浅野炭鉱(浅野雨竜炭鉱)は、北海道雨竜郡の留萌炭田の中心的な炭鉱。 1930(昭和5)年3月、操業開始....

浅野雨竜炭鉱

浅野雨竜炭鉱 概要・歴史

浅野炭鉱(浅野雨竜炭鉱)は、北海道雨竜郡の留萌炭田の中心的な炭鉱。 1930(昭和5)年3月、操業開始....

浅野雨竜炭鉱 画像

1974-1978年 国土地理院

近くのスポット

浅野雨竜炭鉱 ストリートビュー・空中写真

浅野雨竜炭鉱 関連ブログ・参考リンク

http://rustygarden.blog129.fc2.com/blog-entry-27.html
2010年5月13日 海外での旅の風景、日本各地の炭鉱跡や古い風景を写真に収め公開しています。 廃坑 北関東の廃坑道 (1) 歩いて1時間~2時間ほどらしいのですが、雪の中機材を 担いで進むのは困難ということで浅野雨竜炭鉱を撮影後、夕張の方を
http://470830.at.webry.info/201204/article_1.html
元住民かな?」さんが更新されたのが相変わらず最新版ですのでよろしくお願いします。やはりこの沼田町浅野地域史跡図が私の56年以上昔の浅野炭鉱、浅野の街と浅野炭鉱廃鉱時までの浅野の町を思い出させてくれるものですからね。 画像. 今回はあの思い出の橋(なんという名前の橋なのかは分かりません)を中心に、その下を流れる幌新太刀別(ほろしんたちべつ)川、雨竜炭鉱の選炭場、雨竜炭鉱事務所、炭鉱配給所と病院、青年会館をめぐる(回る、廻る、巡るとも書きます)ブログです。 画像.
http://470830.at.webry.info/201310/article_6.html
ここをベースに、沼田ダム、ホロピリ湖、つまり、ふるさと 北海道雨竜郡沼田町旧浅野炭坑(炭鉱)の街、この街は沼田ダムのホロピリ湖に沈んでおります、を思い浮かべ道道867号を約1時間ドライブしてきました。その後、幌新温泉 静かな閑かなホロピリ湖畔のドライブです。 まず、ブログに記載したこともある留萌鉄道の橋梁跡を見つけました。今でも春月橋から見えるのですね。 画像. 春月橋です。ここから留萌鉄道橋梁が見えると「鉄道廃線跡を歩くⅦ」に宮脇俊三さんが書いておりました。今回は私、 
http://470830.at.webry.info/201009/article_1.html
旧浅野炭鉱は沼田ダムのダム湖であるホロピリ湖に沈んでしまって、美しいホロピリ湖の写真を見ていても、なかなか故郷を思い出すことにはなりません。まして、人が その中の1冊に、地図から消えた鉄道実地踏査60「鉄道廃線跡を歩くⅦ」宮脇俊三編著がありました。その中に、 恵比島から昭和まで、雨竜山地に分け入っての留萌鉄道の廃線跡歩きで、もしやもしやの浅野炭鉱閉山前の街の営みとか、新雨竜駅、幌新太刀別川の流れとか当時の思いでが少し甦るかもと読み進み、読み終えました。
http://sprout34.blog16.fc2.com/blog-entry-310.html
沼田町の幌新太刀別川沿いは炭田地帯で、かつては浅野炭鉱や昭和炭鉱で栄えた炭坑街でした。しかし石炭の需要低下により、昭和43年に浅野炭鉱は閉山。浅野炭鉱の遺構や炭坑街は現在、平成3年に完成した沼田ダムによって出来たホロピリ湖の湖底に眠っています。ホロピリ湖沿いに
http://soranosebone.blog80.fc2.com/blog-entry-11.html
ドラマ「すずらん」で有名だった「恵比島駅」から山の中へ走っていくと「ポロピリ湖」というダム湖があります。ダム湖の展望台には沈んでしまった町の地図があります。かつてここに巨大な炭鉱とその街があったわけなのですが、ほとんどが湖に沈んでしまい、今ではほんの少しかろう
http://kozoh55.blog.fc2.com/blog-entry-788.html
北海道雨竜郡沼田町、そこが私の故郷、何もない風景が続きます。 DSC_5270_R.jpg 7月初旬、北海道は最近夏に30℃を越えることが、普通になってます。 北海道で何もない静かな街にありがちなのが、 「廃鉱となった炭鉱跡」 沼田町には「昭和」「浅野」という代表的な炭鉱が昭和30年代まで活躍していました。 沼田町市街を北に「ホロニタチベツ川」沿いを上ると、 昭和炭坑入口のこの場所で、「出入禁止」となり、今年も旅は終えたのですが、 DSC_5382_R.jpg 帰りがけで、ダム建設で人工的に作 
http://470830.at.webry.info/201212/article_1.html
今回の、ふるさと北海道雨竜郡沼田町旧浅野炭坑のつれづれぶろぐは、”じわじわ”です。今回で24回目になります。團伊玖磨さんの名作、「パイプのけむり」にあやかって名付けております。團伊玖磨さんの名作、「パイプのけむり」は第27巻の”さよなら”まで続きます。次回の2
http://www.geocities.jp/syougunn7/asano.htm
浅野炭鉱選炭場跡でしょうか?(15年2月撮影)(14年6月撮影)写真が少なくてすみませんm(__)m雨竜炭田は明治20年代に発見されたらしいが採炭をはじめたのは昭和5年で、この浅野炭鉱は浅野総一郎氏によって浅野雨竜炭鉱(株)として昭和5年3月に開坑し、翌年5月
http://iph.zouri.jp/00151.html
浅野雨竜炭鉱 関連ワード
  • 坑口