池島団地

池島団地は、長崎県長崎市の池島鉱山にあった鉱山住宅跡。

最盛期には住民登録だけで8千人、従業員は2万5千人に達した。2001年11月29日に閉山した九州最後の炭鉱。

衛星写真からでも確認できる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

池島団地 住所

長崎県長崎市池島町

池島団地 種類

団地・住宅・別荘

池島団地 画像

池島団地 写真・ブログ・リポート

松島炭鉱 池島
http://backcountry.image.coocan.jp/reports/43nagasaki/ikesima.htm
従業員の生活の場であった炭鉱住宅の廃墟化が進みます。 【池島港】. 神浦や 大瀬戸からフェリーの定期船があります。 便数の多い大瀬戸の航路を利用しました。 池島の玄関口が石炭の出荷港でもあった池島港 要塞か城壁のようなコンクリートの 団地。
池島炭鉱編 2
http://homepage3.nifty.com/rurounotami/tanto_ikeshima02.htm
化粧直しして奇麗な団地もあるがほぼ廃墟。 現在は港地区の社宅団地に居住エリア を集約されているのではと思う。 池島ストアー。島の規模を考えるとかなり大きな スーパー。 しかし閉山後は売り場が縮小され、広い広い店内の一部を 衝立で囲まれて 営業
硝化の穹 池島団地
http://syoukanokaze.blog97.fc2.com/blog-entry-113.html
池島団地 行き先:長崎県長崎市行動日:2011年5月2日車:ホンダ・インサイト人数:5人 天気:晴 池島の有名な廃墟スポットとなっているのがこの団地の跡。 島の案内板にも 載っているあたり、島も見所としているようだ。 団地は池島全体とは別に、あえて別項目
会いに行ける廃墟 池島
http://home.f01.itscom.net/spiral/ikeshima/ikeshima02.html
だから池島の団地にはエレベーターは無い。 急病人が出た時は皆で担いだのだろうか ? 巨大な団地の1階には共同浴場があった。 むき出しの配管がワイルドだぜぇ。 こちら は池島千人風呂。 部屋の様子を見てみよう。 玄関の扉にはお別れのメッセージが。
会いに行ける廃墟 池島
http://home.f01.itscom.net/spiral/ikeshima/ikeshima01.html
呼称・池島炭鉱 場所・長崎県. 長崎県の離島、池島。 平成14年に閉山した九州最後の炭鉱があった場所。 鉱山施設や住宅跡の残る廃墟マニアにとっては夢の島である。 今回は夏と冬に撮影 島の見所のひとつが無数に残る廃団地。 最盛期には約8,000人 
池○炭鉱アパート群|廃墟purelove日記
http://black.ap.teacup.com/purelove/79.html
かつては炭鉱としてして栄えた池島現在は一部が研修施設として稼動している程度でほとんどが無人地区となっています。最盛期は多くの労働力が動員されていたので、当然居住施設も十分に準備されていました。しかし今では、島の人口は数えるほど・・・当時のアパート軍は、行き交う
長崎県の池島で炭鉱ツアーを楽しんだ!軍艦島に劣らない廃墟の島
http://www.itamiwake.com/2015/04/ikeshima-nagasaki.html
2015年4月6日 軍艦島と同じ廃墟の島として注目されていますが、炭鉱見学ツアーも行われています。 後述する団地はもう誰も住んでいないのですが、ここの団地にはまだ住んでいる人がいる。 ようこそ池島へ. いろいろなキャラクターが歓迎してくれます。
りんごの廃墟旅 池島<後編>
http://applesoda777.blog.fc2.com/blog-entry-180.html
廃墟を撮影しているにも関わらず全く怪しまず、フレンドリーに接してくれる島民の方はとてもおおらかでした。 その後いよいよ有 . 公団団地の廃墟(ではない場所も)鉱山などの産業が斜陽になっていない時代は島は賑わっていたでしょうね。 産業も無くなると人 
キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ|かつて、石炭で栄えた、池島を歩く。  池島炭鉱跡は、夢の跡。~長崎市池島町~  他  (2014/3/5)
http://akkamui212.blog86.fc2.com/blog-entry-1338.html
アパートの間の道を行って、海を見た。右下に廃屋があって、時計が見えた。時計が動いていると思った。今の時間だから。3時19分。私の時計を見たら、3時18分。しばらく、針を見ていた。動かなかった。この時計は、私が来るのを、待っていた。人が住んでいる気配。右のアパー