池島炭鉱(いけしまたんこう)は長崎県長崎市の池島にあった炭鉱。池島は西彼杵半島の西沖合約7kmに位....

池島炭鉱

池島炭鉱 概要・歴史

池島炭鉱(いけしまたんこう)は長崎県長崎市の池島にあった炭鉱。池島は西彼杵半島の西沖合約7kmに位....

池島炭鉱 画像

池島炭鉱
©Departure
©Departure
池島炭鉱工場
Akiyoshi's Room [Public domain]
Muyo [CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)]

近くのスポット

池島炭鉱 ストリートビュー・空中写真

池島炭鉱 関連ブログ・参考リンク

http://www.kasako.com/0909ikesimafoto1.html
池島もうまく団地好き、廃墟好き、巨大建造物好きの人たちを、 軍艦島と一緒に訪れる ようなPRをすれば、 100棟の団地は無駄にならずに、資産として活かせるのかなと・・・。 軍艦島に興味がある方は池島も行ってみるとよいと思います。 ちなみに池島炭鉱内に
http://highkyo.blog29.fc2.com/blog-entry-379.html
2011年4月8日 池島炭鉱は2001年に閉山して,販売用の石炭採掘はしていませんが,海外に採炭技術 を伝承するために,2009年まで、採掘の設備を残し 今も、一般人向けに模擬炭鉱 ツアーなど開催しているので、この穴は完全な廃坑ではありません。
http://homepage3.nifty.com/rurounotami/tanto_ikeshima01.htm
長崎県西彼杵半島の西約7キロに浮かぶ池島は、ほんの数年前(平成15年当時)まで 海底炭鉱があった島である。池島炭鉱は昭和34年に営業出炭を開始。炭鉱が出来る前 は、人口約350人の小さな漁村に過ぎなかった。炭鉱の島として栄えた昭和40年代に
http://wing.zero.ad.jp/~zbc54213/ikejima-tankoo01.html
池島炭鉱は1959(S34)年に採炭を開始しつい最近の2001年にヤマ(海底炭鉱だが) は閉山している。 こういう廃坑になった炭鉱や鉱 山の住宅などは崎戸炭鉱や犬山 精錬所のようにどこかの映画会社がロケに使ったりするようだが後始末の悪さに地元は
http://keitandan.web.fc2.com/42ikeshima-tankou.html
2004年7月8日 しかし長崎市内から近く加藤が走っていた高島に比べると長崎から遠くバテロコの池島 はいくらマニアとは言え足が重かったのではないだろうか?今では共に廃鉱になって しまったが軌道が完全撤去された高島とは違い、現在でも生きた炭鉱を
http://www.tanken.com/ikesima.html
2012年4月29日 その後、経営陣は近隣の大島炭鉱での操業に力を入れ、戦後になって、池島の開発に 乗り出します。炭鉱というと、「きつい、汚い、危険」という典型的な3K職場だと思いがち ですが、池島炭鉱は機械化が進み、従来の . 現在の廃坑内部
http://monkeyfarm.cocolog-nifty.com/nandemo/2013/06/post-274b.html
2013年6月26日 画像みたいな感じで、島の中にデカイ池があるので池島というらしく。 Images 今は海とつながってるんだけど、昔は本当に池だった模様。 まずは廃坑になった炭鉱の見学なのだ。 IMG_0991 空梅雨気味とはいえ、梅雨の真っ只中。 台風四号ツ黴
http://ameblo.jp/6blogs/entry-10760180747.html
REPORT - 075 │ 池島 - 池島炭鉱居住区- 長崎県 │ 池島 - 池島炭鉱居住区 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 池島 旧松島炭鉱 就労者居住区 廃墟好きが何故か神聖視する.
http://ameblo.jp/6blogs/entry-10761975696.html
REPORT - 076 │ 池島 - 池島発電所- 長崎県 │ 池島 - 池島発電所 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 池島 旧松島炭鉱 池島発電所 池島炭鉱跡、近代炭鉱にして九州地. 6Frogs - 行ってみたら凄かった。 │ 廃墟や廃村、秘境や遺構の調査レポート. 6FROGS DESIGN UNIT WEB SITE. 栃木県│鹿沼市石裂集落 · 山梨県│上暮地の石碑 · 岐阜県│神の住む家 · 岐阜県│洲原村診療所 6Frogs - 毎日をデザインで考える-房総自然博物館 台倉 宇藤原 廃. この池島の産業を支え 
http://syoukanosora.blog42.fc2.com/blog-entry-293.html
池島には有名な団地の廃墟があるのですが、それはこちらの日記では公開いたしません。近いうちに1Fのほうでのみ公開する予定なので、興味がある方はそちらを見ていただければと思います。では池島の写真をお見せしましょう。池島は小さいとはいえ美しい風景が続く島なので写真自
http://black.ap.teacup.com/purelove/379.html
一部稼動している部分もあります。大部分は役目を終えたようで、ひっそりとしています。巨大な施設が圧倒します。
http://highkyo.blog29.fc2.com/blog-entry-370.html
廃色melancholy1周年ニューカテゴリ池島炭鉱15回くらい(予定)に渡ってお送りいたします。池島炭鉱は国内で最後まで操業していた炭鉱で、長崎県中部の西方沖合約7kmの洋上に浮かぶ周囲4kmの軍艦島と同じ海上炭鉱島です。われ等は、フェリーに車ごと運んでもら
http://portal.nifty.com/kiji/130222159669_1.htm
唯一のタスク的なことといえば、池島に住んでいる小島さんというかたとコンタクトを取ること(これについては後ほど)。 この船に乗って。後ろに見える建物はホテル兼フェリー待合室兼市役所支所。待合室には釣り竿が立てかけてあった。
http://blog.livedoor.jp/gotokentarou/archives/67297424.html
しかし、数日前に同じ課の廃墟マニア女子に数冊マニア本を貸してもらった中に、長崎の『池島炭鉱跡』というのを発見。調べてみると、長崎市街から30キロくらいの距離の『神浦港』から行けることがわかった。行きましょう。ただ、それを調べたのが金曜日の夜・・・よって土曜8時
http://blog.livedoor.jp/darker916/archives/6100272.html
2014年4月末池島訪問かつて炭鉱で栄えた街、その名残が多く残っていると聞いてやっていた。島のほとんどが廃墟だらけというのだから、もう興奮が止まらない。前日は永ノ島へ行き、夜は佐世保で一泊した。池島行きのルートはいくつかあるが、今回は朝、佐世保から出発する高速
https://blog.cles.jp/item/6491
フェリーを降りると、観光目的で来る人ばかりなので池島炭鉱さるく*1のスタッフが出迎えてくれるので、そのままワゴン車に乗って池島開発総合センターへ。軽く説明を受けた後、島内を巡りへ。池島の人口はまだゼロではありませんが、仕事がほとんどないような場所なのでほとんど
https://departure.amebaownd.com/posts/6189196
西彼杵(にしそのぎ)半島の西沖合およそ7kmに浮かぶ周囲4kmの小さな炭鉱の島。最盛期には約8000人もの人々が住んでいたが、現在の人口は200人に満たない。従業員が25000人いた頃もあり、当時のマンション群が現在も多く残っている。その廃墟的な景観から第二の
池島炭鉱 関連ワード
  • 2004年
  • 2017年
  • from
  • vol.06
  • vol.11
  • vol.12
  • vol.13
  • vol.14
  • web
  • おっちゃん
  • お送り
  • かあちゃん
  • すぐに
  • ふな
  • まとめた
  • めし
  • わり
  • オープロジェクト
  • シリーズ
  • タイトル
  • パイン
  • ブックス
  • ボタ
  • リポート
  • ワンダーJAPAN
  • 三才
  • 三池炭鉱
  • 九州
  • 人口
  • 伊王島
  • 会員
  • 入坑
  • 全貌
  • 出来る
  • 収録
  • 取材
  • 同じ
  • 営業
  • 団地
  • 地上
  • 坑内見学コース
  • 坑道
  • 変わった
  • 変貌
  • 多く
  • 大島大橋
  • 店舗
  • 建設
  • 感謝
  • 撮影
  • 支援
  • 施工
  • 施設
  • 書籍
  • 有ります
  • 本卸
  • 本物
  • 次女
  • 歴史
  • 池島
  • 池島全景 離島の《異空間》
  • 池島炭鉱十年
  • 池島炭鉱探検ツアー
  • 池島炭鉱跡
  • 浮かぶ
  • 炭鉱
  • 炭鉱住宅
  • 炭鉱坑内
  • 炭鉱見学
  • 炭鉱跡
  • 特産品
  • 画像
  • 発売記念
  • 石炭
  • 立坑櫓
  • 第8回
  • 第二
  • 約12年
  • 総会
  • 行きました
  • 見学ナイトvol.15 池島からの報告
  • 詳細
  • 軍艦島
  • 通った
  • 運び出された
  • 運営
  • 道橋
  • 長崎
  • 長崎市
  • 防塵マスク