねて 少なくなっている。 また、芦別森林鉄道跡 が頼城あたりでも見ることができる。 . 線路はここよりさらに南にも続いていて、非公式 ながら玉川町停留場も設けられていたが、その跡が残っているはずもない。線路跡も
秋…『ことりっぷ』しましたpart1
http://ameblo.jp/floret8716/entry-10683578317.html
思ったのですが、黄葉と言う方が正しいかも( ´艸`) 「旧三井芦別鉄道炭山川橋梁」 廃線になった橋に、忘れられた電車…? 今にも走り出しそうな感じの色褪せたディーゼル車。 今年最後の紅葉と調和して、ナチュラルな風景。 雄大な雲。
【廃線】炭山川鉄橋の夜
http://blogs.yahoo.co.jp/pndcy047/33503572.html
三井芦別鉄道の鉄橋(プレートガーター橋梁)の1つです。芦別川の支流に架かっていて水面からの高さは33mあります。橋上にはDD型、DL型、セキ炭車(道内限定65 制限黄)1両が残ります。
三井芦別鉄道
http://blogs.yahoo.co.jp/e455to165_58/51214948.html
芦別森林鉄道からやがて三井芦別鉄道のルートになります。 最大の見所は、わざわざ橋の上というおっかない場所に保存してあるディーゼル機関車と石炭車ですね。そんな廃線跡もそうそうありません。冬場は移動するみたいですが、風に煽られないか心配です。
旧三井芦別鉄道炭山川橋梁
http://blogs.yahoo.co.jp/tiltil261/48321520.html
廃線後は芦別市が機関車を石炭車とともに保存展示しています。 その機関車と石炭車をズームで 石炭車は木に遮られていてよく見ることができません。 反対側に回り込んでみましたが、 こちらも木に遮られてはっきりと見ることができませんでした。
廃線探索 三井芦別鉄道
http://www.hotetu.net/haisen/Hokkaido/100702mituiashibetu.html
2010年7月7日 三井芦別鉄道(みついあしべつてつどう)は、北海道芦別市で鉄道事業を行っていた 鉄道事業者、あるいは同社が運営した芦別駅と頼城駅を結ぶ鉄道路線である。1940年 (昭和15年)12月開業の三井鉱山芦別専用鉄道(芦別 - 西芦別・後の
三井芦別炭鉱
http://tsushima-keibendo.a.la9.jp/ashibetsu/ashibetsu.html
国鉄の芦別駅から、炭鉱のあった頼城(らいじょう)まで鉄道が走っていました。「三井 芦別鉄道」です(左図の青線)。 Wikipediaで調べると、1972(昭和47)年までは旅客輸送 を行っていて、後に貨物専用になり、1989(平成元)年に廃線になりました。 私が芦別を
中空知炭鉱編 3
http://homepage3.nifty.com/rurounotami/tanto_sorachi03.htm
三井芦別鉄道廃線跡に保存されるDLと石炭車。雪景色の中、今にも走り出しそうな姿 はとても絵になった。三井芦別炭鉱は昭和14年開鉱、平成4年に閉山となった。住友 赤平と共に道内で最後まで残った炭鉱の一つ。閉山直後のこの炭鉱町を訪れた事が ある
三井芦別鉄道
http://locals.syanari.com/haisen-mitsui.htm
北海道廃線紀行 三井芦別鉄道①, 通信速度により、このページの表示に多少時間を 頂きます。ご了承ください。 クリックすると拡大画像が出ます。 拡大画像からはプラウザ の「戻る」ボタンでお戻りください。 *この取材はクロフォードさんと共同調査しました。
【幌鐵局】北海道廃線/三井芦別
http://homepage2.nifty.com/badger/hkddis/mitui.htm
幌萌鐵道管理局 北海道廃線跡探索記. ◇ 三井芦別鉄道 平成の世まで生き残った ものの春を見ぬまま廃止となった三井芦別鉄道。旅客営業は昭和47年に廃止になり、 気動車は関東鉄道(→鹿島鉄道)に譲渡され最近まで活躍していました。 さてこれも 車内
『廃線跡の記録3』修正・補足箇所|「そうだ樹海、行こう  - Ameba
http://ameblo.jp/woncul/entry-11212782698.html
2012年4月2日 さて、『廃線跡の記録3』だが、自分の担当箇所で残念ながらわずかなミスや補足点あっ たので紹介したい。 訂正な上に、手書きの記載で大変申し訳ない。 1、三井芦別鉄道の 地図(『廃線跡の記録3』81ページ)。 「入山」「中の丘」「幸町」という
旧三井芦別鉄道炭山川橋梁 - そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/ts/tss/yama/resource/as_013.htm
三井芦別鉄道の橋梁のひとつ。1989(平成元)年3月に廃線となるまで活躍した。同年、 芦別市に寄贈され、鉄道車輌と土木建築物が一体化する形で保存されている。芦別川 の支流に架かっていて水面からの高さは33m。橋上にはディーゼル機関車DD501+
旧三井芦別鉄道三井芦別駅 - そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/ts/tss/yama/resource/as_007.htm
その後延伸され、1949(昭和24)年に「三井鉱山芦別鉄道」(芦別縲恬鰹驕jとして地方 鉄道に改組・開業、1972(昭和47)年までは旅客輸送もしていた。1989(平成元)年、廃 線。現在は、周辺の関連施設やプラットホームなどは撤去されたが、施設の外観は当時
北海道・芦別にある廃線跡を巡る~|~プレミアム付商品券は5月30日
http://ameblo.jp/shokokai-satte/entry-11965796477.html
2014年12月17日 実は正面ホーム1番線の向こう側(3番線)は、三井芦別鉄道のホームだったんです(昭和47年旅客営業廃止・平成元年鉄道廃止)。 今回は、一部残っているその廃線跡をたどってみます GO 三井芦別鉄道 矢印 国道452号線 国道 を走り 
三井芦別鉄道炭山川橋梁跡 | 残影
http://sprout34.blog16.fc2.com/blog-entry-208.html
三井芦別鉄道、元は芦別の鉱石輸送を主にした鉱山鉄道でしたが、 H元年に廃線となりました。 炭山川という深い谷に架かる炭山川橋梁の上には、 当時のディーゼル車DD501が展示されています。 この写真は2005年の時のものですが、 2009年には、炭山川 
【廃線】三井芦別鉄道・三井芦別駅|虎ちゃんの無人駅巡り - アメーバブログ
http://ameblo.jp/tora-to-lucky/entry-10710930235.html
テーマ:廃線. 久しぶり秋晴れの一日でした。チッョトお出かけついでに鉄分補給。 立ち寄ったのは旧三井芦別鉄道・三井芦別駅跡。 三井芦別鉄道は1940(昭和15)年11月28日、三井鉱業専用鉄道として開業。開設当初石炭輸送のみだったと 
自然と音楽を愛する者:芦別の廃線あと
http://guitarbird9.naturum.ne.jp/e1655845.html
01 仕事で行った芦別市内に、鉄道の廃線跡を見つけました。 三井芦別鉄道、1989年に廃線となったもの。 炭鉱の石炭を運び、旅客運送もしていましたが、 最終的には炭鉱の廃坑の前に貨物輸送も終えました。 割と最近のことだけど、僕は 

ピックアップ廃墟