三井山野炭鉱

三井山野炭鉱(みついやまのたんこう)とは、福岡県嘉穂郡稲築町(現在は合併して嘉麻市)に存在した炭鉱のこと。筑豊炭田の三井財閥系の主力鉱であった。1898年開山、閉山は1973年。

1965年6月1日正午頃、発破作業中にメタンガスの突出事故が発生。30分後、坑内に充満したガスに何らかの火が引火、爆発が発生。死者237名を出す大事故となった。

また、町制40周年記念公園内に三井山野鉱業学校練習坑道跡が残っている。昭和32年から学生が実習で建設した坑道で、木枠組や採鉱技術の習得や災害時の救助活動の訓練に使用されていたらしい。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

三井山野炭鉱 住所

福岡県嘉麻市鴨生

三井山野炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

三井山野炭鉱 画像

三井山野炭鉱 写真・ブログ・リポート

山野鉱業(旧三井)山野炭鉱(Part2) | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/52.html
先日小舟坑を投稿したので関連して...晩秋の廃鉱を再訪前回投稿したこの炭鉱跡、今回はちゃんと許可を得て旧鉱業所に残る建屋や遺構を撮って来ました。*Part1も参照最初に1)廃屋内部に入らない事2)資材置き場に立入らない事(奥のクレーン機材置場)3)ボタ山に登る
廃墟&近代化遺産(山野鉱業練習坑道跡):響とバイクと山遊び:So-netブログ
http://hibiki15.blog.so-net.ne.jp/2008-07-23
筑豊炭田の中にある稲築町の練習坑道です。炭鉱が盛んだった筑豊には炭鉱で作業する新米鉱員や災害救助訓練用に作られた練習用の坑道があったようです。以前、同じ筑豊の直方市にある練習坑道の公開があったので紹介しましたが、今回はかなりマイナーな山野炭鉱の練習坑道です。正
三井山野鉱業学校練習坑道 | 九州ヘリテージ フィールドノート
http://blog.kyushu-heritage.jp/?eid=737580
小舟鉱業所新坑からすぐ近くの所に、稲築町(現・福岡県嘉麻市)町制40周年記念公園があります。小高い丘全体が公園になっており、その丘の麓に三井山野鉱業学校の練習坑道が残っています。練習坑道の入口は、雑草に埋もれるように遊歩道の脇にありました。脇には簡単な説明が書
筑豊炭坑遺構紀行「三井山野鉱業学校練習坑道跡」 : 渚屋Archive
http://blog.livedoor.jp/yung928-archive/archives/20049795.html
福岡県嘉麻市平にある旧稲築町の町制40周年記念公園という場所に、鉱業学校の練習坑道が残ってるという噂を聞いて、先日、行ってみました。旧稲築町は僕の住んでいた旧穂波町の隣町で、一時期働いていたこともあって、けっこう詳しいつもりだったんですけど、この町制40周年記
三井山野鉱業学校練習坑道(福岡県)
http://keitandan.web.fc2.com/40yamanokougyou-school.html
筑豊に残る練習坑道を探れ!旧稲築町(現嘉麻市)にある「稲築町制40周年記念公園」という、そのまんまのネーミングの公園内に旧三井山野鉱業学校練習坑道がひっそりと残っている。小高い丘の麓にある怪し気なコンクリート建造物は説明板が無ければその正体は判らないであろう。
三井山野炭鉱
http://hasiru.net/~maekawa/mine/yamano/yamano2.html
三井山野炭鉱その3福岡県嘉穂郡稲築町宮地75年の歴史を持つ三井山野炭鉱は昭和48年3月30日閉山された。その間の昭和40年6月1日、山野炭鉱ガス爆発事故があり、237名の死者と27名の一酸化炭素中毒者を出している。その2年前の昭和38年11月10日、三井は、福
三井 山野炭鉱跡地 | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/18.html
嘉麻市鴨生(旧稲築町鴨生)の稲築東小学校付近にあった炭鉱。(三井鉱山㈱→山野鉱業㈱昭和48年閉山)昭和40年6月1日ここでガス爆発が発生し、237名が亡くなるという悲惨な事故があった。現在鉱業所の設備などはほとんど解体・整地されているが、第一竪坑櫓跡周辺には当
三井 山野鉱業所(Part3) 鴨生周辺に残る遺構 | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/100.html
トライスター様からの情報による物件が続きます三井鉱山山野鉱業所、後に第二会社山野鉱業三井鉱山としては1963年9月30日一旦閉山。その後は第二会社山野鉱業として1973年3月31日まで操業し閉山。パート1はこちらパート2はこちらまた、小舟坑も三井山野鉱業所第三
山野鉱業(旧三井)山野炭鉱(追加1) | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/436.html
山野鉱業所の追加分です以前の投稿の続きみたいな今年の春先に帝王さまと一緒に回ったときのやつで帝王さまが投稿したので安心してほったらかしになってた分(^^;まずは...山野第一竪坑跡地何かがポツンと立ってるあたりが坑口付近足元にはH鋼もある多分建屋の柱か何か用だ
三井山野鉱業所(開坑~閉山まで) | あれなん
http://fine.ap.teacup.com/chikumae_life/126.html
山野第一坑・山野第二抗口ノ春に開坑→(後にこの炭鉱は筑前山野駅を積出駅とする日本炭業新山野炭鉱となる。)明治39年12月鴨生東部丘陵地帯(現在の鴨生地区)に上石累層採炭のため、鴨生五尺層沿層斜坑として鴨生坑開坑。→山野第三坑漆生丘陵地帯(現在の漆生地区)に竹谷