穴澗要塞 概要・歴史

穴澗要塞は北海道函館市にあった旧軍の要塞施設。

照明所、低地観測所などの施設があった。

基礎部分などの遺構が残っている。

アクセスには入江山からのルートと穴澗海岸からのルートがあるが、どちらも危険が伴う。また施設自体にも深い穴などがあり危険である。

状態
2011年09月15日作成  2019年09月06日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

穴澗要塞 住所

北海道函館市

穴澗要塞 種類

軍事施設・戦争遺構

穴澗要塞 ストリートビュー・空中写真

穴澗要塞 関連ブログ・参考リンク

穴澗要塞
http://www.geocities.jp/kkktkh/sennseki/anamayousai/anamayousai.html
明治時代に函館山を中心に大規模な津軽要塞が築かれました。 砲台跡や観測所などからなる一大要塞跡は、太平洋戦争終結まで使用され、 その跡は、北海道遺産に選定されて残っています。 山の中にある施設が多い中、ここ穴澗(あなま)要塞は海岸を歩い 
穴澗照明所・穴澗観測所 - So-net
http://www006.upp.so-net.ne.jp/fortress/tsugaru/anama.htm
(上) 穴澗照明所. 立待堡塁近くの照明所と階段の位置が左右逆。その他の構造は、ほぼ同じ。 (穴澗照明所・立待照明所とも電灯井が小さく照明所に収容できない) 汐首岬砲台等に配備されたのだろう Home > 津軽要塞(函館要塞) > 穴澗照明所・穴澗観測所.
北海道、何でも秘境探検記。(秘滝、秘湯、遺構、秘境駅他) 幻の集落、寒川村へ(函館市) ~要塞跡から危険ルート編
http://hikyoutaki.blog.fc2.com/blog-entry-54.html
神社付近を探険してみると、函館山の要塞跡を発見?戦時中に利用されていた遺構らしいので少し覘いて見ましょう。何に使われていたのか?津軽海峡の眺めも抜群でしたが、ここから崖下りの危険ルートの始まりです。備え付けのロープを頼りにわずかに残る踏跡も不明瞭な場所は山勘で
穴間要塞と寒川部落1 - FC2
http://kurousagitekikokoro.web.fc2.com/samukawa110.html
2009年4月4日 さて、そろそろ穴間要塞が見えてきましたよ。 向こう側に小山のような物が見えているでしょう。 これ、すべて要塞跡(穴澗照明所)なのです。 右手に穴間要塞、左手には穴間神社が見えてくる。踏み跡はT字に分かれていますから、右へ行きます 

ピックアップ廃墟