祖母島の砕石工場跡 概要・歴史

群馬県渋川市にある祖母島の砕石工場跡。県道35号線から分岐する廃道があり、その奥に位置する。

分岐道路「縣道澁川原町線」自体が草木に覆われ、バリケードが設置されている。

沼尾川の崖線沿いに巨大なホッパー跡、慰霊碑などが残る。

1994(平成6)年5月10日に不法就労の中国人ホステスと思われる遺体が発見されているらしい。

2011年09月15日作成

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

祖母島の砕石工場跡 住所

群馬県渋川市祖母島

祖母島の砕石工場跡 種類

廃工場・発電所

祖母島の砕石工場跡 ストリートビュー・空中写真

祖母島の砕石工場跡 関連ブログ・参考リンク

祖母島の砕石工場跡(群馬県渋川市祖母島)- 日本すきま漫遊記
http://www.sukima.com/30_shintou08/21saiseki.html
榛名湖の放水路でもある沼尾川、その崖線になにやら砕石工場の廃虚のようなものがある。これは県道35号線(通称、ひかげみち)からもよく見えるので気になっていた遺跡だ。険しい場所にあるので、じっくり見るにはそれなりの覚悟が必要そうだが、せっかく近くまで来たのだから写
群馬県道35号線から分岐する廃道3|Hi-ROAD
http://ameblo.jp/hi-road/entry-11516575805.html
何気なく気になっている道、草津に来るたびにとりあえず寄ってみる。1回目はいつも通り過ぎていたので思い切って入ってみた記事。「群馬県道35号線から分岐する廃道1」2回目は夏でとてもじゃないけど入りたくないって記事。「群馬県道35号線から分岐する廃道2」3回目は入

ピックアップ廃墟