深名線

深名線(しんめいせん)は、かつてJR北海道が運営していた鉄道路線である。北海道深川市にある深川駅で函館本線から分岐し、雨竜郡幌加内町を経て名寄市にある名寄駅で宗谷本線に接続していた。

営業係数は常にワースト10に入るという大赤字の路線で、赤字83線や特定地方交通線の廃止論議にもその都度候補にあげられていた。並行道路の未整備を理由に廃止保留となったが、国鉄分割民営化後に並行道路の整備が進んだことから、1995年(平成7年)9月4日に廃止された。

地図は北海道深川市に残る鷹泊駅跡。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

深名線 住所

北海道深川市鷹泊

深名線 種類

廃線・鉄道駅

深名線 画像

深名線 写真・ブログ・リポート

蕗の台・白樺の歴史再調 |道道つれづれ線
2010年1月2日 1955年4月1日, 中学校分校を、蕗の台中学校として分離。 1955年, 国勢調査による 人口は49戸、227人。うち開拓団は22戸、103人。 1962年3月15日, 蕗の台小中学校 の閉校式(5月31日廃校)。母子里小中学校の通学区域となる。
深名線
しかし、沿線の道路事情が改善されたことを理由に、1995年、深名線は廃止に追い込ま れました。 今回の「道央'99」の行程においては、幌加内そばを食べること、時間調整 を 目的に、雨竜川水系・幌加内町地内の深名線廃線跡を横目に、国道275号を走ること
深名線--廃線前を訪ねて
線名:深名線(しんめい・せん) 区間:深川(ふかがわ)-名寄(なよろ) 121.8Km 全駅: 深川-円山-上多度志-多度志-宇摩-幌成-下幌成-鷹泊-沼牛-新成生- 幌加内-上幌加内-(雨煙別)-(政和温泉)-政和-(新富)-添牛内-共栄-
深名線跡周辺探訪
仕事の合間にその深名線の残像を見る事ができました。 . ② 朱鞠内駅跡 旧駅構内を 整備し道路・広場と洒落たバス待合建物があり、その前に線路(20m位)と平成7年廃線 になった時に使用されてい ⑭昭和62年 国鉄からJRになる ⑮平成7年 深名線廃止
土に還った幻の停車場 -深名線宇津内駅-
昭和24年に廃止となった深名線宇津内駅などはその最たるものではないだろうか。今 では人が容易に寄り付くこともできない深い山間の僻地にあったうえ、廃止時期が あまりに古いために、遺構はもちろん駅に関する資料がほとんど残っておらず、文字通り "幻の
蕎麦の生産日本一<幌加内>を訪ねて!
廃線となった「深名線」跡をたどる! 函館本線の深川から幌加内を経由して名寄までの深名線も国鉄民営化で廃止されたのが、平成7年というから私がこちらに移住した前年でありそう古くはない。 その鉄道線路の一部と橋梁が残されているいるというので見学
深名線廃線跡調査5
深名線廃線跡調査 5. 調査結果. 北母子里~西名寄 長大な名雨トンネルで峠を越え ていたのだが、線路跡に平行する道路はなく捜索は極めて困難と思われ、調査はしてい ない。 山を抜けた先にあった天塩弥生の駅は駅跡らしいものは何もなく、バス停の標識
幌加内へ
画像は 1995年9月に 廃線になった深名線の跡。 この場所に 幌加内の駅があったそうです。 市街地へ行くまでには 蕎麦畑が続きます。 つかの間の休日、 土hhigeさんも のどかな秋の風景を 楽しめたかなぁ、と思います。
私の訪ねた路線 第82回 深名線 その2 朱鞠内~名寄 - 風来梨のブログ
2012年3月11日 この『名羽線』は、羽幌炭礦鉄道の曙から三毛別の羽幌本鉱(築別炭鉱には、築別の他 に三毛別の羽幌本鉱と上羽幌鉱の3つがあった)まで、国鉄非営業路線ながら運炭を 担っていた事実もある有名な未成線である。 だが、1970年の築別
深名線--廃線前を訪ねて
線名:深名線(しんめい・せん) 区間:深川(ふかがわ)-名寄(なよろ) 121.8Km 全駅: 深川-円山-上多度志-多度志-宇摩-幌成-下幌成-鷹泊-沼牛-新成生- 幌加内-上幌加内-(雨煙別)-(政和温泉)-政和-(新富)-添牛内-共栄-
高津本陣・深名線跡訪問記
深名線跡訪問記(1). 今回は大物の深名線訪問記です。 廃線跡探索を趣味にするよう になってから、実は何度か来ているとても思い入れのある路線なのですが、実は全線を 探索したことはなかったのです。 一番はじめに沿線を見たのはもう五年以上前になり
朱鞠内経由旭川行き 廃線跡の旅 その1: てきとー雑記と写真&モンハン
廃道とか廃線とかのサイトはよく見るのですが、実際に自分で歩いてみるのはハジメテなのです 歩いてみると、廃止から時間がたってないせいなのか、手入れされてるのか、雑草もほとんど生えていなくひじょうに歩きやすい. IMG_0345.jpg
深名線廃線跡調査3
雨竜川にかかるガーター橋。(雨煙別~政和)(2000.8.27), 今にも列車が来そうなトラス橋。(雨煙別~政和)(2000.8.27). 政和駅跡。今もほぼ現役のままのようだ。(2000.8.27), 国道脇に残る添牛内駅駅舎。(2001.8.27). 添牛内駅はホームも残っていた。
2014 北海道への旅35の②(北海道・深名線跡「添牛内駅」「朱鞠内駅跡
それでも1970年代からの深刻な赤字の割りに廃線となった時期がおそかったのは、 代替交通手段の整備がされていなかったからだそうです その背景には、道内でも特に厳しいという冬場の自然環境の厳しさなどがあったのでしょう
街道の行く先へ 深名線 第三雨竜川橋梁と政和温泉駅・政和駅跡
その政和温泉駅から深名線を深川方面へ約400m程行った雨竜川渡河地点に架かるのが第三雨竜川橋梁、深名線にあって唯一今に残される橋梁である。第三雨竜川橋梁は昭和6年(1931年)竣工、雨竜川のポンコタン渓谷に架かる橋梁で 

深名線 キーワード

撮影 リストラ 昭和 ローカル 一つ 看板 画像 湿原号 美幸線 機 本線 天北線 届け 旧深名線 スーパー宗谷 SL冬 Bクラス 運行 11-171 記録 感謝 士別 北海道 遠軽 朱鞠内 名寄 鉄道 路線 線 95年 羽幌 結んでいた 第三雨竜川橋梁 トンネル ビデオ 貨物 駅 鉄道映像 映像 消滅 最後 最期 注文 活躍 購入 紋別 10倍速 編集 引き継がれた テープ テロップ ダビング お客様 JR東日本 JR北海道 DD14 C62ニセコ号 60分 3時間 36両 2両 1本 デッキ 一気に 17両 売れる 乗った 地 国鉄 同じく 只見線 作品化 作品 会社 中心 産業遺産 寒い 廃止 1986年 一部