北海道 廃鉱・採石場跡 廃墟一覧

幌内炭鉱
幌内炭鉱(ほろないたんこう)は北海道三笠市(開山当時は幌内村)にあった炭鉱。 お雇い外国人による指導で、石炭層の発見~採炭から輸送に至るまで機械化が進められ...
圧巻の巨大立坑櫓
奔別炭鉱
奔別炭鉱(ぽんべつたんこう)は、北海道三笠市奔別町にあった炭鉱。 1902(明治35)年に開鉱し、1928(昭和3)年に住友が買収。1971(昭和46)年閉山。 現存する巨大...
羽幌炭鉱
羽幌炭鉱(はぼろたんこう)は北海道北西部留萌炭田の中心的炭鉱。羽幌本坑、上羽幌坑、築別坑(築別炭鉱)の3地区から成っていた。 1939(昭和14)年、太陽産業株式会...
鴻之舞鉱山
鴻之舞鉱山(こうのまいこうざん)は北海道紋別市にあった鉱山。金・銀・銅などを産出した。 1915(大正4)年発見。 住友金属鉱山が鉱業権を買収し、急激に大鉱山集落...
雄別炭鉱
雄別炭鉱(ゆうべつたんこう)は、北海道阿寒町(現・釧路市)にあった炭鉱。舌辛川沿いに数カ所の坑口が存在したが、主力は雄別通洞であった。 1919(大正8)年12月に...
築別炭鉱
築別炭鉱は、北海道苫前郡羽幌町築別炭砿にあった炭鉱。 築別、羽幌、上羽幌から成った1935(昭和10)年操業開始の羽幌炭鉱築別坑。 元々は一帯は明治30年代に入植の...
三菱美唄炭鉱
美唄炭鉱(びばいたんこう)は、北海道美唄市周辺に存在した炭鉱群の総称。新美唄炭鉱、沼貝炭鉱、錦旗炭鉱などの中小炭鉱も多く存在していたが、大きく美唄市常盤台地...
豊羽鉱山
豊羽鉱山(とよはこうざん)は北海道札幌市南区にあった鉱山。銀、インジウム、銅、亜鉛、鉛などを産出していた。 1800年代後半に採掘開始、新日鉱グループの豊羽鉱山...
大栄鉱山
大栄鉱山は北海道寿都郡黒松内町にあった金山。 1931(昭和6)年に冷水沢で金の露頭が発見される。1935(昭和10)年に高品位の金鉱脈が確認され、1940(昭和15)年に精...
山中に残る神殿のような遺構
大金鉱山
大金鉱山(おおがねこうざん)は、北海道寿都郡寿都町にあった金山。 大正初期に陰山亀太郎という人物が夢のお告げで発見したという。1934(昭和7)年3月には日本鉱業...
昭和炭鉱(沼田町)
昭和炭鉱(しょうわたんこう)は北海道沼田町にあった炭鉱。 明治期に調査が行われ、1930(昭和5)年1月、明治鉱業昭和鉱業所が開坑。 同1930(昭和5)年3月に開坑し...
北隆鉱山
北隆鉱山は北海道紋別郡雄武町にあった鉱山。金銀鉱石が採掘されていた。 1918(大正7)年に発見。1927(昭和2)年に久原鉱業(後の日本鉱業、ジャパンエナジー)が権...
中外鉱業上ノ国鉱山
中外鉱業上ノ国鉱山(上国鉱業所)は、北海道檜山郡上ノ国町にあった鉱山。早川鉱山として紹介されていることもある。 1939(昭和14)年、八田満次朗が採掘開始、1943...
恵庭鉱山
恵庭鉱山は北海道恵庭市の漁川上流部にあった金鉱山。 1932(昭和7)年に試掘開始、1939(昭和14)年から本格操業を始め、鉱山の開発にともない人気のなかった山中に鉱...
手稲金山
手稲金山(手稲鉱山)は、北海道札幌市手稲区にあった鉱山。 明治20年代半ば、星置で農業をしていた鳥谷部弥平治(とりやべやへいじ)が、偶然、金鉱脈を発見。 大正...
三井美唄炭鉱(三井美唄炭鉱変電所)
三井美唄炭鉱は北海道美唄市にあった炭鉱。 1918(昭和3)年に採掘開始。昭和38年閉山。 三菱美唄炭鉱と比べて採炭量は劣り、早期に閉山を余儀なくされた。 地図位置...
本岐炭鉱
本岐炭鉱(ぽんきたんこう)は北海道白糠郡白糠町にあった炭鉱。 1924(大正13)年に庶路本岐炭鉱(株)によって開鉱。 1939(昭和14)年に明治鉱業庶路炭鉱が開坑、1...
イワオヌプリ鉱山(岩雄登硫黄鉱山)
イワオヌプリ鉱山(岩雄登硫黄鉱山)は北海道虻田郡倶知安町にあった鉱山。イワオヌプリ(標高1,116km)の北西部に位置する。 明治に入り本格的な硫黄の採掘が始まる。...
尺別炭鉱
尺別炭鉱は、北海道釧路市にあった炭鉱。 1918(大正7)年、北日本鉱業により採掘開始、1920(大正9)年に軽便鉄道が敷設され運転を開始した。 1928(昭和3)年、経営...
赤平炭鉱(住友赤平炭鉱)
赤平炭鉱は、北海道赤平市の炭鉱跡。 1918(大正7)年の大倉茂尻炭鉱開坑、1937(昭和12)年の豊里炭鉱開坑に続き、1938(昭和13)年に住友鉱業赤平炭鉱が開坑。他に北...
夕張高松ズリ捨て線
夕張高松ズリ捨て線は北海道夕張市にあった炭鉱施設。 坑内から出た不要な土砂(ズリ)を高松地区の裏山までベルトコンベアーで運搬・投棄するため、1949(昭和24)年...
茅沼炭鉱
茅沼炭鉱(かやぬまたんこう)は北海道古宇郡泊村にあった炭鉱。 1856(安政3)年に石炭が発見されたことに始まる。1869(明治2)年、日本で最初の鉄道と言われる茅沼...
虻田鉱山
虻田鉱山は北海道虻田郡洞爺湖町にあった鉱山。道央自動車道虻田洞爺湖インターチェンジ 近くに位置する。 1892(明治25)年頃に三豊地区で鉄鉱鉱床が発見され、採掘開...
浦幌炭鉱
浦幌炭鉱(うらほろたんこう)は北海道十勝郡浦幌町にあった炭鉱。 1895(明治28)年、炭鉱王の古河市兵衛が探鉱。1913(大正2)年、大和鉱業が買収し開発を進める。19...
朝日炭鉱(朝日駅)
朝日炭鉱は北海道岩見沢市にあった炭坑。 明治末期から採掘され、戦後は朝日炭鉱株式会社(昭和24年以前は日本硝子株式会社)が経営にあたっていた。昭和40年代には10...
北炭平和炭鉱
北炭平和炭鉱(ほくたんへいわたんこう)は北海道夕張市北西部にあった炭鉱。 1920年に石狩石炭から北海道炭礦汽船(北炭)が鉱区を引継ぎ、若菜辺砿として操業したが...
余市鉱山
余市鉱山(よいちこうざん)は北海道余市郡余市町にあった鉱山。 1885(明治18)年発見。1934(昭和9)年より住友余市鉱山の支山湯内坑として本格的に開発される。1942...
倶知安鉱山(脇方鉱山)
倶知安鉱山(脇方鉱山)は北海道虻田郡京極町にあった鉱山。 1898(明治31)年、酸化鉄の大鉱床が発見される。その1916(大正5)年に三井鉱山により開鉱。1919(大正8...
浅野雨竜炭鉱
浅野炭鉱(浅野雨竜炭鉱)は、北海道雨竜郡の留萌炭田の中心的な炭鉱。 1930(昭和5)年3月、操業開始。北海道雨竜郡沼田町(空知管内)に人口数千人規模の街を形成し...
北炭真谷地炭鉱
北炭真谷地炭鉱(ほくたんまやちたんこう)は北海道夕張市南西部、夕張川支流のパンケマヤチ川・ホロカクルキ川中上流域に展開された北海道炭礦汽船(北炭)経営の炭鉱...
日曹炭鉱
日曹炭鉱は北海道天塩郡豊富町にあった炭鉱。 1937(昭和12)年、日曹鉱業による本格的な採掘が始まる。1940(昭和15)年2月13日、日曹炭鉱天塩砿業所専用鉄道が豊富 -...
三井奥奈井江炭鉱
三井奥奈井江炭鉱は北海道空知郡奈井江町にあった炭鉱。石狩炭鉱と呼ばれていた時もあった。 1947(昭和22)年に三井鉱山砂川鉱業所奈井江白山坑開発。 1949(昭和24...
大和田炭鉱
大和田炭鉱(おおわだたんこう)は北海道留萌市大和田町にあった炭鉱。 留萌炭田の初期の中心炭鉱であった。明治期には人口3000人あまりの集落を形成していた。 1899...
遠幌炭鉱
遠幌炭鉱は北海道夕張市にあった炭鉱。 1945(昭和20)年に出炭開始。1947(昭和22)年、坑外索道架設工事竣工。1949(昭和24)年、日吉坑を夕張第三礦へ移管。1951(...
精進川鉱山
精進川鉱山は北海道亀田郡七飯町にあった鉱山。 1895(明治28)年発見。1937(昭和12)年に昭和製鉄株式会社が設立され褐鉄鉱の採取を始める。 硫黄鉱床が発見され、1...
曲渕炭鉱
曲渕炭鉱は北海道稚内市にあった炭鉱。 天北石炭鉱業と宗谷炭鉱があり、1940(昭和15)年に天北石炭鉱業によって開鉱したものは稚内炭鉱と呼ばれ栄坑を有した。最盛期...
北炭幾春別炭鉱錦立坑、錦坑坑口
北炭幾春別炭鉱錦立坑は、北海道三笠市幾春別にある立坑。 1919(大正8)年に建設、1920(大正9)年に完成した現存の道内最古の立坑で、高さ約10m、深さ195m、内径4.5m...
北炭夕張新炭鉱
北炭夕張新炭鉱は北海道夕張市にあった炭鉱。 1975(昭和50)年6月、出炭開始。1962(昭和37)年に策定された「石炭合理化大綱」により、「ビルド鉱」にランク付けされ...
国富鉱山
国富鉱山(くにとみこうざん)はは北海道岩内郡共和町にあった鉱山。国道5号線沿いに位置する。 1890(明治23)年に銅鉱床が発見され、1908(明治41)年に精錬所が設置...
八千代炭鉱
八千代炭鉱(八千代炭礦)は北海道厚岸郡厚岸町にあった炭鉱。 917(大正6)年開坑。1918(大正7)年頃には上尾幌駅積込場へトロッコ軌道4.5km敷設された。 1昭和に入...
月形炭鉱
月形鉱業月形炭鉱は北海道樺戸郡月形町にあった炭鉱。 1947(昭和22)年に石狩炭鉱が本格的な採炭活動を始める。最盛期には山元の職員40名、鉱員200名が暮らしたという...
新登川炭鉱
新登川炭鉱は北海道勇払郡むかわ町にあった炭鉱。 明治期に発見され断続的な採掘がされるが、戦後の採掘は1946(昭和21)年から始まる。火事により製材工場や鉄工所、...
厚田油田
厚田油田は北海道石狩市厚田区にあった油田。 江戸末期に発見される。1888年の試掘から始まり、1961(昭和36)年に資源枯渇により廃田した。 現在は櫓の跡に厳重に蓋が...
豊羽鉱山石山選鉱所
豊羽鉱山石山選鉱所は北海道札幌市南区石山にあった鉱山施設。 1939(昭和14)年、豊羽鉱山(とよはこうざん)の石山選鉱場として建設された。 1944(昭和19)年9月、...
北炭夕張炭鉱第三鉱(新夕張炭鉱)
北炭夕張炭鉱第三鉱(新夕張炭鉱)は北海道夕張市にあった炭鉱。 1902(明治35)年12月、谷七太郎が新夕張炭鉱を譲り受け谷新夕張炭山と称する。旧七番坑(松島坑)開...
幌別鉱山黄渓
幌別鉱山黄渓は北海道有珠郡壮瞥町にあった硫黄鉱床。 1902年(明治35年)頃発見、1904年(明治37年)から採掘開始。 1911年に壮瞥硫黄山から幌別鉱山まで8Kmの硫黄鉱...
国光鉱山
国光鉱山は北海道上川郡東川町にあった鉱山。クワウンナイ川上流に位置する。石英・銅・鉛・亜鉛鉱床として、主にタングステン鉱物を産出した。 大正初期に発見。1937...
庶路炭鉱
庶路炭鉱は、北海道白糠郡白糠町にあった炭鉱。1938年に明治鉱業によって開鉱。太平洋戦争中は一時休山し、戦後再開。1960年にガス爆発事故が起こり、1964年に廃鉱とな...
茂尻炭鉱
茂尻炭鉱(もしりたんこう)は北海道赤平市にあった炭鉱。 1918(大正7)年、大倉鉱業により開坑。1931(昭和6)年、茂尻炭鉱株式会社として独立。 1935(昭和10)年...
90年以上燃え続ける坑口跡
神通坑(第五斜坑)
神通坑(第五斜坑)は北海道夕張市にあった北炭夕張炭鉱第三鉱(新夕張炭鉱)の坑口。 第五斜坑の開坑は1909(明治42)年5月、とも1913(大正2)年とも言われる。 191...
北炭夕張炭鉱
北炭夕張炭鉱(ほくたんゆうばりたんこう)は北海道夕張市北西部、夕張川支流の志幌加別川上流に展開された北海道炭礦汽船(北炭)経営の炭鉱で、狭義の夕張炭鉱を指す...
幌別鉱山
幌別鉱山は北海道登別市にあった鉱山。金、銀、銅、硫黄などを産出していた。 1898年(明治31年)頃に岩ケ崎鉱が試掘された。1906年(明治39年)から銅を目的として採...
稲倉石鉱山
稲倉石鉱山は北海道余市郡余市町の稲倉石山にあった鉱山。 明治18年金鉱の露頭が発見され大股鉱山として採掘されるが休止。明治22年より北海道鉱山株式会社が金銀銅鉱...
大谷沢炭鉱
大谷沢炭鉱は北海道赤平市にあった炭鉱。1966(昭和41)年廃坑。 屋敷跡や僅かなコンクリート遺構が残る。 赤平市立旭丘小学校があったが、建物は残っていない。1950...
蔭の沢鉱山
蔭の沢鉱山北海道登別市鉱山町にあった鉱山。 明治末期から大正初めにかけて銅の採掘が行われていたらしい。昭和30年頃閉鉱。
三井砂川炭鉱
三井砂川炭鉱(みついすながわたんこう)とは、北海道空知郡上砂川町に存在した炭鉱。閉山時の正式名称は三井石炭鉱業株式会社砂川鉱業所。最盛期には多くの坑口を持ち...
上村炭鉱
上村炭鉱は北海道美唄市にあった炭鉱。 1922(大正11)年に上村七松氏が開鉱。大正時代は旭炭山と呼ばれていたらしい。1943(昭和18)年に閉山するが、終戦後に再開、...
別保炭鉱
別保炭鉱(べっぽたんこう)は北海道釧路郡釧路町にあった炭鉱。 明治期に開鉱。大正9年太平洋炭鉱が発足、本格的な採炭開始。昭和19年、国策により休鉱。昭和21年再開...
北洋鉱山
北洋鉱山は北海道勇払郡むかわ町にあった油田。「H別油田」等として紹介されていることもある。 北洋油田開発株式会社により1982(昭和57)年頃まで採掘されていた。 ...
達布炭鉱(天塩炭鉱)
達布炭鉱は、北海道留萌郡小平町達布にあった炭鉱。北炭天塩鉱(天塩炭鉱、北炭時は寿,栄坑,天鉄時は日新鉱) 留萌炭田の中にあった炭鉱の一つ。 明治期に採掘開始...
光竜鉱山
光竜鉱山は北海道札幌市南区にあった鉱山。恵庭鉱山の北東、ラルマナイ川の支流・金山沢近くにあった金鉱山である。 1899年発見。1935年に藤田組藤田鉱業所によって操...
北ノ王鉱山
北ノ王(きたのおう)鉱山は、北海道紋別郡遠軽町生田原八重(旧生田原町)にあった鉱山。金および銀を採掘していた。 大正5年に農夫が偶然金塊を発見したのが、生田原...
上国富鉱山
上国富鉱山は北海道余市郡仁木町にあった鉱山。国富鉱山との直接のつながりはないらしい。銅、鉛、亜鉛、金、銀などが採掘されていたらしい。 滝の下坑、エビス坑があ...
下川鉱山
下川鉱山は、北海道上川郡下川町にあった鉱山。新下川鉱山(しんしもかわこうざん)、下川銅山(しもかわどうざん)とも呼ばれる。 銅、硫化鉄、亜鉛などを産出した。 ...
美流渡炭鉱
美流渡炭鉱(みるとたんこう)は北海道栗沢町(現・岩見沢市栗沢町)にあった炭鉱。 万字炭鉱から石炭を輸送する国鉄万字線の開通により沿線周辺の炭鉱開発が促進され...
三菱南大夕張炭鉱
三菱南大夕張炭鉱(みつびしみなみおおゆうばりたんこう)は北海道夕張市にあった三菱鉱業経営の炭鉱。 1966年、に南大夕張開発事務所設置。1970年より出炭開始。1973...
八雲鉱山
八雲鉱山は北海道二海郡八雲町にあった鉱山。マンガンの他、鉛・亜鉛・硫化鉄も採掘されていた。 八雲鉱山の歴史は北海道では極めて古く、1674年(延宝2年)に遡るとも...
赤間炭鉱
赤間炭鉱は北海道赤平市にあった炭鉱。1965(昭和40)年閉山。「北炭A間炭鉱」等として紹介されていることもある。 赤平駅近くに、1941(昭和16)年に北炭赤間橋とあわ...
万字炭鉱
万字炭鉱(まんじたんこう)は、かつて北海道空知郡栗沢町(今の岩見沢市)に存在した炭鉱である。石狩炭田の炭鉱の一つ。1976年に閉山。 万字炭山の周辺は森林公園(...
宮城沢鉱山(札幌鉱山)
宮城沢鉱山(札幌鉱山)は北海道札幌市の阿部山麓にあった鉱山。金・銀が採掘されていた。 中島商事により、1893(明治26)年頃試掘され、その後1943(昭和18)年頃ま...

ピックアップ廃墟