北海道 廃鉱・採石場跡 廃墟一覧

幌内炭鉱(ほろないたんこう)とは、北海道三笠市(開山当時は幌内村)に存在した炭鉱。 お雇い外国人による指導で、石炭層の発見~採炭から輸送に至るまで機械化が進...
築別炭鉱は、北海道苫前郡羽幌町築別炭砿にあった炭鉱。 昭和期に入ってから本格採掘が開始された。築別、羽幌、上羽幌の3つの年産量は、最盛期の昭和36年には102万ト...
鴻之舞鉱山(こうのまいこうざん)は、北海道紋別市に住友金属鉱山の経営によってかつて存在していた鉱山である。 1915年に発見され、金・銀・銅などを産出し、1973年...
羽幌炭鉱(はぼろたんこう)は北海道北西部留萌炭田の中心的炭鉱。1935年操業開始。羽幌本坑、上羽幌坑、築別坑の3地区から成っていた。良質炭を算出することで知られ、...
奔別炭鉱は、北海道三笠市奔別町にあった炭鉱。明治35年に開鉱し、昭和46年閉山。 現存する巨大な高さ51mの立坑櫓は、昭和35年完成のもので、当時の最先端技術が投入さ...
豊羽鉱山(とよはこうざん)は北海道札幌市南区定山渓にあった金属鉱山。銀、インジウム、亜鉛、鉛などを産出していた。インジウムの産出量は世界第1位であった。 1800...
本岐炭鉱は、北海道白糠郡白糠町にあった炭鉱。 ホッパーなどの遺構が林の中に残っている。
虻田鉱山は北海道虻田郡洞爺湖町にあった鉱山。 1892年(明治25年)頃に鉄鉱鉱床が発見される。1971年閉山。 製錬所跡が道道578号線からも確認できる。道央自動車道虻...
雄別炭鉱(ゆうべつたんこう)は、北海道釧路市(合併前の旧阿寒町)に存在した炭鉱。舌辛川沿いに数カ所の坑口が存在したが、主力は雄別通洞であった。 1919年に北海...
大栄鉱山は北海道寿都郡黒松内町にあった金山。 1931年(昭和6年)に冷水沢で金の露頭が発見される。1935年(昭和10年)に高品位の金鉱脈が確認され、1940年(昭和15年...
北隆鉱山は北海道紋別郡雄武町にあった鉱山。金銀鉱石が採掘されていた。 大正7年に発見、昭和2年に久原鉱業(後の日本鉱業、ジャパンエナジー)が権利を譲り受け翌年...
月形鉱業月形炭鉱は北海道樺戸郡月形町にあった炭鉱。 1947(昭和22)年に石狩炭鉱が本格的な採炭活動を始める。最盛期には山元の職員40名、鉱員200名が暮らしたという...
恵庭鉱山は北海道恵庭市の漁川上流部にあった金鉱山。 1932年に試掘開始、1939年から本格操業を始め、4年後の1943年に金鉱山整備令により閉山となった。 製錬所跡や坑...
北炭平和炭鉱(ほくたんへいわたんこう)は北海道夕張市北西部にあった炭鉱。 1920年に石狩石炭から鉱区を引継ぎ、若菜辺砿として操業を続けたが、1930年に休止、その...
日曹炭鉱は北海道天塩郡豊富町にあった炭鉱。 1937(昭和12)年、日曹鉱業による本格的な採掘が始まる。1940(昭和15)年2月13日、日曹炭鉱天塩砿業所専用鉄道が豊富 -...
イワオヌプリ鉱山(岩雄登硫黄鉱山)は北海道虻田郡倶知安町にあった鉱山。イワオヌプリ(標高1,116km)の北西部に位置する。 明治に入り本格的な硫黄の採掘が始まる。...
庶路炭鉱は、北海道白糠郡白糠町にあった炭鉱。1938年に明治鉱業によって開鉱。太平洋戦争中は一時休山し、戦後再開。1960年にガス爆発事故が起こり、1964年に廃鉱とな...
浦幌炭炭鉱は北海道十勝郡浦幌町にあった炭鉱。 明治28年、古河家が探鉱。大正2年、大和鉱業が買収し開発を進める。大正10年、戦後の不況により休山。昭和8年に再開発...
余市鉱山は北海道余市郡余市町にあった鉱山。 明治18年発見。1934年(昭和9年)より住友余市鉱山の支山湯内坑として本格的に開発される。1942年(昭和17年)、帝国鉱業...
赤平炭鉱は、北海道赤平市の炭鉱跡。1994年に廃鉱。 建物の一部を住友石炭鉱業が使用しており、内部には入れない。
尺別炭鉱は、北海道釧路市にあった炭鉱。 1918年(大正7年)より採掘開始、1920年(大正9年)に軽便鉄道が敷設され運転を開始した。1970年2月の閉山時における人口は40...
夕張高松ズリ捨て線は北海道夕張市にあった炭鉱施設。 坑内から出た不要な土砂(ズリ)を高松地区の裏山までベルトコンベアーで運搬・投棄するため、1949(昭和24)年...
茅沼炭鉱(かやぬまたんこう)は北海道古宇郡泊村にあった炭鉱。 1856年(安政3年)に石炭が発見されたことに始まる。1869年(明治2年)、日本で最初の鉄道と言われる...
精進川鉱山は北海道亀田郡七飯町にあった鉱山。 1895年(明治28年)発見。1937年(昭和12年)頃から精進川鉱床と雨鱒川鉱床として開発された。 主に硫黄と褐鉄鉱が採...
昭和炭鉱(しょうわたんこう)は北海道沼田町にあった炭鉱。 明治鉱業が試掘権を設定し、1930年1月開業。1969年4月30日閉山。留萌炭田(雨竜炭田)の代表的な炭鉱のひ...
遠幌炭鉱は北海道夕張市にあった炭鉱。 昭和20年出炭開始。昭和22年、坑外索道架設工事竣工。昭和24年、日吉坑を夕張第三礦へ移管。昭和26年、清水沢礦通洞遠幌礦へ貫...
大谷沢炭鉱は北海道赤平市にあった炭鉱。1966(昭和41)年廃坑。 屋敷跡や僅かなコンクリート遺構が残る。 赤平市立旭丘小学校があったが、建物は残っていない。1950...
美唄炭鉱(びばいたんこう)は、北海道美唄市周辺に存在した炭鉱群の総称。新美唄炭鉱、沼貝炭鉱、錦旗炭鉱などの中小炭鉱も多く存在していたが、大きく美唄市常盤台地...
三井奥奈井江炭鉱は北海道空知郡奈井江町にあった炭鉱。石狩炭鉱と呼ばれていた時もあった。1967(昭和42)年7月閉山。 函館本線奈井江駅から東奈井江までの10kmを三井...
蔭の沢鉱山北海道登別市鉱山町にあった鉱山。 明治末期から大正初めにかけて銅の採掘が行われていたらしい。昭和30年頃閉鉱。
大和田炭鉱(おおわだたんこう)は北海道留萌市大和田町にあった炭鉱。 留萌炭田の初期の中心炭鉱で、明治期には人口3000人あまりの集落を形成していた。 1959年(昭...
八雲鉱山は北海道二海郡八雲町にあった鉱山。マンガンの他、鉛・亜鉛・硫化鉄も採掘されていた。 八雲鉱山の歴史は北海道では極めて古く、1674年(延宝2年)に遡るとも...
中外鉱業上ノ国鉱山は、北海道檜山郡上ノ国町にあった鉱山。マンガン産出していた。1986年5月閉山。早川鉱山として紹介されていることもある。 巨大な焙焼炉が山肌に建...
厚田油田は北海道石狩市厚田区にあった油田。 江戸末期に発見される。1888年の試掘から始まり、1961(昭和36)年に資源枯渇により廃田した。 現在は櫓の跡に厳重に蓋が...
幌別鉱山は北海道登別市にあった鉱山。金、銀、銅、硫黄などを産出していた。 1898年(明治31年)頃に岩ケ崎鉱が試掘された。1906年(明治39年)から銅を目的として採...
幌別鉱山黄渓は北海道有珠郡壮瞥町にあった硫黄鉱床。 1902年(明治35年)頃発見、1904年(明治37年)から採掘開始。 1911年に壮瞥硫黄山から幌別鉱山まで8Kmの硫黄鉱...
倶知安鉱山(脇方鉱山)は北海道虻田郡京極町にあった鉱山。 明治31年、酸化鉄の大鉱床が発見される。その大正5年に三井鉱山により開鉱。大正8年に日本製鋼所室倶知安...
北ノ王(きたのおう)鉱山は、北海道紋別郡遠軽町生田原八重(旧生田原町)にあった鉱山。金および銀を採掘していた。 精錬所遺構などが残っている。
北炭夕張炭鉱(ほくたんゆうばりたんこう)は北海道夕張市北西部、夕張川支流の志幌加別川上流に展開された北海道炭礦汽船(北炭)経営の炭鉱で、狭義の夕張炭鉱を指す...
曲渕炭鉱は北海道稚内市にあった炭鉱。 天北石炭鉱業と宗谷炭鉱があり、昭和15年に天北石炭鉱業によって開鉱したものは稚内炭鉱と呼ばれ栄坑を有した。最盛期の昭和27...
国光鉱山は北海道上川郡東川町にあった鉱山。クワウンナイ川上流に位置する。石英・銅・鉛・亜鉛鉱床として、主にタングステン鉱物を産出した。 大正初期に発見。昭和1...
旭鉱山は北海道登別市にあった鉱山。 坑口跡、レンガ遺構などがわずかに見られる。 地図はおおよその地点。
手稲金山は、北海道札幌市手稲区にあった鉱山。1890年頃から金・銀・銅も産出し、1935年より大規模採掘を開始。1971年に廃鉱となった。
上国富鉱山は北海道余市郡仁木町にあった鉱山。国富鉱山との直接のつながりはないらしい。銅、鉛、亜鉛、金、銀などが採掘されていたらしい。 滝の下坑、エビス坑があ...
三井美唄炭鉱は北海道美唄市にあった炭鉱。 1918(昭和3)年に採掘開始。昭和38年閉山。 三菱美唄炭鉱と比べて採炭量は劣り、早期に閉山を余儀なくされた。 多くの炭...
新登川炭鉱は北海道勇払郡むかわ町にあった炭鉱。 明治期に発見され断続的な採掘がされるが、戦後の採掘は1946年(昭和21年)~1954年(29年)。火事により製材工場や...
朝日炭鉱は北海道岩見沢市にあった炭坑。 明治末期から採掘され、戦後は朝日炭鉱株式会社(昭和24年以前は日本硝子株式会社)が経営にあたっていた。昭和40年代には10...
八千代炭鉱は北海道厚岸郡厚岸町にあった炭鉱。上尾幌駅までトロッコ軌道が敷設されていた。 1917(大正6)年開坑。昭和に入り、戦争拡大により好景気となるも、太平洋...
伊達鉱山は北海道伊達市にあった鉱山。昭和49年3月に閉山。 現在も鉱水処理が行われており廃墟ではない。
北洋鉱山は北海道勇払郡むかわ町にあった油田。北洋油田開発株式会社により昭和57年頃まで採掘されていた。「H別油田」等として紹介されていることもある。 竪坑跡や採...
上村炭鉱は北海道美唄市にあった炭鉱。 大正11年開鉱。大正時代は旭炭山と呼ばれていたらしい。昭和18年に閉山するが、終戦後に再開。 昭和30年代には茶志内駅から専...
北炭夕張炭鉱第三鉱(新夕張炭鉱)は北海道夕張市にあった炭鉱。 1902(明治35)年12月、谷七太郎が新夕張炭鉱を譲り受け谷新夕張炭山と称する。旧七番坑(松島坑)開...
北炭真谷地炭鉱(ほくたんまやちたんこう)は北海道夕張市南西部、夕張川支流のパンケマヤチ川・ホロカクルキ川中上流域に展開された北海道炭礦汽船(北炭)経営の炭鉱...
大金鉱山は、北海道寿都郡寿都町にあった金山。 大正初期に陰山亀太郎という人物が夢のお告げで発見したという。1934(昭和7)年3月には日本鉱業株式会社が鉱業権者に...
北見鉱山(伊奈牛鉱山)は北海道紋別郡遠軽町にあった鉱山。伊奈牛川沿いにある山神鉱床、六ノ沢鉱床、八ノ沢鉱床、九ノ沢鉱床、一号・二号・三号鉱床など数ある鉱床を...
別保炭鉱(べっぽたんこう)は北海道釧路郡釧路町にあった炭鉱。 明治期に開鉱。大正9年太平洋炭鉱が発足、本格的な採炭開始。昭和19年、国策により休鉱。昭和21年再開...
国富鉱山は北海道岩内郡共和町にあった鉱山。 1908年(明治41年)に操業開始、1935年(昭和10年)には現在の住友金属鉱山が買収し、全盛期を迎える。1948年(昭和23年...
岩尾鉱山は北海道増毛郡増毛町にあった鉱山。硫黄・褐鉄鉱が採掘されていた。 昭和13年頃から明星鉱業が開発。昭和18年休山。昭和32年に再開。昭和40年代に閉山。 地...
明治鉱業上芦別炭鉱は北海道芦別市にあった炭鉱。 1935年(昭和10年)に東芦別炭鉱として開鉱。1934年(昭和19年)に明治鉱業が買収、1949年(昭和24年)以降の最盛期...
大玖鉱山は北海道磯谷郡蘭越町にあった鉱山。 昭和9年発見。昭和10年から昭和21年の閉山まで日産最大40トンの金銀堂を含んだ鉱石を採掘し、旧上目名駅から共和町の国富...
三井砂川炭鉱(みついすながわたんこう)とは、北海道空知郡上砂川町に存在した炭鉱。閉山時の正式名称は三井石炭鉱業株式会社砂川鉱業所。最盛期には多くの坑口を持ち...
達布炭鉱は、北海道留萌郡小平町達布にあった炭鉱。北炭天塩鉱(天塩炭鉱、北炭時は寿,栄坑,天鉄時は日新鉱) 留萌炭田の中にあった炭鉱の一つ。 明治期に採掘開始...
轟鉱山は北海道余市郡赤井川村にあった鉱山。 明治29年発見。石炭調査の際に、偶然に珪石脈が発見されたという。明治31年に北海道鉱山が所有した後、次々と鉱脈が発見...
カルルス鉱山は北海道有珠郡壮瞥町にあった鉱山。来馬岳中腹に位置する。 坑道跡で巨大な氷筍が見られることで知られる。
小別沢鉱山(円山鉱山)は北海道札幌市西区にあった鉱山。奥三角山に位置する。 小規模な鉱山で、テルルを含む金銀石英脈や銅や亜鉛を掘っており、昭和38年頃まで操業...
沼の上鉱山は北海道紋別市にあった鉱山。主に金・銀が採掘されていた。 大正5年、材の伐り出しに訪れた農民により鉱石が発見される。大正11年より函館の栖原氏により開...
浅野炭鉱(浅野雨竜炭鉱)は、北海道雨竜郡の留萌炭田の中心的な炭鉱。1930年3月操業開業、1968年11月20日閉山。 北海道雨竜郡沼田町(空知管内)に人口数千人規模の街...
三菱大夕張炭鉱(みつびしおおゆうばりたんこう)は北海道夕張市の夕張川上流部で操業していた三菱鉱業経営の炭鉱。 1929年南部地区より移行し、操業開始。優良な鉄鋼...
豊羽鉱山石山選鉱所は北海道札幌市南区石山にあった豊羽鉱山の施設。 石山選鉱場跨線橋跡、選鉱所跡などがあったが、橋梁跡は撤去され、その他の施設についても現況不...
日東鉱山は北海道沙流郡平取町にあったクロム鉱山。昭和59年閉山。 跡地はニセウエコランドとして整備されているが、精錬所跡や沈殿池跡が残っている。 地図はおおよ...
稲倉石鉱山は北海道余市郡余市町の稲倉石山にあった鉱山。 明治18年金鉱の露頭が発見され大股鉱山として採掘されるが休止。明治22年より北海道鉱山株式会社が金銀銅鉱...
光竜鉱山は北海道札幌市南区にあった鉱山。恵庭鉱山の北東、ラルマナイ川の支流・金山沢近くにあった金鉱山である。 1899年発見。1935年に藤田組藤田鉱業所によって操...
岩ヶ崎鉱山は北海道登別市にあった鉱山。 坑口跡らしき穴が残る。 地図はおおよその地点。
赤間炭鉱は北海道赤平市にあった炭鉱。1965(昭和40)年閉山。「北炭A間炭鉱」等として紹介されていることもある。 赤平駅近くに、1941(昭和16)年に北炭赤間橋とあわ...
宮城沢鉱山(札幌鉱山)は北海道札幌市の阿部山麓にあった鉱山。金・銀が採掘されていた。 中島商事により、明治26年頃試掘され、その後昭和18年頃まで稼動されたらし...
野沢鉱山は北海道富良野市にある石綿鉱山。 1939年に軍人によって偶然石綿鉱床が発見されて、1942年に隣接する山部石綿鉱山、布部石綿鉱山と共に操業を開始した。資源...
北炭幾春別炭鉱錦立坑は、北海道三笠市幾春別にある立坑。 1919(大正8)年に建設された現存の道内最古の立坑で、高さ約10m、深さ195m、内径4.5m。立坑櫓、巻揚げ機室が...
万字炭鉱(まんじたんこう)は、かつて北海道空知郡栗沢町(今の岩見沢市)に存在した炭鉱である。石狩炭田の炭鉱の一つ。1976年に閉山。 万字炭山の周辺は森林公園(...
三菱南大夕張炭鉱(みつびしみなみおおゆうばりたんこう)は北海道夕張市にあった三菱鉱業経営の炭鉱。 1966年、に南大夕張開発事務所設置。1970年より出炭開始。1973...
神恵内鉱山は北海道古宇郡神恵内村にあった鉱山。黒鉱が採掘されていた。 地図はおおよその地点。
茨戸油田(ばらとゆでん)は北海道札幌市北区の茨戸地区にあった油田。札幌市北区の篠路と東茨戸の一部、石狩市生振の一部に油井があった。 石油資源開発株式会社法に...
油谷炭鉱は北海道芦別市旭町油谷にあった油谷鉱業株式会社の炭鉱。1947(昭和22)年開坑、1965(昭和40)年閉山。 ズリ山跡が残っており、現在はは3段に整地の上、植栽...
大盛鉱山(たいせいきんざん)は北海道茅部郡森町にあった鉱山。 昭和5年に発見。日立鉱山によって買収、製錬所も建設され、昭和16年には69782tもの鉱石を採掘した。最...
静狩金山(しずかりきんざん)は北海道長万部町にあった鉱山。 明治年間には漁業経営者の磯野金作によって発見されていたと言われるが本格的な操業には至らず。 大正5...
徳瞬瞥鉱山(徳舜別鉱山)は北海道伊達市(旧・大滝村)にあった鉱山。 1916年(大正5)年発見。経営権は転々とし、1939年(昭和14)年に日鉄鉱業徳舜瞥鉱山が試掘を初...
上喜茂別鉱山は北海道虻田郡喜茂別町にあった鉱山。 1904年(明治37年)発見。1937年(昭和12年)に日本製鉄株式会社が買収、1938年(昭和13年)より本格的な採掘が行...
北夕炭鉱、北菱鹿島炭鉱は北海道夕張市の炭鉱。 北夕炭鉱は1949(昭和24)年に札幌鉱山株式会社により開鉱、夕張炭鉱株式会社に変更。1970(昭和45)年に閉山した。 ...
軽舞油田は北海道勇払郡厚真町にあった油田。 昭和40年頃まで採掘されていたらしい。構造物の遺構は見当たらないが、今も石油が湧き出しているのが見られる。
下川鉱山は、北海道上川郡下川町にあった鉱山。新下川鉱山(しんしもかわこうざん)、下川銅山(しもかわどうざん)とも呼ばれる。銅、硫化鉄、亜鉛などを産出した。 1...
御園鉱山は北海道伊達市大滝区の鉱山。 1931(昭和6)年頃から本格稼働、1940(昭和15)年には共徳鉱山という名前で、1951(昭和26)年に御園鉱山と改称して操業されて...
徳星鉱山は北海道上川郡愛別町にあった鉱山。 大正12年頃発見。昭和7年に日本鉱業株式会社が買収、その後急速に近代化され、昭和10年には自動車道路が開通した。 昭和...
常呂鉱山は北海道北見市にあった鉱山。留辺蕊鉱山とも言われる。 藤田興業により金・銀・鉄鉱・水銀・マンガンが採掘された。1969年閉山。 山中に精錬所跡が残る。
古武井鉱山は北海道函館市にあった鉱山。 当時東洋一の硫黄鉱山で、古武井川沿いに鉱山施設、商店、学校、病院が点在し、3000人が生活していたという。古武井川沿いの...
新白糠炭砿は北海道白糠郡白糠町にあった炭坑。 戦後、白糠における製塩の燃料として岬坑が開発されたことに始まる。その後、塩が出回り製塩が終了すると、雄別炭の混...
芦別炭鉱(あしべつたんこう)とは、かつて北海道芦別市に存在した炭鉱。鉱区毎に複数の企業体が参入しており、大手の五社で芦別五山(三菱芦別炭鉱、三井芦別炭鉱、油...
上茶路炭鉱は北海道白糠郡白糠町にあった炭鉱。 昭和38年開坑。昭和39年から採炭開始、昭和41年から営業出炭を開始した。昭和45年2月閉山した。 ズリ跡など僅かな遺構...
松倉鉱山は北海道余市郡赤井川村にあった鉱山。かつて日本のバリウムの約6割を産出していた。
北海道三笠市に残る新三笠炭鉱坑口。
本庫鉱山は北海道枝幸郡枝幸町の鉱山。 正式には今井本庫鉱山。1944年(昭和19年)に操業開始、主に亜鉛と鉛、銅、銀、金を産出し、1960年(昭和35年)に今井本庫鉱山...
幸内鉱山は北海道壮瞥町にあった鉱山。 鉄鉱が採掘され、最盛期の昭和17年には10万tを越える出鉱があったという。
喜茂別鉱山は北海道喜茂別町にあった鉱山。鉄鉱・マンガンが採掘された。 胆振線喜茂別駅から日鉄鉱業喜茂別鉱山専用鉄道が分岐していた。1938年(昭和13年) 喜茂別駅...
意養鉱山(いやんないこうざん)は北海道厚沢部町にあった鉱山。  硫化鉄鉱を産出。 坑口3ヶ所で、南北200m、東西150m。 昭和12年に渡島鉱山として北海道硫黄が硫...
音調津鉱山は北海道広尾町にあった鉱山。 グラファイト・磁硫鉄鉱が採掘された。昭和19年には緊急開発指定鉱となった。 昭和33年休山。
熊泊鉱山は北海道函館市(旧・南茅部町)にあった鉱山。磯谷川上流に位置する。 明治36年に発見。明治42年、鉱物採掘による地層の陥落、自然林の伐採などが遠因となり...
稲倉沢鉱山は北海道松前郡松前町の鉱山。大鴨津川上流に位置する。 ポンプ施設らしい小屋が廃屋となり残っているが鉱山施設ではないらしい。 1950年頃から滑石が採取...
豊平炭鉱は北海道留萌市にあった炭鉱。留萌川上流に位置する。 昭和28年、高根炭鉱株式会社(芦別市)により豊平鉱業所として開業し、翌29年より生産が開始された。昭...
神通坑(第五斜坑)は北海道夕張市にあった北炭夕張炭鉱第三鉱(新夕張炭鉱)の坑口。 1909(明治42)年5月、開坑。1925(大正14)年3月、自然発火し密閉する。 現在...
北炭夕張新炭鉱は北海道夕張市にあった炭鉱。 1975年(昭和50年)6月、出炭開始。1962年(昭和37年)に策定された「石炭合理化大綱」により、「ビルド鉱」にランク付け...
玉川鉱山は北海道古宇郡泊村にあった鉱山。昭和27年廃鉱。 封鎖された坑口跡、神社基礎跡が残る。 地図はおおよその地点。
仁倉鉱山は北海道常呂郡佐呂間町の鉱山。 1933(昭和18)年開坑。赤鉄鋼、過マンガン鉱などが採掘される。交通の便が悪く運送費がかかることから、1933(昭和38)年閉...
洞爺鉱山は北海道虻田郡洞爺湖町の鉱山。 1918(大正7)年の春初めに小屋を建て、1923(大正12)年に採掘開始。 僅かなコンクリート遺構、ズリ山跡が残る。
豊里炭坑は北海道赤平市にあった炭鉱。赤平地内炭坑のうち、茂尻、住友赤平、赤間各炭坑とともに大手四炭坑の一鉱として昭和12年7月に開坑したが、四炭坑の中で最も早い...
北炭神威鉱坑口は北海道歌志内市にある坑口跡。資材搬入用に使われた。
平岸炭鉱は北海道赤平市の炭鉱。 閉山は昭和38年とも、昭和41年または42年とも言われる。 現在も残る遺構は、閉山後に使われた別施設のものの可能性がある。
北海道釧路市にあった尺別炭坑の炭鉱住宅跡。 航空写真からも確認できる。
勝山鉱山は北海道檜山郡上ノ国町にあった鉱山。金・銀・重晶石が採掘されていた。 江戸時代から金が採掘されていたが、昭和20年より重晶石鉱山として本格的に採鉱され...
歌登鉱山は北海道枝幸郡枝幸町にあった鉱山。パンケナイ川川口から約3km上流の東方山地に位置する。 昭和4年に発見。北海道金山より昭和6年から10年まで金・銀が採掘さ...
白老鉱山は北海道白老郡白老町の鉱山。 大正元年に大日方員三によって調査が行われる。明治40年、北川虎吉・栗林芙可が共同で試掘の許可を得る。大正元年頃には従業員...
土谷石崎鉱山は北海道函館市にあった鉱山。 昭和8年頃発見、昭和10年から本格操業が始まり主に鉛が採掘された。1~4号坑を採鉱すると同時に、大貫坑、新坑を探鉱してい...
共栄鉱山(生田原鉱山)は北海道紋別郡遠軽町にあった鉱山。鉄鉱・銅・マンガン・黄鉄鉱が採掘されたという。 1924(大正13)年に採鉱に着手するが当初は思わしくなく...
国力鉱山は北海道北見市常呂町にあった鉱山。 銅・鉄鉱・マンガンが採掘された。 1944(昭和19)年、採掘開始。昭和30年代に入ると外国鉱石の輸入により生産量が激減...
寿都鉱山(すっつこうざん)は北海道寿都郡寿都町にあった鉱山。広尾鉱山としても知られる。 当初は金・銀、その後銅・鉛・亜鉛・錫・石膏が採掘された。 1893(明治2...
興隆鉱山は北海道足寄郡陸別町にあった鉱山。160 マンガンが採掘されていた。昭和15年から20年にかけて、粗鉱2000トンを生産していたという。 目立った遺構は見られな...
ルベシベ鉱山(稲穂鉱山、留辺蘂鉱山)は北海道余市郡仁木町にあった鉱山。 明治43年より採掘が始められ、昭和11年には日本鉱業に買い取られ、稲穂鉱山として操業され...
阿寒鉱山は北海道足寄郡足寄町にあった鉱山。白水(しらみず)川支流流域に位置する。 硫黄が採掘されていた。1969年閉山。 昭和13年、日本特殊鉱業株式会社が採掘権...
雨鱒川鉱山(鹿部鉱山)は北海道亀田郡七飯町にあった鉱山。 褐鉄鉱・硫黄が採掘された。 明治28年発見。明治33年より山本鉱山として採掘。明治41年、渡島鉱業株式会...
高根炭鉱は北海道芦別市にあった炭鉱。芦別炭鉱の一つ。 昭和13年10月、熊ノ沢地域に開坑し熊ノ沢坑と命名された。昭和37年には採掘量20万tを超えたが昭和42年に閉山。...
三菱美唄炭鉱原炭ポケットは、北海道美唄市の美唄炭鉱に残る炭鉱施設。掘り出した石炭を一時保管するための施設である。
釜谷鉱山は北海道有珠郡壮瞥町にあった鉱山。 昭和16,7年頃に大徳鉱山として採掘開始、昭和27年より事業として硫化鉄を産出。昭和46年4月閉山。 レール跡、家屋跡など...
三井サンル鉱山(珊瑠鉱業所)は北海道上川郡下川町の鉱山。 大正6年に開鉱、昭和18年には最大で金310kg生産した。金山整備令で休山し昭和40年に再開したが、昭和40年...
大江鉱山は、北海道余市郡仁木町にあった小規模な鉱山。 明治23年に金山として開鉱、その後、亜鉛・マンガン鉱山と産出物を変えながら稼動し、昭和57年に閉山となった...
北海道三笠市弥生橘町に残る住友奔別炭鉱弥生坑坑口。 立坑が完成する前の斜坑時代の施設。住友奔別炭鉱立坑の建つ敷地上部にある弥生層(幾春別地区の初期の炭鉱開発...
明治鉱山は北海道余市郡赤井川村にあった鉱山。 余市川と白井川の合流部から白井川を約3km遡った右岸にあった。 明治10年頃発見。明治23年に三井物産が試掘を行い、明...
石狩油田(八の沢鉱業所)は北海道石狩市にあった油田。 安政5年(1858年)に幕府箱館奉行所石狩詰役所の荒井金助が、厚田望来の海辺のあたりに石油が浸透しているの見...
珊瑠鉱山(さんるこうざん)は北海道上川総合振興局管内の上川郡下川町にあった鉱山。珊瑠金山(さんるきんざん)とも呼ばれる。金、銀、珪酸鉱を産出した。 1917年の...
北海道三笠市にある新幌内炭鉱選炭場跡。
幌内本沢炭鉱は、北海道三笠市にあった炭鉱。1879年に開鉱、1989年に閉鎖。 コンクリート遺構が残っ散る。2005年以降、幌内炭鉱景観公園として周辺整備がなされている。
夕張大新坑は、北海道夕張市にあった坑口。 明治40年に夕張炭鉱で唯一の入排気目的以外の立坑として開発開始。一時中断の後大正2年10月に再開、夕張第二鉱大新坑として...
真駒内鉱山は北海道札幌市南区の鉱山。 1932(昭和17)年頃に本格稼働し1955(昭和30年)頃に閉山。 目立つ遺構は見られないらしい。 地図はおおよその地点。
上砂川炭鉱は北海道空知郡上砂川町の炭鉱。 索道施設跡が残る。
北炭幌内炭鉱布引立坑風洞トンネルは北海道三笠市にある幌内炭鉱の排気立坑。 入り口は残っているが、藪が深いため冬季にのみ確認できる。
桂岡鉱山は北海道檜山郡上ノ国町にあった鉱山。鉄鉱が採掘された。 1952(昭和27)年採掘開始。1960(昭和35)年、磁選精鉱所が建設された。
亀田鉱山は北海道函館市鱒川町にあった鉱山。 明治40年頃発見されたが、明治43年に休山した。大正に入り溶鉱炉が建設され採銅を行ったが大正10年に休山。 昭和24年か...
メップ鉱山は北海道今金町にあった鉱山。 銅・鉛・亜鉛・マンガンが採掘されていた。 明治37年発見。明治39年村上氏が採掘権を得て1907(明治40)年開坑。間もなく休...
右左府鉱山は北海道沙流郡日高町にあった鉱山。「八田鉱山」として紹介されていることもある。 八田鉱業がクロムを採掘していた。 人工の滝「サンゴの滝」を越えた地...
今井島牧鉱山は北海道島牧郡島牧村にあった鉱山。 明治30年開坑。昭和28年休山。マンガンが採掘されていた。 付近には永豊鉱山もあった。
東邦福島鉱山は北海道松前郡福島町にあった鉱山。 明治27年発見。何度が鉱業権者が推移し度々休山。最盛期の昭和28年には年間1,028tのマンガンを出鉱していたという。 ...
恵山鉱山は北海道函館市にあった鉱山。 石井鉱業により硫黄が採掘された。昭和42年閉山。
南白老バライト鉱山は北海道白老郡白老町にあった鉱山。白老鉱山の南に位置する。 1950年頃に鉱床発見。1978年から露天掘りを開始し、近藤鉱業により重晶石(バライト...
三菱芦別炭鉱は北海道芦別市にあった炭鉱。芦別炭鉱の一つ。 1920年に三菱合資会社が石炭産業に参入、1921年から出炭を開始。採掘箇所は、数年間で10鉱区以上に拡大。1...
大岸鉱山は北海道虻田郡豊浦町にあった鉱山。 大岸大正10年に金鉱が発見された。当初は鉱石を本州まで運んで製錬していたが、昭和17年には日本産業振興株式会社豊浦精...
新幌内炭鉱変電所は、北海道三笠市にあった新幌内炭鉱の変電設備。 地図は凡その地点。
北海道歌志内市に残る住友赤平炭鉱排気立坑(住友上歌志内鉱第一立坑)。上歌志内炭鉱時代に建設された。深さ248m。
イトムカ鉱山(イトムカこうざん)は、北海道網走支庁(現・オホーツク総合振興局)管内常呂郡留辺蘂町(現・北見市留辺蘂町)にあった鉱山のことである。良質な水銀が...
茅部鉱山(かやのこうざん)は北海道二海郡八雲町にあった鉱山。 銀・アンチモンが採掘された。 野田追川支流下二股川付近に位置する。
富内鉱山は北海道勇払郡むかわ町にあった鉱山。 クロムが採掘されていた。 地図はおおよその地点。
東金山金鉱山は北海道様似郡様似町にあった鉱山。 江戸時代初期、1635年(寛永12年)に松前藩よって開発された。1669年(寛文9年)のシャクシャインの戦いに伴い閉山を...
大成鉱山は北海道北見市留辺蘂町にあった鉱山。 1929(昭和4)年、泉地区(当時は相内村)一帯に鉱区権を所有していた愛媛県選出の貴族院議員佐々木長治が、地元の土佐...
長万部鉱山は北海道山越郡長万部町にあった鉱山。 日本鉱業(株)により金・銀・鉛・亜鉛・マンガンが採掘されていた。1943年閉山。 二股温泉への道を右に折れ、林道...
敷生鉱山は北海道白老郡白老町にあった鉱山。1891(明治24)年:最初の移住者が入植し、造材業や製炭業、牧場などを営む。 1914(大正3)年に発見される。 その後第一...
仲洞爺鉱山は北海道壮瞥町にあった鉱山。 管理されている。
今井鉱山は北海道檜山郡上ノ国町にあった鉱山。 今井石崎鉱山・今井本庫鉱山とも言われる。 鉛・亜鉛・マンガンが採掘されていた。 地図はおおよその地点。
奥尻鉱山は北海道奥尻郡奥尻町にあった鉱山。 明治41年に早瀬家の長男忠太郎と三男常治が鉱床を発見し、翌年に採掘権を得、同44年1月より掘削開始。硫黄が採掘されてい...
江良鉱山は北海道松前郡松前町にあった鉱山。 大鴨津川流域に位置し、対岸から架空索道が張られ左岸の選鉱所へ鉱石は搬出されたいたという。 旧ユガンコウ鉱山と旧大...
北海道美唄市落合町に残る三菱美唄炭鉱のポッパー跡。
太刀別炭鉱(九州鉱山太刀別鉱)は、北海道雨竜郡沼田町にあった炭鉱。1963年に開鉱、1969年に廃鉱。 坑口から南西方向に長い索道が設置されていた。 昭和地区に向か...
三井芦別炭鉱は日本北海道芦別市にあった炭鉱。 三井芦別炭鉱は芦別炭鉱の一つ。 1943年、三井芦別炭鉱が操業開始。1992年閉山。 地図位置、北海道芦別市の工業団地...
千歳鉱山は北海道千歳市にあった鉱山。 1933(昭和8)年、上流で金の露頭を発見されたことに始まる。翌1934(昭和9)年、ゼロ戦や隼で知られる中島飛行機の中島商事が...
切羽の史蹟は、北海道札幌市南区石山に残る札幌軟石の採石場跡の一つ。公園として整備されつつあるという。 周辺は旧石切場の地区であり、その他にも家屋系廃墟などが...
武華鉱山は北海道北見市(網走支庁常呂郡留辺蘂町)にあった鉱山。金・銀が採掘されていた。 大正14年に脈石英の転石が発見されたことから、当初は土砂鉱の採掘が行な...
八十士鉱山(やそしこうざん)は北海道紋別市にあった鉱山。 1905年開山。住友金属鉱山により金が採掘された。また辰砂も採掘されたらしい。 詳細不詳。地図はおおよ...
旭水銀鉱山は北海道常呂郡置戸町にあった鉱山。 水銀が採掘されたが、辰砂の産地としても知られ、紅の沢と通称される。 地図はおおよその地点。
根室鉱山は北海道標津郡標津町の鉱山。イケショマナイ川上流に位置する。 大正初期から金・銀・銅が採掘されていた。当時約30,000t出鉱をみたという。 かつては横牛川...
矢矧鉱山は北海道紋別郡遠軽町の鉱山。 浦島内川中流に位置し、鉱床は含金銀石英脈。 1933年採掘開始。1934年、二木工業上生鉱山と改称し本格経営に入る。1946年休山...
正荘鉱山は北海道寿都郡寿都町にあった鉱山。98 明治43年に鉱業権が設定され、昭和11から13年頃に一時採堀され、昭和25年から田所篤三郎の所有となり探鉱されたが間も...
糠平鉱山は北海道平取町にあった鉱山。 1936年より日本化学(株)がクロム・ニッケルを採掘していた。 地図はおおよその地点。
羅臼鉱山は北海道羅臼町にあった鉱山。 日窒鉱業(株)により硫化鉄鉱・黄鉄鉱が採掘されていた。 地図はおおよその地点。
置戸鉱山は北海道常呂郡置戸町にあった鉱山。 野村鉱業により水銀が採掘された。1953年閉山。 上鉱山、下鉱山のバス停名、野村鉱業置戸鉱山跡の石碑が残る。
赤神鉱山は北海道松前郡松前町にあった鉱山。赤神川の上流、約4kmに位置する。 江戸時代より記録があり、大正・昭和まで何度となく開抗・閉坑を繰り返し鉛・亜鉛が採掘...
蘭東鉱山は北海道登別市にあった鉱山。 宍戸鉱業により砂鉄が採掘されていた。 大正10年に東京都の大石某が鉱業権を設定、その後昭和18年には室蘭市の藤沢某、同19年...
武佐鉱山は北海道標津郡標津町にあった鉱山。 ソウキップカオマナイ川上流に位置する。 跡佐登硫黄(株)により硫黄が採掘されていた。 地図はおおよその地点。
御三流鉱山(おさんるこうざん)は北海道松前郡松前町にあった鉱山。小鴨津川流域に位置する。 火薬庫のような小屋が残っているという。
上羽幌抗索道貯炭場は北海道苫前郡羽幌町の炭鉱遺構。道道747号線沿いに位置する。 羽幌炭鉱の関連遺構。 上羽幌坑は昭和22(1947)年8月に開坑。選炭施設がなかった為...
福住炭鉱は、北海道赤平市にあった炭鉱。 採掘期間は昭和30年~39年と短かった。昭和36年に爆発事故を起こしている。 ホッパーや関連施設遺構が見られる。
北海道夕張市清水沢清栄町に残る北炭清水沢炭鉱事務所跡。 現在は木箱製造会社の作業場となっている。廃墟ではない。
北海道夕張市清水沢清栄町にある1947(昭和22)年に開鉱した北炭清水沢炭鉱の繰込所。 現在は別会社の事務所、倉庫として使用されており、内部は改装されている。
角田炭鉱(栗山炭鉱)は、北海道夕張郡栗山町にあった炭鉱。 坑口跡や関連施設跡などが見られる。ただし現在も事業継続中のエリアがあり、私有地のため、立ち入りは禁...
北海道三笠市に残る新三笠炭鉱危険物保管庫。