信越本線丸山変電所跡

信越本線丸山変電所は、群馬県安中市松井田町にあった発電所。

峠を行き来する列車の電力を供給するために明治44年に建てられた、レンガ造りの建築物で、蓄電池室と機械室2棟がある。

国の重要文化財に指定されている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

信越本線丸山変電所跡 住所

群馬県安中市松井田町原

信越本線丸山変電所跡 種類

廃工場・発電所

信越本線丸山変電所跡 画像

信越本線丸山変電所跡

信越本線丸山変電所跡 写真・ブログ・リポート

ちょっと遅い夏休み 碓氷峠鉄道文化村 その1
http://railway.blog49.fc2.com/blog-entry-376.html
架線柱等の地上設備はもちろん、レールもきちんと残っていたりします^^ 有名な丸山変電所跡です。昔見た写真では屋根が崩れかかっていて、いかにも廃墟と言う感じがしていたのですが、いまでは綺麗に復元されていました。
アプトの道遊歩道 重要文化財旧丸山変電所
http://morgen-qtvr.sblo.jp/article/28970289.html
丸山変電所跡には、そのトロッコ列車用のホームも作られています。 丸山変電所は、1911(明治45)年から使用が始まった、アプト式時代の遺構です。 その後荒れるにまかせて廃墟同然になります。2002(平成14)年修復工事が完成し
旧丸山変電所へ
http://deepsky.at.webry.info/200712/article_13.html
言うことでしょう!!(爆) あの廃墟が、こんな美しい外観に大変身!(汗) こちらのサイトに当時の状況が詳細に紹介されています。 碓氷峠鉄道施設 ~ 旧丸山変電所 廃墟系 ~ 信越本線丸山変電所跡 (1998年09月) すっかり綺麗になってしまって
鉄道倶楽部発足?(笑)
http://orange2cv.seesaa.net/article/64563629.html
しばらくアプトの道を進むと、レンガ作りの丸山変電所跡が見えてくる。 大正元年建設。ここはかつて丸山信号所だったところで、信号所亡き後は廃墟と化していた。しかし平成六年に重要文化財に指定されたことで見事修復と相成った。
真夏の峠越え
http://mt2133.blog41.fc2.com/blog-entry-1394.html
これまた懐かしい光景の一つでもある丸山変電所跡。 かつて廃墟の様相を晒していたレンガ造りの丸山変電所。 今は重要文化財に指定されご覧のように復元されています。 そして丸山を出ると本格的な峠に差し掛かり、勾配も25‰から66.7‰になります。
信越本線丸山変電所跡
http://www.funkygoods.com/hai/maruyama/maruyama_hai.html
信越本線丸山変電所跡は、廃墟マニアの間では有名な場所であった。しかし、現在では 完全に修復が施され、国の指定重要文化財として保存されており、かつての廃墟の イメージは全く無い。ここに掲載した写真は、1998年9月に碓氷峠を訪れた際に撮影 した
りんごの廃墟旅 丸山変電所(セルフポートレートあり)
http://applesoda777.blog.fc2.com/blog-entry-53.html
私の初のセルフポートレート撮影地となった場所がここ、丸山変電所跡。 かつてはいい 感じで朽ちた廃墟だったのに、今は重要文化財として美しく生まれ変わっています。 詳細は安中市のホームページに詳しく書いてありますのでそちらをどうぞ。 □⊂(゜ー゜* )
横川の廃墟
http://www.ne.jp/asahi/muen/press/haikyo_html/yokokawa.html
丸山変電所跡. これはかなり有名な物件。釜飯で有名な横川の駅があった場所から2 キロほど。廃線になった信越本線沿いにあり、なんとこの廃墟の前まで車でいける。 しかも何の障害物もなく中に入れる。東京からは関越自動車道を藤岡から上信越道に 入り、
ギルティクラウン舞台探訪・丸山変電所跡|ひきこもりかけぶろぐ
http://ameblo.jp/pachuca33/entry-11076844411.html
2011年11月13日 今夜はギルティクラウンに登場する主人公・集が秘密基地?にしているレンガの廃墟。 そのモデルになった群馬県安中市の丸山変電所跡まで行ってきました。 yoshinoの ブログ. ここ丸山変電所跡は今は廃線となった信越本線・横川~軽井沢
信越本線 横川~軽井沢 廃線区間・旧熊の平駅跡
http://home.f01.itscom.net/spiral/usu/usu3.html
現在 碓氷線跡は観光地化が進められていて 一部が、「アプトの道」として整備されて いる。 丸山変電所跡も綺麗に修復されていた。 碓氷にある「鉄道文化むら」なんていう 観光スポットもあるのでファミリーで遊びに行ってもいいかも。 なお、現在「アプトの道」 以外
90年代のポジがまた出てきた
http://nyorovsky.seesaa.net/article/366994849.html
で、この写真もそうなんだけど、 ここが丸山変電所跡という場所で たぶん廃っぽいものに萌えた場所のひとつなのだ。 廃墟から見る列車なんて最高な訳だ。 当時ですら、よくこんな場所が残っていたのかと思った。 折角なのでちゃんと列車が写ってる写真も。
あくす乳業の作業記録 碓氷線―横川・丸山・峠の湯
http://aksmilk.blog.fc2.com/blog-entry-58.html
碓氷線―横川・丸山・峠の湯. アプトの道は、旧信越本線、横川駅~旧熊ノ平駅間を整備した遊歩道です。 トンネルや橋などの貴重な文化財や見どころがたくさんあるため、廃線マニアじゃない人も楽しめます。 2012年まではめがね橋が 
信越本線丸山変電所跡画像アーカイヴ
http://www.funkygoods.com/hai/maruyama_arc/maruyama_arc.html
FunkyGoodsのアクセスログをつらつらと見ていたら、「廃墟系」に掲載した 信越本線丸山変電所跡 (1998年09月)の閲覧数が異常に多いことに気が付いた。理由は不明であるが、おそらくこのコンテンツは、「廃墟」、「鉄」、「廃線」といった、いかにも廃墟ウケする要素 
生まれかわってた・丸山変電所跡 - キチキチ廃散歩 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/kitikitiboon/35473343.html
五月連休に丸山変電所を見てきた。まだ廃墟にのめり込む前は変電所には興味がなく、一度だけハイキングがてら、鉄道公園から眼鏡橋まで歩いたときに「おっレンガの建物じゃん」くらいにしか認識してなかった。当時はボロボロな「廃墟」だったように記憶していた。月日はながれ再度
丸山変電所 風景/ウェブリブログ
http://06407106.at.webry.info/200908/article_2.html
横川駅徒歩20分、About20km丸山変電所です。完璧補修されてます。裏に回ります。物好きっていわれましたw
旧丸山変電所 - 建築ノスタルジア
http://blog.goo.ne.jp/es_february/e/6e46c1056ca9fb031a1333edba0b5350
明治45(1912)年に碓井線(横川ー軽井沢間)の電化工事に伴って建設された煉瓦造りの変電所。写真手前の蓄電池室と奥の機械室の2棟から成っています。昭和38(1963)年に新線の開通と共に廃止され荒廃しましたが、平成14(2002)年の復元工事で耐震化が図られ
旧丸山変電所跡|一応、カンパネルラ
http://ameblo.jp/campanerula/entry-10105173345.html
随分と綺麗である・・・おかしいな、以前ネットで見た時はもう天井も落ちて夏草に埋もれた朽ち果てた廃墟って感じだったのだが。小林伸一郎の廃墟の写真にも出てたのにな~・・・・そしたら、あらま、なんと重要文化財指定されたんですねぇ。やはり貴重な建物だったのか。既に廃線