雄別炭鉱 概要・歴史

雄別炭鉱(ゆうべつたんこう)は、北海道阿寒町(現・釧路市)にあった炭鉱。舌辛川沿いに数カ所の坑口が存在したが、主力は雄別通洞であった。

1919(大正8)年12月に北海炭礦鉄道株式会社が創業。 翌1920(大正9)年より雄別鉄道の敷設と炭鉱開発が始まり、1923(大正12)年に鉄道が完成、炭鉱の操業が開始された。

翌1924(大正13)年には三菱鉱業(現在の三菱マテリアル)が買収し、 雄別炭礦鉄道株式会社と社名変更。

雄別炭礦鉄道株式会社は1928(昭和3)年に尺別炭鉱、1935(昭和10)年に茂尻炭鉱、1936(昭和11)年に浦幌炭鉱を買収し拡大を続ける。

戦後、1959(昭和34)年に再建合理化計画発表し、雄別炭礦株式会社に社名変更、鉄道部門を雄別鉄道株式会社として分離独立。1964(昭和39)年に上茶路炭鉱を開坑している。同1964(昭和39)年に雄別炭鉱で最大出炭量を記録。

しかしエネルギー革命が進み、さらに1969(昭和44)年に茂尻炭鉱で死者19名負傷者24名を出すガス爆発事故発生、閉山。この事故対応によって急速に資金繰りが悪化し、全炭鉱を閉山して1970(昭和45)年に会社を解散。雄別炭鉱も閉山となった。

資金繰りが原因による突然の会社倒産・閉山であったため、地元自治体は築後間もない公共施設などの放棄を余儀なくされた。山間僻地の企業城下町であったことから、閉山後急速に人口が流出、人口15,000を数えた一帯は無人地帯となった。

雄別通洞跡、鉱員用住宅、炭鉱購買会、ボイラー煙突、雄別炭鉱病院、トロッコ台座、雄別炭鉱通洞坑口や雄別炭山駅(雄別鉄道雄別本線の終点)ホーム跡、映画館「協和会館」のコンクリート映写室跡、給油所跡など数多くの遺構が山中に残る。

雄別周辺は国有林であり、現地へ行く際は入林許可を受けなければならない。また、周辺はヒグマの生息地でもある。

状態
2019年02月14日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

雄別炭鉱 住所

北海道釧路市阿寒町雄別22線

雄別炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

雄別炭鉱 ストリートビュー・空中写真

雄別炭鉱 スポット

雄別炭鉱 ブログ・リポート

浦幌炭鉱の湯
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-892.html
コトするような霊はいませんでした 雄別炭鉱には何か居ますからご注意ください! 今 ココって行った事がないのですが廃鉱山の割りには裏寂しさがあまり感じないところですね ワタシは裏寂しい廃鉱山や廃虚が大好きです 心霊とかよく解から
「雄別炭鉱跡」探索(平成18年7月)
http://blogs.yahoo.co.jp/hitou_sukisuki_dabe/37927071.html
ダベは未読だが、「廃礦にて」「白夜」という小説の中で雄別炭砿病院に来ていた時の描写があるという。 中に入ると、冷気が漂う。窓ガラスは不届き者により破壊しつくされ、床に散乱している。壁にはスプレーの落書きが目立つ。 2階に通ずる回廊。
日高山脈、岩内仙峡そして雄別炭鉱跡 - つれづれ日記 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/concert216/49237055.html
2006年2月16日 釧路管内には雄別炭鉱のほかに太平洋炭鉱」「尺別炭鉱」「庶路炭鉱」などが. ありま した。太平洋炭鉱以外は廃鉱になっています。 太平洋炭鉱は閉山し、たくさんの従業員 が解雇されましたが、いまはコールマインと言う会社が継承しています。
雄別炭鉱跡と雄別鉄道
http://www.ab.auone-net.jp/~haikyo/haisen/yubetsu/yubetsu.html
舌辛川上流に位置する雄別炭鉱は、大正期に大祥内地区や中ノ沢地区ほかで坑口が つき小規模採炭していたものを三菱鉱業KKが買収し誕生した。買収当時 こんな ところにも廃墟となった建物が残されていた。 病院跡を思わせる遺留品はほとんど ない。
2014年キャンプ日記 GWのテーマは廃 - 北海道キャンプ場見聞録
http://hokkaicamp.com/family/2014diary/0503.htm
2014年5月3日 道東道の浦幌ICで高速を降りて、国道392号で白糠を目指す。 この道を 裏の駐車場らしき場所に車を停めると、その向かいには廃墟と化したアパート風の建物が建っている。 正に限界 ましてや、炭鉱の病院ともなれば尚更だ。 廃墟好き 
砿業所 ~ 冬の雄別、炭鉱町跡 - 炭鉱(道東)
http://tansakunoato.blog.fc2.com/blog-entry-547.html
雄別砿業所事務所の周辺。雪が積もる階段を登る。書庫の建物。手前は地下物品庫の入り口で、奥に見えるのは金庫の建物。写真中央左手が階段かな?こうして見ると位置関係が良くわかる。山の方に登ると模擬坑道があったはず。そしてこの辺りには便槽の跡もあったような気がするので
青総さんのブログ -雄別炭鉱・明治本岐炭鉱-
http://aososan0201.blog76.fc2.com/blog-entry-276.html
道東炭鉱巡り雄別炭鉱株式会社雄別炭鉱と明治本岐炭鉱。-まずは雄別炭鉱。末広・月見台・旭町を俯瞰。舌辛川と道道667号徹別原野雄別停車場線手前は雄別小学校、奥に総合ボイラー跡、雄別炭鉱病院跡があります。(見えませんがで、例によってスズメバチさんが(以下略泣く泣く
▲ 404?
http://members.jcom.home.ne.jp/usiro/akan/yu-betu.html
廃墟リスト9雄別炭坑跡(北海道阿寒町)☆地図の中に写真が見られる部分があるよ。カーソルを合わせてクリックしてね☆☆リンクがつながってる部分は全部で7個あるよ☆注今回の旅で雄別の病院は見つかりませんでしたので、地図上にもございません。ご了承下さい
炭鉱跡 雄別|ワンダー蝦夷
http://ameblo.jp/kurotorotubu/entry-11581237315.html
昨日の夜中から釧路方面に車を走らせました。素晴らしい建築物です。途中スズメバチに何度か出会いましたが、白い服装であった為、問題なし。廃病院を探しましたが、木が生い茂って見つけることができませんでした。残念・・・次回に続く・・・・・・
雄別 購買
http://megumino1000.web.fc2.com/ryokouki.yuubetu.koubai.html
雄別購買2008年4月20日森の中にそびえ立つ、大きな建物。入り口。鍵はかかっていない。落書きが激しい。シャッター。誰かが曲げたのか?四角い窓がいっぱい。四角い光もいっぱい。同じものがいっぱい。無駄なものがいっぱい。と髪の青い少女は言う。贅沢であり、余裕であり
雄別 病院
http://megumino1000.web.fc2.com/ryokouki.yuubetu.byouinn.html
雄別病院2008年4月20日本日メインの病院が見えてきた。心臓の音がうるさい。駆け出したくなる衝動を必死にこらえる。じらすようにあえてゆっくりと歩く。心を落ち着かせるため、外観から楽しむ事にする。いきなり中へは入れない。情緒あふれる素敵な橋である。通ってきた時
雄別 職員倶楽部
http://megumino1000.web.fc2.com/ryokouki.yuubetu.syokukura.html
雄別職員倶楽部2008年4月20日森を歩いていて、いきなり出会うと感動なんだろうな。とっても洒落た建物だ。裏に回ってみる。2階部分は完全に落ちてしまっている。さて、中へ。今にもつぶれそうな建物である。天井を支えている柱も、とても心もとない。気力で建っている感じ
S.A.S.P.E.C. 雄別炭鉱探索記録 ~はじめに~
http://www.geocities.jp/mirmoruins/yubetsu/index.html
S.A.S.P.E.C. "Sukhoi-Aerotech Special Program and Emotional Column" 第 3弾 道東に眠る産業遺構…雄別炭鉱探索記録 はじめに 廃墟・産業遺構探索としては 2回目に当たる今回の
漂流旅記--ちょっとコーヒーでも~その4~ 2002/1/1
http://www001.upp.so-net.ne.jp/jiro-a/tabi/2002/20020101.htm
しかし、わたしの目的地はそんな薄気味悪いところではない。この廃墟の後ろの山腹に、かつての炭坑の坑口があるのである。病院脇に車を止め、スノーシュー(洋風かんじき)を履き、なるべく病院のほうは見ないようにして、坑口
雄別炭鉱 道のり編 | 北海道旭川市のアマチュア写真撮り
http://asahikawa1988.blog.fc2.com/blog-entry-14.html
2010年5月14日に行きました。大量の写真があるため、3程度のパートに分けようかと思います。数年前、廃墟にハマりました。深夜に1人でビデオカメ
フクダジマ探検記 雄別炭鉱 -居住区-
http://kyuragi2011.blog.fc2.com/blog-entry-213.html
北海道釧路市阿寒町雄別。廃墟巡りをしていると、幽霊を見た事は?写真に幽霊が映り込まない?とよく質問される。廃墟に興味がない人から見ると廃墟の持つ雰囲気が幽霊と結び付いてしまうのは解らなくもない。実際に有名な心霊スポットになっている炭鉱廃墟が多々ある。その代表的
阿寒町 雄別炭鉱 廃病院と坑口跡
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top32.html
雄別炭鉱へ釧路炭田の中枢。雄別炭鉱は大正時代から発展し昭和45年2月に閉山。最盛期の昭和30年代には10,000人の住む巨大な街だった。原野を歩くこと30分・・・。雪路には獣の足跡が少し。見えてきたのは映画館の廃跡。ここから街の中心部となる。内部はがらんどうで
廃線探索 雄別鉄道(歩鉄の達人)
http://www.hotetu.net/haisen/Hokkaido/100711yubetutetudou.html
雄別鉄道(ゆうべつてつどう)は、北海道釧路支庁管内釧路市の根室本線釧路駅から、同管内阿寒郡阿寒町(現・釧路市阿寒町)の雄別炭山駅までを結んでいた鉄道路線などを運営していた炭鉱鉄道会社。東証一部上場企業であった雄別炭礦の子会社にあたり、三菱グループに属していた。
フクダジマ探検記 雄別炭鉱 -鉱業所-
http://kyuragi2011.blog.fc2.com/blog-entry-214.html
北海道釧路市阿寒町雄別。閉山から40年以上が経ち、森に呑まれようとしているかつての都市。しかし大変ありがたい事に維持管理をされている方々の存在があり産業遺産として公園化される日もそう遠い未来ではないのかもしれない…雄別炭鉱居住区編はこちら採炭の設備は舌辛川に沿
砂利道~徒然なるままに~:2009年 その2
http://blog.livedoor.jp/integura96/archives/51688701.html
6日目の最終日はお待ちかねの道道222号、通称「雄別線」です。閉山になった1970年当時でも1万2千人の人口があった地域で、閉山とともにゴーストタウンになった地域です。道道沿いにも沢山の遺構があり、シンボルともいえる煙突が見えてきます。14時半頃までに作業を終

ピックアップ廃墟