矢立峠(やたてとうげ)は、秋田県大館市と青森県平川市(旧碇ヶ関村)の県境にある峠である。 標高は....

奥羽本線旧線 矢立峠付近

奥羽本線旧線 矢立峠付近 概要・歴史

矢立峠(やたてとうげ)は、秋田県大館市と青森県平川市(旧碇ヶ関村)の県境にある峠である。 標高は....

奥羽本線旧線 矢立峠付近 画像

矢立温泉赤湯付近にある橋脚跡(2019年8月)
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
すっかり緑に覆われている
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止

近くのスポット

奥羽本線旧線 矢立峠付近 関連ブログ・参考リンク

http://www.tetsuhai.com/jinba2.html
これこそ今は無き「あいのり温泉CMソング」である。昭和60年前後に青森周辺に居住し ていた人なら誰でも知るこのソング。未だに頭から離れないのは、昭和の名曲に他 ならないからであろう。青森の心霊スポットとして有名な、あいのり温泉の廃墟には
http://yamaiga.com/rail/yatate/main2.html
2003年4月10日 国道と、旧国道と、そして奥羽本線がかつて通っていた廃線跡、これらが絡み合うよう にして狭い峠を抜けている。 秋田県陣場から、主に これと同じような鉄筋むき出しの 覆工が、同じ奥羽本線でも秋田県南端の院内~及位間の雄勝峠の旧線の岩崖隧道に も見られる。 写真は、東屋付近から矢立温泉方向を振り返った眺め。
http://www.tetsuhai.com/jinba1.html
鉄道廃線跡を歩く」の巻頭ルポでもおなじみの今回の踏査区間、奥羽本線旧線 陣場~ 津軽湯ノ沢間は私は今回を含めて3回、同行 ここを過ぎるといよいよ現在線と旧線は その間隔の距離を増して、現在線はトンネルへと真っ直ぐ進むが、旧線は矢立峠への
http://www.hotetu.net/haisen/Tohoku/121111oouhonsenkyusen.html
2012年11月18日 旧駅のホーム跡は駅舎の前側に現存している。 ②奥羽本線旧線の陣場駅 - 津軽 湯の沢駅間の廃線跡。 ③奥羽本線旧線の陣場駅 - 津軽湯の沢駅間の廃線跡。国道7 号線今度渡橋脇の第二下内川橋梁。 ④奥羽本線旧線の陣場駅 - 津軽ツ黴
http://www2q.biglobe.ne.jp/~kodama/jinba2.html
青森の心霊スポットとして有名な、あいのり温泉の廃墟には相変わらず霊がうろつい ていたが、今回は廃線踏査の為寄らずに次へ進む。余談だが私は武田久美子の「 アップル体操」も頭から離れない。ちなみにぐぐっても出てこないのであしからず(笑) 駐 車場のツ黴
http://blogs.yahoo.co.jp/sadisticyuki10/8317735.html
くらむこの速さ、エキサイティングハードに、あいのり温泉」. イメージ 7. 相乗温泉のすぐ向かいにも残されていますが、矢立峠には奥羽本線旧線の廃線が残されていることでも有名です。 写真は矢立温泉付近に残る第六矢立トンネルと橋脚。
http://blogs.yahoo.co.jp/tetutetute/37461000.html
矢立峠にアタック. 大館駅を出ると、あけぼの号は峠越えにアタックします。 秋田・青森県境の矢立峠(やたてとうげ)です。 単線と複線が入り混じる奥羽本線ですが、峠越えの区間は真っ先に複線化されました。 ここ矢立峠をはじめとして、福島・山形県境の 見えているのが上り線。走行中の下り線は新設した線路になります。 イメージ 16. 程なく下り線は松原トンネルに突入しました。 地図で見るとわかるのですが、延長2kmを超える長いトンネルは旧線(上り線)より遠回り。わざわざトンネルを掘って山の 
http://takatravel.blog91.fc2.com/blog-entry-40.html
そして矢立温泉 駐車場から見えるこれ等 4233.jpg 奥羽本線旧線の廃線跡ですね。 4234.jpg 以前NHKアーカイブスで矢立峠をSL二台か三台連結してようやく超えるというドキュメントを観たことがあるのですが、ここを走っていたんでしょうね 
http://blogs.yahoo.co.jp/rossy3930/21487740.html
明治時代に作られた奥羽線・矢立峠越えの廃線跡を追ってみました。 白沢からの20パーミナルの急坂に続き、陣場からは25パーミナルの連続する急勾配 SL時代はD51の3重連でもかなりの苦労した奥羽本線の難所でした。 まだ子供だった 
http://www.cafe-dragoon.net/trip/rosen/ouu_line/old_yatate/index.html
開通した全長は3,180mの矢立トンネルをはじめとした新線に切り替えられ、従来の路線は旧線として廃止された。(廃墟データ)(↑青森方面(下り)) 第六平川橋梁跡 第一矢立隧道跡(全長125m) 第二矢立隧道・・・1935(昭和