神岡鉱山(かみおかこうざん)は岐阜県飛騨市(旧・吉城郡神岡町)にあった鉱山。亜鉛・鉛・銀が採掘さ...

神岡鉱山

神岡鉱山 概要・歴史

神岡鉱山(かみおかこうざん)は岐阜県飛騨市(旧・吉城郡神岡町)にあった鉱山。亜鉛・鉛・銀が採掘さ...

神岡鉱山 画像

焼失前の池ノ山鉱(大津山鉱)鉱山住宅
"大津山" flickr photo by tsuda https://flickr.com/photos/tsuda/5169454220 shared under a Creative Commons (BY-SA) license
1970年代の神岡鉱山
1974-1978年 国土地理院
As6673 [Public domain]
神岡鉱業亜鉛製錬工場
As6673 [Public domain]

近くのスポット

神岡鉱山 ストリートビュー・空中写真

神岡鉱山 関連ブログ・参考リンク

http://www7b.biglobe.ne.jp/~mosomoso/kamiokamine.html
神岡鉱山. 東洋一の鉱山として隆盛を誇った岐阜県吉城郡の神岡鉱山廃墟となった今、 現代人に何を伝えようとしているのだろうか? . 神岡円山. 神岡町和佐保. 石灰岩. 銀、 方鉛鉱、閃亜鉛鉱、黄銅鉱. 灰鉄輝石、緑簾石、ザクロ石、緑泥石、透輝石. 神岡漆山
http://heyaneko.web.fc2.com/zs13.html
飛騨神岡には,かつて神岡鉱山(主要鉱物は亜鉛,鉛など,平成13年閉山)があり,栃 洞(Tochibora)と大津山(Ootsuyama)には学校がありました。これとは . 13-8: 漆山 小学校跡津川分校はへき地等級2級,児童数28名(S.34),明治41年開校,昭和40年 閉校。 境内から下手を見下ろすと,往時の二階建ての鉱山住宅の廃墟がありました。
http://haikyouturn.namaste.jp/d01%2520kamioka1.html
神岡鉱山 栃洞鉱区 訪問日:2007/春. 岐阜県を代表する超巨大廃墟、神岡鉱山。 数多くの鉱区を併せれば、おそらく日本最大ともいえる規模を誇る。 今回は神岡鉱山の スペシャリストである、TEAM酷道のよごれん隊長に神岡の中でも特に見応えのある、 栃洞
http://underzero.net/html/tz/tz_363_1.htm
人見知りの筆皇&自分はいつものように貝殻に閉じこもってついていった。 神岡鉱山は 結構廃墟サイトでも数多く紹介されているが、今回の案内人よごれんさんは神岡鉱山の プロフェッショナル、通常自分達だけじゃとても見られない部分まで案内してもらえて
http://www.geocities.jp/teamkokudo/kokudo/rindo-otuyama/otuyamasp-1.htm
神岡鉱山の廃坑を利用し、様々な研究が行われている。 最も有名なのが、ノーベル 物理学賞を受賞 最も熱かった鉱山コーナーが終わると、我々一行は魂が抜けたよう な状態で、ニュートリノの詳しい説明を延々と聞いていた。 そしてGSA終了後、いつもの 「
http://www.tanken.com/toyama.html
2006年12月1日 この鉱山から出たカドミウムが、1960年代に「イタイイタイ病」の原因となったのは有名 な話ですが、この鉱山も2001年6月に廃鉱となりました。 在りし日の神岡鉱山(1930 年頃). そんなわけで、神岡鉄道を見に行こうかと思い、まずは富山市へ
http://www.geocities.jp/teamhaikyo/kouzan/kamioka/atotu/atotu05/atotu05.htm
もう雪の季節に入るため、前回の訪問時に今年の「神岡おさめ」をしていた。 今回は 鉱山に
http://wing.zero.ad.jp/~zbc54213/kamioka01.html
その後、長い間に権利者がいろいろと変わりながらも採掘は営々と続けられてきた。 1589年、越前大野の糸屋彦次郎(大野城主、金森氏の家臣で後の茂住宗貞)が新しい 鉱脈を発見。金山奉行として茂住鉱山などを経営。1600年(関が原の合戦)頃には 飛騨
http://www.geocities.jp/kojima1059/kamiokapage01.html
中部日本最大規模との呼名も 高い栃洞鉱山、Team酷道ではお馴染み のステージ だが、その内部は年々荒廃が 進んでいる。 今回は日本 廃墟と化した この廃坑に 一体どんな機能があるのか? 未だ予断は許 . 翌日は茂住選鉱区跡へ舞台を移す。 そこでは
http://www.geocities.jp/teamhaikyo/kouzan/kamioka/otuyama/2005/Emozumi05-2.htm
すると、かなり大規模に土砂が崩れていた。 天井の木材もへし折られている。 簡単に 越えられるが、この状況で無理は禁物。 わずかな坑道の崩壊が命取りになる。 それに、 この先から本格的な素掘りの坑道になるようだ。 神岡ほど大規模な鉱山で、本当の 廃坑
http://www.geocities.jp/teamhaikyo/kouzan/kamioka/minamihira/minamihira/minamihira-1.htm
神岡鉱山栃洞地区 南平の社宅 広域に亘って 鉱山のために住んでいる人々と、その 人たちのための商店や学校、病院等があり、一つの街を形成していた。 自然に還り つつある廃墟で一人、エロカレンダーに見入ってる場合じゃないので、とにかく先に進もう 。
http://ruin-explorer.com/kamioka/kamioka.htm
廃墟や産業遺跡、更には地下通路、隧道、廃鉱、坑道等を探険しています。 写真に 写る道路であるが、ここは平日、休日関係なく管理者である鉱山会社が常に鉱毒処理 設備の検査の為に行き来しているので迷惑をかけないよう配慮したスネーキング行動を ツ黴
http://blogs.yahoo.co.jp/ruinsrider/39451259.html
2013年5月26日 そして今回ご紹介するのが神岡鉱山の栃洞鉱。 ここは5年位前にも やはりこういう廃坑は不審者が侵入しないように警戒しているんですね。関係者の方の目を と思ったら、なるほど、遥々神岡まで行ってらしたんですね。 破損、崩壊は進んツ黴
http://ruinscat.blog.fc2.com/blog-entry-20.html
女子美術大学付属幼稚園(1) · 根岸競馬場(1) 紅葉 (1), テラス (1), 植物 (1), 概観 (1), 長崎県 (1), 廃屋 (1), 人物 (1), 厨房 (1), 栃木県 (1), 発電所 (1), 長野県 (1), 星 (1), 夜景 (1), キノコ (1), 微速度撮影 (1), 戦争遺跡 (1), お知らせ (1), 椅子 (1), オリオン座 (1), 日の出 (1), 自作廃墟本 (1), サンシャインクリエイション (1), 小倉沢小中学校 (1), 廃校 (1), 埼玉県 (1), 病院 (1), 屋内 (1), 岩手県 (1), GN125H (1), 伊豆 (1), イベント参加情報 (1), 静岡県 (1), 結婚式場 (1), ツーリング (1), ジェットコースター (1) 
http://blogs.yahoo.co.jp/ruinsrider/39489791.html
それでは今回は栃洞鉱に残る独身寮をご紹介したいと思います。 まずはお 廃墟・廃校をメインに紹介しています。 書庫 独身寮を後にして次に訪れたのが栃洞保育園。 結局、この保育園も9年後の昭和61年に休園となってしまいます。
http://home.f01.itscom.net/spiral/kami/kami1.html
呼称・神岡鉱山2006年場所・岐阜県飛騨市2005年に解体が始まってしまった神岡鉱山栃洞地区。もう何もないだろうと諦めかけていたが、まだまだ見所が多いと聞いて訪問することにした。労働組合の事務所内には団結の寄せ書きネットで見た光景そのままだ。空と若葉と錆びた火
http://blog.livedoor.jp/kurobee_ruins/archives/3842635.html
2009年11月1日、2010年8月28日探訪。言わずと知れた超有名鉱山の神岡鉱山。そのひとつが栃洞地区である。大規模なトロッコ軌道や選鉱所、鉱山集落といったモノが残されていたが、その多くは2005年辺りに解体されてしまったようだ。また、豪雪地帯でもある事から
http://www.geocities.jp/kashii_gannyuu/index.kamioka2.htm
廃墟となることで止まった時間は、人の手により再び動き出す。前回の訪問から二年と四ヶ月。軌道が解体されたことは知っていたが、そこからどうなったのか気になったので、久々に行ってみることにした。今回は社宅メインでいきたいと思う。
http://www42.tok2.com/home/kawasakimania/ruins027.html
Ruins物件27岐阜県神岡鉱山一回目栃洞一回目取材日時2003年8月24~25日突入までの紆余曲折プロログ24日の早朝4時に千葉を出発。早くも秋を思わせるような肌寒い中央高速を相棒M氏と共に4WDにて走る。夜も明けて朝の9時には、岐阜県神岡町に到着。まずは自
http://blog.livedoor.jp/tokaimakai/archives/50212298.html
神岡鉱山 廃鉱と廃墟. 神岡鉱山 栃洞 坑道 神岡鉱山 栃洞 倒壊した施設 東海地区切っての巨大廃墟群、神岡鉱山。国道41号沿いの茂住地区と、山深い山間部に位置する栃洞地区の2箇所が有名だ。 僕が初めて神岡鉱山に訪れたのは今 
神岡鉱山 関連ワード
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 11月
  • 2007年
  • 2008年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年
  • 5月
  • J-PARC
  • カミオカンデ
  • カムランド
  • スーパーカミオカンデ
  • トマト
  • ニュートリノ
  • ホームページ
  • ホームページリンク
  • ミュー
  • 亜鉛
  • 伴う
  • 使用
  • 公開
  • 写真
  • 出発
  • 利用
  • 前平地区
  • 南平地区
  • 合わない
  • 名前
  • 含む
  • 国道41号
  • 国際チーム
  • 地区
  • 変化
  • 大きな
  • 完成
  • 実験
  • 実験所
  • 富山
  • 山四栃神社跡
  • 廃屋
  • 廃線
  • 彼女
  • 意味
  • 採掘
  • 提供
  • 撮影
  • 明るくなって
  • 晩秋
  • 景色
  • 有り
  • 柏豆
  • 梶田先生
  • 歴史
  • 残した
  • 残る
  • 水道浄水場施設
  • 油須原線
  • 泉平地区
  • 物理学
  • 発射
  • 発見
  • 確認
  • 神岡町
  • 神岡軌道
  • 神岡鉄道
  • 神岡鉱山栃
  • 稼動
  • 第三セクター
  • 笹津
  • 素粒子
  • 線路
  • 胡瓜
  • 船津氏
  • 薬師岳
  • 親会社
  • 観測
  • 観測装置
  • 設置
  • 講演
  • 質量
  • 赤村トロッコ列車
  • 路盤
  • 車両
  • 軌道
  • 通洞地区
  • 進む
  • 鈴木さん
  • 鉱山用
  • 鉱山軌道
  • 鉱山関係
  • 鉱石
  • 電子型