羽幌炭鉱 概要・歴史

羽幌炭鉱(はぼろたんこう)は北海道苫前郡羽幌町にあった炭鉱。留萌炭田の中心的炭鉱で、羽幌本坑上羽幌坑築別坑築別炭鉱)の3地区から成っていた。

1939(昭和14)年に太陽産業株式会社が築別炭鉱を開坑、採炭開始。1940(昭和15)年、羽幌炭礦鉄道株式会社設立。1941(昭和16)年には国鉄羽幌線および羽幌炭礦鉄道が開通した。

戦後、復興のために石炭増産が望まれ、1947(昭和22)年に二坑(上羽幌)が開坑、翌1948(昭和23)年8月は羽幌本坑が開坑した。1949(昭和24)年2月、羽幌本坑と上羽幌坑が合併し羽幌砿業所が設置された。

1961(昭和36)年には年間出炭量100万トンを越え、ピークの1968(昭和43)年には114万トンに達した。睦美町から稲穂町を中心に炭鉱集落が栄え、1965(昭和40)年には羽幌町の人口が三万人を超えた。

1959(昭和34)年10月に築別地区の第一選炭工場・貯炭所が完成したのに次いで、1962(昭和37)年に羽幌地区の第二選炭工場・貯炭場が完成。鉄筋コンクリート4階建て、洗練された近代的なデザインで、主選機、再選機などの水洗い設備は3階に、精炭篩い分けスクリーンなどすぐそこから製品として出す機械はポケットに近い2階に、各動力設備、受電設備などは1階に配置された。毎時200トンの処理ができる水洗機が設置され、トランジスタコンピュータで制御され、年産600万トンの精炭が可能に2000トンの容量を持つ精炭ポケットが配備され、選炭工場から運搬ベルトが複綜していた。

1965(昭和40)年には運搬立坑が完成。福岡県の志免鉱業所(志免炭鉱)の流れを汲むワインディング・タワー(塔櫓捲式)と呼ばれるタイプの櫓で、深く複雑化した運搬面の打開と生産の増強、空気取り入れなどを目的としていた。地上39.4m、深さ512mで巻き上げリールは内径6m、巻揚機、チップラー、運転室、鉱務課、機電化、開発課の事務所、安全灯室、坑口浴場、ロッカー室、売店などの現業部門が集中している。坑口操車場から一時間に炭kルマ80両、約1000トンの石炭が揚げ炭できた。

配給所としての業務を行っていた大五商事は、1963(昭和38)年11月に百貨店としての店舗を開設、1965(昭和40)年には大五スーパーと大五商事羽幌砿給油所を開設した。

坑内条件の悪化、労働力の低下になどにより、最高産出量の記録からわずか2年後の1970(昭和45)年に閉山となった。

羽幌地区の学校としては、1951(昭和26)年に2月に羽幌町立曙小学校三毛別分教場が開校、同年12月に羽幌町立旭ヶ丘小学校として独立、翌1952(昭和27)年2月には新校舎が完成した。閉山後の1971(昭和46)年5月31日に廃校となっている。

また、旭ヶ丘小学校には1958(昭和33)年1月には旭ヶ丘中学校が併設され、1961(昭和36)年5月に分離独立したが、1964(昭和39)年5月24日に旭ヶ丘中学校の教室付近から出火し全焼、これにより旭ヶ丘中学校と曙中学校が統合され新たに北辰中学校として開校している。

遺構としては、旭ヶ丘小学校跡にわずかな基礎部分とプール跡などを残すのみとなっている。

遺構としては、羽幌地区には第二選炭工場・貯炭場、運搬立坑、大五商事羽幌砿給油所、羽幌本坑坑口、大五商事羽幌砿給油所、また北辰中学校などが見られる。

築別地区には第一選炭工場・貯炭所、羽幌炭砿鉄道病院、築炭会館の映写室跡、築別炭砿消防団庁舎跡、坑口浴場跡、発電所の大煙突、本斜坑口、炭砿アパート、はぼろ緑の村(太陽小学校)などの遺構が残る。なお、築別地区については築別炭鉱の項目に詳述する。

上羽幌地区には、二坑本斜坑口、坑口浴場、連斜坑口、上羽幌抗索道貯炭場などの遺構が残る。

                                

状態
2011年09月15日作成  2019年08月02日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

羽幌炭鉱 住所

北海道苫前郡羽幌町曙

羽幌炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

羽幌炭鉱 画像・写真

大五商事羽幌砿給油所(2019年7月)。防火壁のみが残るが、夏季は藪に埋もれ確認しにくい
大五商事羽幌砿給油所(2019年7月)。防火壁のみが残るが、夏季は藪に埋もれ確認しにくい
羽幌炭鉱
第二選炭工場の貯炭場(ホッパー)
第二選炭工場の貯炭場(ホッパー)
第二選炭工場の貯炭場(ホッパー)
第二選炭工場の貯炭場(ホッパー)
ホッパー内部
ホッパー内部
ホッパー内部
ホッパー内部
ホッパー内部
ホッパー内部
ホッパー内部
ホッパー内部
羽幌本坑運搬立坑
羽幌本坑運搬立坑
第二選炭工場と見られる建物跡が藪の向こうにかろうじて確認できる
第二選炭工場と見られる建物跡が藪の向こうにかろうじて確認できる
羽幌本坑坑口。見逃しやすいが、道路脇の斜面に現存している
羽幌本坑坑口。見逃しやすいが、道路脇の斜面に現存している

羽幌炭鉱 ストリートビュー・空中写真

羽幌炭鉱 スポット

羽幌炭鉱 関連ブログ・参考リンク

羽幌炭坑
http://kuromax.web.fc2.com/ruin/hokkaido/mine/hahoro/hahoro/hahoro2.htm
HahoroCoal MineReportAerophotographTop
人口に翻弄された町、羽幌炭鉱
http://www.asahi-net.or.jp/~re4m-idgc/HABOROTANKOU.htm
羽幌炭鉱の資料は炭鉱運営会社が倒産という結末を迎えたため限られたものしかない のですが、それを調べてみますとこのアパートは廃鉱になる直前にできた建物だとか。 そのため人が実際に住んだかは疑問があるといいます。またその突然の倒産劇は意図
羽幌炭鉱・築別炭鉱跡と羽幌炭鉱鉄道
http://www.ab.auone-net.jp/~haikyo/haisen/tikubetsu/tikubesu.html
羽幌炭鉱跡・築別炭鉱跡. 国道232号を海岸線沿いに走り羽幌町から内陸部へ入る と田や畑が広がるが、やがて北空知との分水嶺が近づくと住宅や炭鉱施設の廃墟 .. 道道傍には現在の地形図にも廃坑として記載されている封鎖された坑口が残っている。
大きな街があった羽幌炭砿(羽幌炭鉱)
http://jm-hokkaido.sakura.ne.jp/is-haborokou.html
昭和15年に築別に太陽産業が開鉱し、築別炭坑の開発とともに羽幌炭砿鉄道株式 会社が事業を引き継ぎ、築別-築別炭坑 廃坑になってから時間が経っているので 撤去されている可能性も高く、もしかすると自然に帰っている可能性もありそうだ。
カラーズネット・羽幌炭鉱
http://www.colorsnet.ne.jp/haboro/tankoh/tankoh_top.htm
羽幌炭鉱に関する写真でしたら ご自由に投稿できます。 当時の貴重な写真が満載です ! 羽幌炭砿ってどこ? 北海道北西部留萌管内の中央部に羽幌町があります。 ↓拡大. 羽幌町市街地から約16キロ山方向に3っつの炭砿があります。 ↓拡大. 羽幌炭砿
羽幌炭鉱跡に行ってきた | yusk -ユースク-
http://www.yusk.org/days/prose/haboro_coalmine110506.html
そんな流れから北海道は羽幌町の炭鉱跡に行ってきた。 ここは知る人ぞ知る廃炭鉱。 1970年に廃鉱となるまで、一時期は1万人以上の謳歌を誇った炭鉱だ。当時は良質な 石炭が採れると有名だったらしい。 雨の中、札幌から高速道路を使い北上。正直2時間
羽幌鉄道(羽幌炭鉱・曙)
http://www2s.biglobe.ne.jp/~kurume/hokkaidou/meisai/akebono.htm
その最たるものが築別炭鉱跡だろう。 原野に浮かぶ巨大な鉄筋コンクリート造りの太陽 小学校は、1967年(昭和42年)完成、4年後の1971年(昭和46年)廃校という悲運の 学校だ。さらに先には高層団地郡が現れる。これも廃坑の2年前に完成した団地郡で
羽幌砿(羽幌町)
http://www.aikis.or.jp/~kage-kan/01-1.Dohoku/Haboro_Haboroko.html
羽幌砿(羽幌町) 主な施設・機関は、羽幌炭山郵便局・警察署駐在所・消防署出張所 ・旭ヶ丘小学校・旭ヶ丘中学校・公民館分館・大山祇神社・保育所・診療所・会館・クラブ 、三毛別駅、映画館、百貨店分館など 街区に北辰町・幸町・新幸町・睦町(睦美町)・ 稲穂町・錦町・栄町・寿町・新寿町...
Cafe Kitakamome - 北海道の旅と写真 - 羽幌炭鉱
http://kitakamome.blog136.fc2.com/blog-entry-133.html
ガイドマップを羽幌町でも発行しており、一応観光資源として認識されているようです。 車で手近な所は回れますのでアクセスは容易です(羽幌ですが)。よろしければ廃鉱見学でも。 関連記事. 姫沼; 羽幌炭鉱; 黄金岬. FC2 Management.
ゆるたん。 |はじめまして羽幌炭鉱 第二橋梁
http://shinotakasan.blog13.fc2.com/blog-entry-511.html
築別炭鉱方面に繋がるようです。 ちゃんと「築別炭鉱」「羽幌炭鉱」の文字が残っているということ。 築別川を何度か渡るのですが、それに沿って当時使われていたと思われる、このような橋梁がいくつか見られます。 . アートアートアクアリウム展ニセコ温泉客室風呂宿泊手稲星置の滝採石場石山緑地...
廃墟になった故郷へ帰る(3): サボテン島のハリネズミ
http://joel.way-nifty.com/cactus/2008/10/post-5388.html
廃墟になった故郷へ帰る(3). 通学路。道路の舗装もかなり残っています。 石だらけなのが懐かしく感じます。そうそうこんな感じだったなあって。 路面. 草刈りされたルートを歩いて戻り、また別の藪へ入るとこんなものがありました。 これは共同浴場の浴槽です。 壁には水栓のあった位置に穴があ...
羽幌炭鉱上羽幌坑
http://www.geocities.jp/kashii_gannyuu/index.khaboro.htm
羽幌炭鉱上羽幌坑1947(昭和22)年開坑、1970(昭和45)年11月2日に築別坑、羽幌本坑とともに閉山。閉山の年(1970年)の4月には2,732人が暮らしていた上羽幌地区だが、同年9月には569人に激減。閉山後の1972年にはわずか42人となっていた。1
北海道の廃墟フォトサイト「廃墟マップ」 - 羽幌町-羽幌炭鉱
http://www.haikyo-map.com/modules/myalbum/viewcat.php?cid=12
廃墟ファンには定番でしょう。あえて説明不要ですね。
羽幌炭鉱
http://hokkaidou.yukishigure.com//ruins2/page900.html
羽幌炭鉱
朽木洞図書館 羽幌本坑
http://soranosebone.blog80.fc2.com/blog-entry-18.html
住宅14212122_1965172000postedby(C)izumiガソリンスタンド14212122_924138829postedby(C)izumiホッパーと立坑櫓18184306_4164269585postedby(C)izumiPB051370
羽幌炭鉱 羽幌本坑 - その他レジャーカテゴリ - のんびり自転車ダイエット in札幌 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/pontukux/62615065.html
はぼろほんこうたんじうかべしかない、どりふのこんとかやぐらしねるたかさこわくていけないぽっこりきもい
人口に翻弄された町、羽幌炭鉱
http://www.asahi-net.or.jp/%7Ere4m-idgc/HABOROTANKOU.htm
市になることをめざした町は架空の集落をつくり人口を上乗せを図りました。 しかしながらその事実はすぐに明らかになり、羽幌が市になる道は閉ざされたのです。 炭鉱住宅跡 築別に残る
羽幌炭礦鉄道 - 街と鉄道
http://tkohara.la.coocan.jp/douhoku5.htm
【はじめに】 かつて、道北の日本海側、留萌と幌延を結んでいた羽幌線。この羽幌線の羽幌町・築別駅へ向け、内陸の築別炭鉱から石炭を搬出するために敷設されたのが、羽幌炭礦鉄道でした。 今回の「道北'98」の旅では、旅の目的
羽幌炭鉱跡と羽幌炭鉱鉄道廃線跡 ( 歴史 ) - 風、土、植物と
http://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu/3134922.html
北海道の留萌の北 羽幌町の山間部にかって大規模な炭鉱があった。 留萌炭鉱の一角をなす羽幌炭鉱で、日商岩井系で良質の石炭を出すので有名だったらしい。 石炭搬出鉄道としては国鉄羽幌線の築別までは同炭鉱直営の羽幌炭鉱鉄道
7月18日の日記【ランクル70で行く、夏の北海道満喫ソロキャンプ
http://motorboys.shisyou.com/tabi/2008hokkaido/camp_journal_18jul.html
羽幌には、羽幌炭鉱が廃鉱になったところがあるらしく、地図でそれらしい所を探して行ってみる。 途中には、炭鉱で使用していたと思われる、鉄道廃線が見掛けれれる。 北海道には、廃虚がたくさんある。 この廃虚は、正面

ピックアップ廃墟