小滝製錬所・選鉱所

小滝製錬所・選鉱所は、栃木県日光市にあった精錬施設。1885(明治18)年、小滝坑開口に伴って開設。

1897年(明治30年)の足尾鉱毒予防工事令の発布と共に、製錬所は本山製錬所に吸収され、取壊しの後、跡地は幹部職員住宅とグラウンドおよび沈殿廃泥処分場として利用された。

1920年(大正9年)には、小滝選鉱場解体され、通洞選鉱場に吸収された。

現在は、レンガ壁の一部と基礎だけが残存する。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

小滝製錬所・選鉱所 住所

栃木県日光市足尾町

小滝製錬所・選鉱所 種類

廃工場・発電所

小滝製錬所・選鉱所 画像

小滝製錬所・選鉱所 写真・ブログ・リポート

小滝にいって来ました。 小滝抗跡 (日光の観光スポット・日光市足尾の
http://nikko-spot.com/blog/2007/07/post_222.html
2007年7月2日 小滝の里の正面に足尾銅山の小滝製錬所・選鉱所 跡があります。 小滝抗が開抗され、 この地に製錬所(明治30年廃止)・選鉱所(大正9年廃止)が設けられた。 往時のレンガの 跡が偲ばれる。 %E5%B0%8F%E6%BB%9D%E8%A3
明治18年に採鉱が開始された足尾町の小滝地区
http://www.shorebook.jp/ashi/yamakodaki.html
昭和29年(1954)に小滝坑が廃止になるまでの間、商業地として賑わった。現在は庚申 川沿いのこれらの地域をも含めて小滝と呼ばれています。 畑尾橋跡 古足尾橋 畑尾(は たお)と呼ばれていたこの台地は、小滝製錬所から出たカラミなどの廃石で造成され、
足尾銅山小滝編 : NeoNATS
http://neonats.blog.fc2.com/blog-entry-221.html
栃木県足尾町【探索日】2003年12月案内人:「異界への招待状」やっくん様〜小滝坑閉山前の“小滝”中心部のようす〜足尾銅山の三山(坑)のひとつであった小滝の始まりは、明治18年(1885年)に旧坑跡の開発に着手したところ、すぐに富鉱を発見したので、翌年には選鉱
愚だくさんブログ: 足尾の桜を愛でる会
http://kamehameha.blog.ocn.ne.jp/kannonji/2010/04/post_757e.html
カメの日頃の行ひのお陰で絶好の花見日和となり、日中は桜と産業遺産を愛で、夜は通洞駅前のホルモン末広にて花見の宴としゃれ込んだ。 午前10時30分に足尾入りし、 これは、庚申川の対岸にある廃坑道。 この坑道は一体何処に 坑夫浴場跡近くの石積み。 何故かノスタルジックな風景・・・遠い記憶...
青山貞一・池田こみち:足尾銅山現地視察(7)銅山の諸施設
http://eritokyo.jp/independent/aoyama-ashio6...html
足尾銅山の最盛時には煙突が山の急斜面に10本以上もあり、かなり大規模の精錬が行われていたことが分かる。 製錬所:本山地区にあったものが最も大きかったが、小滝地区にも小規模なものがおかれ ていた時代がある。鉱石から 廃墟探索報告写真集