羽幌炭鉱(はぼろたんこう)は北海道苫前郡羽幌町にあった炭鉱。留萌炭田の中心的炭鉱で、羽幌本坑、上....

羽幌炭鉱

羽幌炭鉱 概要・歴史

羽幌炭鉱(はぼろたんこう)は北海道苫前郡羽幌町にあった炭鉱。留萌炭田の中心的炭鉱で、羽幌本坑、上....

羽幌炭鉱 画像

大五商事羽幌砿給油所(2019年7月)。防火壁のみが残るが、夏季は藪に埋もれ確認しにくい
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
第二選炭工場の貯炭場(ホッパー)
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
第二選炭工場の貯炭場(ホッパー)
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
ホッパー内部
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
ホッパー内部
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
ホッパー内部
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
ホッパー内部
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
羽幌本坑運搬立坑
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
第二選炭工場と見られる建物跡が藪の向こうにかろうじて確認できる
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
羽幌本坑坑口。見逃しやすいが、道路脇の斜面に現存している
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止

近くのスポット

羽幌炭鉱 ストリートビュー・空中写真

羽幌炭鉱 関連ブログ・参考リンク

http://kuromax.web.fc2.com/ruin/hokkaido/mine/hahoro/hahoro/hahoro2.htm
HahoroCoal MineReportAerophotographTop
http://www.asahi-net.or.jp/~re4m-idgc/HABOROTANKOU.htm
羽幌炭鉱の資料は炭鉱運営会社が倒産という結末を迎えたため限られたものしかない のですが、それを調べてみますとこのアパートは廃鉱になる直前にできた建物だとか。 そのため人が実際に住んだかは疑問があるといいます。またその突然の倒産劇は意図
http://www.ab.auone-net.jp/~haikyo/haisen/tikubetsu/tikubesu.html
羽幌炭鉱跡・築別炭鉱跡. 国道232号を海岸線沿いに走り羽幌町から内陸部へ入る と田や畑が広がるが、やがて北空知との分水嶺が近づくと住宅や炭鉱施設の廃墟 .. 道道傍には現在の地形図にも廃坑として記載されている封鎖された坑口が残っている。
http://jm-hokkaido.sakura.ne.jp/is-haborokou.html
昭和15年に築別に太陽産業が開鉱し、築別炭坑の開発とともに羽幌炭砿鉄道株式 会社が事業を引き継ぎ、築別-築別炭坑 廃坑になってから時間が経っているので 撤去されている可能性も高く、もしかすると自然に帰っている可能性もありそうだ。
http://www.colorsnet.ne.jp/haboro/tankoh/tankoh_top.htm
羽幌炭鉱に関する写真でしたら ご自由に投稿できます。 当時の貴重な写真が満載です ! 羽幌炭砿ってどこ? 北海道北西部留萌管内の中央部に羽幌町があります。 ↓拡大. 羽幌町市街地から約16キロ山方向に3っつの炭砿があります。 ↓拡大. 羽幌炭砿
http://www.yusk.org/days/prose/haboro_coalmine110506.html
そんな流れから北海道は羽幌町の炭鉱跡に行ってきた。 ここは知る人ぞ知る廃炭鉱。 1970年に廃鉱となるまで、一時期は1万人以上の謳歌を誇った炭鉱だ。当時は良質な 石炭が採れると有名だったらしい。 雨の中、札幌から高速道路を使い北上。正直2時間
http://www2s.biglobe.ne.jp/~kurume/hokkaidou/meisai/akebono.htm
その最たるものが築別炭鉱跡だろう。 原野に浮かぶ巨大な鉄筋コンクリート造りの太陽 小学校は、1967年(昭和42年)完成、4年後の1971年(昭和46年)廃校という悲運の 学校だ。さらに先には高層団地郡が現れる。これも廃坑の2年前に完成した団地郡で
http://www.aikis.or.jp/~kage-kan/01-1.Dohoku/Haboro_Haboroko.html
羽幌砿(羽幌町) 主な施設・機関は、羽幌炭山郵便局・警察署駐在所・消防署出張所 ・旭ヶ丘小学校・旭ヶ丘中学校・公民館分館・大山祇神社・保育所・診療所・会館・クラブ 、三毛別駅、映画館、百貨店分館など 街区に北辰町・幸町・新幸町・睦町(睦美町)・ 稲穂町・錦町・栄町・寿町・新寿町・旭町(旭丘)・桜台。睦町から稲穂 昭和46.5.31, 廃校
http://kitakamome.blog136.fc2.com/blog-entry-133.html
ガイドマップを羽幌町でも発行しており、一応観光資源として認識されているようです。 車で手近な所は回れますのでアクセスは容易です(羽幌ですが)。よろしければ廃鉱見学でも。 関連記事. 姫沼; 羽幌炭鉱; 黄金岬. FC2 Management.
http://shinotakasan.blog13.fc2.com/blog-entry-511.html
築別炭鉱方面に繋がるようです。 ちゃんと「築別炭鉱」「羽幌炭鉱」の文字が残っているということ。 築別川を何度か渡るのですが、それに沿って当時使われていたと思われる、このような橋梁がいくつか見られます。 . アートアートアクアリウム展ニセコ温泉客室風呂宿泊手稲星置の滝採石場石山緑地ひまわり古建築江戸東京たてもの園渋谷SL小金井公園氷川丸船横浜山下公園カフェ羽幌炭鉱上羽幌ラーメン廃墟上羽幌小中学校坑口立坑ゆるキャラ赤平炭鉱築別炭鉱廃校太陽小学校廃線廃橋 
http://joel.way-nifty.com/cactus/2008/10/post-5388.html
廃墟になった故郷へ帰る(3). 通学路。道路の舗装もかなり残っています。 石だらけなのが懐かしく感じます。そうそうこんな感じだったなあって。 路面. 草刈りされたルートを歩いて戻り、また別の藪へ入るとこんなものがありました。 これは共同浴場の浴槽です。 壁には水栓のあった位置に穴があいていました。 洗い場の壁. 炭鉱では各戸にお風呂がなく、 当然のようにビール飲んでましたが。 こうして廃墟ツアーを終え、その後ホテルに戻って帰りのバスに乗り換え、羽幌町の資料館に立ち寄りました。
http://www.geocities.jp/kashii_gannyuu/index.khaboro.htm
羽幌炭鉱上羽幌坑1947(昭和22)年開坑、1970(昭和45)年11月2日に築別坑、羽幌本坑とともに閉山。閉山の年(1970年)の4月には2,732人が暮らしていた上羽幌地区だが、同年9月には569人に激減。閉山後の1972年にはわずか42人となっていた。1
http://www.haikyo-map.com/modules/myalbum/viewcat.php?cid=12
廃墟ファンには定番でしょう。あえて説明不要ですね。
http://hokkaidou.yukishigure.com//ruins2/page900.html
羽幌炭鉱
http://soranosebone.blog80.fc2.com/blog-entry-18.html
住宅14212122_1965172000postedby(C)izumiガソリンスタンド14212122_924138829postedby(C)izumiホッパーと立坑櫓18184306_4164269585postedby(C)izumiPB051370
http://blogs.yahoo.co.jp/pontukux/62615065.html
はぼろほんこうたんじうかべしかない、どりふのこんとかやぐらしねるたかさこわくていけないぽっこりきもい
http://www.asahi-net.or.jp/%7Ere4m-idgc/HABOROTANKOU.htm
市になることをめざした町は架空の集落をつくり人口を上乗せを図りました。 しかしながらその事実はすぐに明らかになり、羽幌が市になる道は閉ざされたのです。 炭鉱住宅跡 築別に残る
http://tkohara.la.coocan.jp/douhoku5.htm
【はじめに】 かつて、道北の日本海側、留萌と幌延を結んでいた羽幌線。この羽幌線の羽幌町・築別駅へ向け、内陸の築別炭鉱から石炭を搬出するために敷設されたのが、羽幌炭礦鉄道でした。 今回の「道北'98」の旅では、旅の目的
http://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu/3134922.html
北海道の留萌の北 羽幌町の山間部にかって大規模な炭鉱があった。 留萌炭鉱の一角をなす羽幌炭鉱で、日商岩井系で良質の石炭を出すので有名だったらしい。 石炭搬出鉄道としては国鉄羽幌線の築別までは同炭鉱直営の羽幌炭鉱鉄道
http://motorboys.shisyou.com/tabi/2008hokkaido/camp_journal_18jul.html
羽幌には、羽幌炭鉱が廃鉱になったところがあるらしく、地図でそれらしい所を探して行ってみる。 途中には、炭鉱で使用していたと思われる、鉄道廃線が見掛けれれる。 北海道には、廃虚がたくさんある。 この廃虚は、正面
羽幌炭鉱 関連ワード
  • 2012年
  • at
  • E企画
  • ひたちなか海浜鉄道
  • キハ222
  • キハ22形
  • サボ
  • スケッチ展
  • セット
  • ハナシ
  • ハンマーコップフ
  • ホッパー
  • ボク
  • 一枚
  • 世界遺産
  • 入る
  • 北海道
  • 北海道炭鉱遺産カレンダー
  • 名羽線
  • 大勢
  • 学校
  • 実家
  • 山中
  • 廃止
  • 建物
  • 志免
  • 悔しい
  • 最後
  • 最終運転
  • 有った
  • 有る
  • 構造
  • 歴史
  • 活躍
  • 湊線
  • 炭車
  • 炭鉱
  • 無い
  • 燃料
  • 留萌
  • 竪坑櫓
  • 第一歩
  • 羽幌
  • 羽幌本坑
  • 羽幌炭鉱探索
  • 羽幌炭鉱跡
  • 羽幌炭鉱鉄道
  • 羽幌炭鉱鉄道キハ222
  • 羽幌炭鉱鉄道ファン
  • 行きました
  • 行った
  • 行われた
  • 見る
  • 譲受車
  • 販売
  • 車両
  • 阿字ヶ浦駅
  • 集まりました
  • 非常に