留萠鉄道炭砿線 概要・歴史

留萠鉄道炭砿線(るもいてつどうたんこうせん)は北海道雨竜郡にあった鉄道路線。

北海道雨竜郡沼田町の恵比島駅から同町内の昭和駅を結ぶ17.6kmの路線で、1930(昭和15)年7月に恵比島 - 太刀別間14.0km、同年10月に太刀別 - 昭和間3.6kmを順次開業した。沿線の昭和炭鉱浅野雨竜炭鉱から産出される石炭を留萌港に輸送していた。

留萠鉄道(留萌鉄道)には炭砿線のほかに、留萠駅から分岐して石炭積出港である留萠港を取り巻く臨港線があった。1930(昭和5)年に南岸線(留萠 - 西留萠間)の貨物運輸営業を開始、1932(昭和7)年に北岸線(留萠 - 北留萠間)の貨物運輸営業を開始。炭砿線と臨港線の間は、国鉄留萠本線により輸送を行なった。臨港線は1941(昭和16)年10月に国有化されて留萠駅の構内側線となり、以降は炭砿線のみとなった。

炭砿線は沿線の炭鉱の閉山により、1969(昭和44)年に営業休止、1971(昭和46)年に正式に廃止した。

留萠鉄道との分岐駅だった恵比島駅は、1986(昭和61)年に無人駅となり駅舎も解体された。なお、跡地には1999(平成11)年放送のNHK連続テレビ小説「すずらん」でロケセットとして作られた架空の「明日萌驛」(あしもいえき)が撮影後も残されている。明日萌驛舎は旧恵比島駅の駅舎コンクリート土台をそのまま再利用して建てられている。また旧旅館を改修し同様にロケセットとして用いられた「中村旅館」も残されている。

付近には留萌鉄道の本社建物が残っている。廃線後に日本ケミカルコートの事務所として使われていたが、その後不使用状態となっている。

沼田町化石体験館の隣には、留萠鉄道で使われたクラウス15号蒸気機関車が保存展示されている。1889(明治22)年にドイツ・ミュンヘンのクラウス機関車製造所で製造され、九州鉄道株式会社に輸入されたもので、1907(明治40)年に日本国有鉄道に引き継がれたのち、1925(大正14)年に東京横浜電鉄で使用され、それから留萠鉄道に払い下げられた。1967(昭和42)年まで石炭運搬に使用されていた。閉山とともに沼田町に譲渡され、町指定有形文化財となっている。

廃線跡の全ての橋桁部分は撤去されているが、橋台や橋脚は残っている。北海道道867号達布石狩沼田停車場線

の太刀別橋の脇には幌新太刀別川を渡る橋台跡が見られる。なお、太刀別橋は2015(平成27)年頃に架替工事が行われており、その際の仮設橋が留萠鉄道炭砿線の橋梁と同じ位置に設置されていた。

幌新駅跡付近より築堤や線路跡が部分的に残っている。

浅野地区の浅野雨竜炭鉱は、1968(昭和43)年の閉山後、1973(昭和48)年に着工された沼田ダムの完成により、現在はホロピリ湖の下に廃線跡共々沈んでいるが、新雨竜駅付近の石炭積込み施設は、コンクリートの巨大なオブジェのように湖辺に現れている。

太刀別トンネル昭和側坑口は今でも現存している。

と #沼田町 炭鉱資料館も在り

状態
2019年08月01日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

留萠鉄道炭砿線 住所

北海道雨竜郡沼田町浅野

留萠鉄道炭砿線 種類

廃線・鉄道駅

留萠鉄道炭砿線 画像・写真

留萠鉄道炭砿線
恵比島駅跡に残る「明日萌驛」(2019年7月)
留萠鉄道炭砿線
明日萌驛
留萠鉄道炭砿線
人形が設置されている
留萠鉄道炭砿線
駅長?の人形。知らないとちょっと驚く
留萠鉄道炭砿線
同じく「すずらん」でロケセットに使用された「中村旅館」が駅前に残る
留萠鉄道炭砿線
幌新太刀別川を渡る橋台跡
留萠鉄道炭砿線
幌新太刀別川を渡る橋台跡
留萠鉄道炭砿線
幌新太刀別川を渡る橋台跡
留萠鉄道炭砿線
沼田町化石体験館のクラウス15号蒸気機関車
留萠鉄道炭砿線
クラウス15号蒸気機関車
留萠鉄道炭砿線
留萠鉄道炭砿線

留萠鉄道炭砿線 ストリートビュー・空中写真

留萠鉄道炭砿線 スポット

留萠鉄道炭砿線 関連ブログ・参考リンク

留萠鉄道 恵比島~昭和 - Something About Railways - FC2
http://kihadekakueki.web.fc2.com/rumoitetudou.html
現在、浅野地区は沼田ダムのホロピリ湖に水没し、太刀別・昭和の地域は全くの無人になっている。 留萠鉄道との分岐駅だった恵比島駅は、昭和61年に無人駅となって駅舎も壊されてしまった。駅跡には . 参考文献:JTBキャンブックス「鉄道廃線跡を歩くⅦ」、ネコパブリッシング「消えた轍1北海道」...
廃線探索 留萠鉄道炭砿線(歩鉄の達人)
https://www.hotetu.net/haisen/Hokkaido/150921rumoitetudou.html
更新日時2015年11月08日留萠鉄道炭砿線は、北海道雨竜郡(空知支庁管内沼田町)で鉄道路線を運営していた私鉄。沿線の炭鉱の閉山により、1969年に鉄道路線を休止、1971年に正式に廃止した。炭砿線は北海道雨竜郡沼田町の恵比島駅から同町内の昭和駅を結ぶ17.6
留萌本線恵比島駅 今なお残る明日萌駅と留萠鉄道本社 ( 鉄道、列車 ) - 札幌学院大学鉄道研究会OB会のブログ - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/oasaeki/40885729.html
空知管内は雨竜郡沼田町恵比島にある、JR北海道の恵比島(えびしま)駅。石狩沼田の市街地から北西へ6.3km離れた、山間部の小集落に位置します。かつては留萌炭田の一角である昭和炭鉱・浅野炭鉱の玄関口であり、延べ400人が生活していたという恵比島の町。今年3月に道
【まったり駅探訪】留萌本線・恵比島駅に行ってきました。(前編) | 歩王(あるきんぐ)のLet’sらGO!
https://ameblo.jp/aru-king/entry-12076067052.html
留萌本線には「交通の要衝」として栄えた過去を持つ駅がありました。恵比島(えびしま)駅。鉄道ファンの間では、昭和5年に開通した留萠鉄道の起点駅として知られている駅ですが、それ以前、明治時代の頃からこの辺り一帯は、「峠の宿」と呼ばれていたようですよ。こちらは昭和2
留萠鉄道1967
http://railwayinmemory.sakura.ne.jp/HP040_Hokkaido_Rumoi_Rw.html
前に戻るトップページへ北海道の炭鉱鉄道1967年留萠鉄道国鉄・深川駅乗り入れ留萠鉄道・キハ1100形(留萠本線・石狩沼田駅)[670730」乗換掲示の「雨竜」駅は札沼線が当駅から新十津川駅方面に運行されていた途中駅。トップページへ北海道の炭鉱鉄道トップへ日曹炭
[61℃] 留萌鉄道
http://61degrees.na.coocan.jp/rail/hokkai/rumoi/index.html
留萌鉄道RumoiTetsudo留萌鉄道17.61km恵比島本通幌新袋地新雨竜宝沢太刀別昭和本通駅は大通駅の誤り、の説もある。雨竜炭田の各炭鉱(北海道雨竜郡沼田町)から留萌港までへの運炭を目的に、留萌本線恵比島駅から幌新太刀別川を遡って昭和までを結んだ、複数資
2015 北海道 車中泊の旅 26日目-1 羽幌炭鉱 築別炭砿 - 21日目~42日目
https://shokichi55.com/blog-entry-470.html
羽幌町立築別中学校道道356号に入るとすぐに閉校した小学校が右側にある。植木が綺麗に手入れされていたので、たぶん現在は個人所有になっているのだろう。

ピックアップ廃墟