三菱鉱業芦別鉱業所専用鉄道 概要・歴史

三菱鉱業芦別鉱業所専用鉄道は、北海道空知支庁管内芦別市の根室本線上芦別駅から、北方の辺渓三坑までの8.2kmを結んでいた三菱鉱業の専用鉄道である。三菱芦別炭鉱の閉山に伴い1964年(昭和39年)に廃止された。また辺渓からは油谷炭鉱専用線1.3kmを分岐していた。

給水塔や車庫など、一部の施設跡や空知川橋梁の橋脚跡、隧道が残っている。ペンケ隧道はほぼ埋まっているが痕跡は確認できる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

三菱鉱業芦別鉱業所専用鉄道 住所

北海道芦別市旭町

三菱鉱業芦別鉱業所専用鉄道 種類

廃線・鉄道駅

三菱鉱業芦別鉱業所専用鉄道 スポット

三菱鉱業芦別鉱業所専用鉄道 関連ブログ・参考リンク

三菱鉱業専用鉄道 - 廃線跡Report
http://www.geocities.jp/xxreport2/repo/mbasi.html
北海道の廃線跡を訪ねて 三菱鉱業芦別鉱業所専用鉄道はその名の通り、芦別鉱業 所からの石炭の輸送のために作られた。 この専用鉄道だけでなく、明治鉱業の専用 線や森林鉄道も接続していた上芦別は広い構内跡や近隣の木材置場などに痕跡を
三菱鉱業芦別鉱業所専用鉄道 ペンケ隧道
http://www.geocities.jp/tenku_kaihatsu/asibetu01.html
三井芦別鉄道と三菱鉱業芦別鉱業所専用鉄道(以下三菱芦別鉄道)である。 今回は 後者を取り上げたい。 鉄道廃線跡には、新しい公共施設ができることが多いが、ここ も例外ではなく、当時の雰囲気は全く残されていない。 空知川の方を向いてみよう。
三菱鉱業芦別鉱業所専用鉄道 第一盤の沢橋梁 芦別市 廃線 廃駅 北海道
http://www12.tok2.com/home2/airtax04/haisen53.htm
2010年3月7日 三菱芦別専用鉄道). 三菱鉱業芦別鉱業所専用鉄道(国鉄上芦別駅~辺渓三坑駅)の「 第一盤の沢橋梁」。 1949(昭和24)年12月、開通。 1964(昭和39)年5月、芦別炭鉱 の閉山に伴い、廃止。 美しいコンクリートのアーチ橋。 真下から。
三井芦別鉄道 - 廃線跡Report
http://www1.linkclub.or.jp/~okutomo/repo/mtasi.html
三井芦別鉄道. 北海道の廃線跡を訪ねて 三井鉱山が芦別鉱業所を開鉱し、そこから の石炭を輸送するために専用鉄道として作られたのが最初。最初は下芦別(芦別)と西 芦別(三井芦別)の間で、後に二坑の開発にともない頼城まで延長された。地方鉄道

ピックアップ廃墟