鴻之舞鉱山

鴻之舞鉱山(こうのまいこうざん)は、北海道紋別市に住友金属鉱山の経営によってかつて存在していた鉱山である。

1915年に発見され、金・銀・銅などを産出し、1973年に閉山された。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

鴻之舞鉱山 住所

北海道紋別市鴻之舞喜楽町

鴻之舞鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

鴻之舞鉱山 画像

鴻之舞鉱山 写真・ブログ・リポート

忘れられた町10 鴻ノ舞鉱山 その2
http://jm-hokkaido.sakura.ne.jp/is-kounomai2.html
流氷観光の拠点紋別市の山中に、かつては日本一の金鉱山として賑わった鴻之舞鉱山 があった。 忘れられた町10 鴻之舞 の跡地、 左、住友のマークが残る蔵は廃鉱後、 風雪にも耐え現在に至る右、謎の地下への入口、こちらも製金に関係ある施設なのか
Rifle's talk! - Photo gallery - Wasted gold mine
http://www005.upp.so-net.ne.jp/rifle/pht160.html
紋別市 鴻之舞鉱山跡- S2b, Vario-Sonar28-85mm(28mm), 1/60S, F16 (29.4KB ) 振り返ると精錬所跡の煙突だけが見えていたこれが廃坑の在処(ありか)を知らせる唯 一の目印撮影:1997.9.23 14:36 S2b, Vario-Sonar28-85mm(50mm), 1/250S, F11
鴻之舞金山へ(鴻之舞金山旅行記1) - 今日も起きたら旅だった - FC2
http://isekiikuzo.blog9.fc2.com/blog-entry-453.html
2011年10月29日 鴻之舞金山へ(鴻之舞金山旅行記1). 鉱山の跡地ほど、世の盛衰を感じられる場所は ない。稼働中はむせかえるほどの人が集まり繁栄するが、ひとたび閉山すれば、楼閣が 崩れ落ちた町のように人々は去っていく。残されるのは廃坑と、二度と
大煙突(鴻之舞金山・丸瀬布森林鉄道旅行記4) 今日も起きたら旅だった
http://isekiikuzo.blog9.fc2.com/blog-entry-456.html
2011年11月8日 廃鉱後にはゴミ焼却施設が設置された。現在煙突の下に残されている建物は、ゴミ焼却 場らしい。 少し離れたところに、変電所の建物跡がある。 鴻之舞8 鴻之舞鉱山跡では、 もっとも形がよく残されている建物の一つ。 鴻之舞9 窓の形が、昭和
北海道記念碑Report:鴻之舞鉱山跡碑
http://www.geocities.jp/xxreport/html/kohnomai2.html
大山祇神社碑, 鴻之舞小学校建築工事記念碑. 鉱員住宅の廃墟群. 鴻紋軌道の鉄橋( 現在は導管橋). 現在も周辺には、鴻之舞鉱山関係の遺構がいくつか残っていて、道路 からも見ることができます。ただ、最近は取り壊し、撤去がすすめられているようです。
鴻之舞プチ探索 - 1 - 鉱山(道東)
http://tansakunoato.blog.fc2.com/blog-entry-319.html
鴻之舞は初の探訪でした。大煙突の姿が目に飛び込んできたときは興奮しましたが、事前に遺構の場所をある程度教わっていたにも関わらず、この時期の藪は相当深く何がどうなっているのかさっぱり。しかも上藻別駅逓所に寄ってから探索する予定でしたが、地図アプリにインプットした
鴻之舞プチ探索 - 5 - 探索の痕跡
http://tansakunoato.blog.fc2.com/blog-entry-323.html
2012年11月1日 次回は上藻別駅逓所で調べてから再訪したいと思います。 1916年に誕生 遺構」や「 廃墟」と「遺跡」の間にある距離感をふと考えました。「遺跡」ということ 例えば廃墟の 落書きを見てみると今から20年以上も前のものだったり 破壊もその頃
2010年キャンプ日記 廃墟日和のコムケ
http://hokkaicamp.com/family/2010diary/0501.htm
2010年5月1日 廃墟巡りには好都合な天気だよな~」と強がりを言いながら車を走らせていると、牧草畑 の中にポツンと建っている美しい廃屋に目を奪 この上藻別駅逓は地元の有志の方々 により保存されており、鴻之舞鉱山の資料も展示されているらしい。
10.05浅茅野飛行場・鴻之舞鉱山
http://www16.ocn.ne.jp/~pacohama/kyosei/1005asajino.html
調査対象の穴は昨年に調査したものも含めて一七か所であったが、調査中に対象地が 増え、計21か所になった。そのうち一一か所 .. 現在、鉱山跡は廃墟となっている。鴻 紋軌道の 上藻別駅逓所の建物が保存され、鴻之舞金山資料館となっている。紋別市
忘れられた町10 鴻ノ舞鉱山
http://jm-hokkaido.sakura.ne.jp/is-kounomai1.html
そんな中、住民の生活物資輸送の目的のため昭和15年から工事が進められた紋別と鴻之舞間の軽便鉄道(鴻紋軌道)が完成した 現在も沈殿池があり、廃山後も山全体は管理されている。 現在の鴻之舞を紹介する. (1)鴻紋軌道の廃線跡、川に残る橋脚 
ゆるたん。 |鴻之舞鉱山再訪ー鴻紋軌道周辺
http://shinotakasan.blog13.fc2.com/blog-entry-656.html
鴻之舞の坑口というものを、まともに見れていない気がして目についた場所から踏み入ってみたりしてみたのですがこれは、ガソリンスタンド跡のような感じが…ちょこちょこと建物とか
鴻之舞
http://hokkaidou.yukishigure.com//ruins2/page062.html
鴻之舞
ゆるたん。 |鴻之舞鉱山再訪ー変電所・大煙突
http://shinotakasan.blog13.fc2.com/blog-entry-655.html
元山製錬所にあったものだという。 やはり、こちらもボイラー設備の煙突で鴻之舞の町に湯や蒸気を供給していたのだそうだ。 th_IMGP4723.jpg 真下にあるこのトタンの建物もボイラー?と思ったら、 廃鉱後に建てられたゴミ焼却施設だとか。
地図から消えた町~鴻之舞鉱山・前編~ - 北海道 秘境・自然 旅日記
http://blog.goo.ne.jp/ikeboo2011goo/e/47c1ab0c59f616eedce7cdd359e6db39
紋別市道道305号線沿いに、かつて「東洋一の金山」と謳われた鴻之舞鉱山をご存知でしょうか?昭和48年に閉山し、もうすぐ40年が経とうとしています。かつては約1万4000人の人たちがここで働き、暮らしていました。現在は廃墟を残すのみとなり、訪れる人はほとんどいま
(たんたん・鉱山跡探索)紋別市・鴻乃舞鉱山跡 其れ探☆日記/ウェブリブログ
http://37964346.at.webry.info/201110/article_4.html
今回は紋別市にある「鴻乃舞鉱山跡」を訪問してみました。鴻乃舞は金山としてかつては日本一金の採掘量が多い鉱山であったのです。その歴史はそう古くなく、西暦1916年(大正9年)~1973年(昭和48年)で最盛期には人口13000人、年間2.98トンもの金を採掘して
鴻之舞金山|人の創りしもの Mix the grand pulse
http://ameblo.jp/grand-pulse/entry-11472884487.html
紋別市内にある鴻之舞は当時、金の採掘量国内第三位の実績があったしかし、金相場の下落かつ資源枯渇により閉山ピーク時、人口13千人が0人となり、現在は町の名前と当時の遺構が僅かながら残っている鴻紋軌道の5号杭橋紋別と鴻之舞を結ぶ軽便鉄道として使われていた現在は、沈
久しぶりに・・・・その1|ワンダー蝦夷
http://ameblo.jp/kurotorotubu/entry-11619430858.html
休みの日は天候不順で撮影にしばらくの間出掛けませんでしたが、昨日の夜中から、先週HTB壇蜜古典で放送された鴻之舞鉱山跡へ撮影に出掛けました。重要な書類を保管する蔵です。職員の社宅です。道路から大好きな廃墟が見えましたので、クマ鈴をつけ早速撮影に・・・建物の裏で
「マドンナ先生のスツール」 鴻之舞廃墟練り歩き1 : 仄暗いお散歩
http://honoguraiosanpo.blog.jp/archives/1024108666.html
紋別鴻之舞に散在する廃屋を訪ねた後、次は鉱山跡に僅かに残る、人々が営んだ痕跡を求めて、奥深くへ入り込み、散策をしてみる。まずは、寸断された橋の向こうにあった、鴻之舞中学校の教職員住宅跡から。鴻之舞の鉱山跡一帯は、紋別市内に住む若者の肝だめし廃墟スポットにもなっ