月形炭鉱 概要・歴史

月形鉱業月形炭鉱は北海道樺戸郡月形町にあった炭鉱。

1947(昭和22)年に石狩炭鉱が本格的な採炭活動を始める。最盛期には山元の職員40名、鉱員200名が暮らしたという。

1963(昭和38)年4月に閉山。

坑口と巨大な選炭場基礎、ホッパー跡らしき施設などが残る。

地図はおおよその地点。

状態
2011年09月15日 作成
2019年05月23日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

月形炭鉱 住所

北海道樺戸郡月形町

月形炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

月形炭鉱 ストリートビュー・空中写真

月形炭鉱 関連ブログ・参考リンク

月形町 月形炭鉱 坑口跡と選炭施設
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top361.html
川渡りを繰り返す昭和22年頃に本格的に採炭がなされた本炭鉱は、最盛期には鉱員200名以上の集落も形成されていた。6kmの距離にある「豊ヶ岡駅」までは索道があり、当時は積み出し駅として栄えた。昭和38年4月に閉山してから約50年。相当な山奥へ向かう。札幌近郊とは
月形炭鉱跡 探検: 北の細道
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top360.html
月形炭鉱で廃墟を登る北海道月形町札幌の北70分に位置する月形町は、明治14年に設置された樺戸集治監とともに誕生し、石狩川に沿った静かな農村として発展してきた。現在では「道民の森」という自然リクリエーション施設もあり、自然が豊かで公園も多い。山中にはかつて、須部
月形炭鉱
月形炭鉱▲ 404?
http://members3.jcom.home.ne.jp/bighorn3/tankou/tukigata/tukigata1.html
月形鉱業月形炭鉱2009年5月探訪途中にあった浴場跡か?住宅跡、煙突が立っている坑口密閉されている下から見るとこんな感じホッパー中を覗いてみる台の下には、材木が押し込まれ広角レンズ、やっぱりいいな真下から上がっていってみると、途中にあった?わからない?上がりき
月形炭鉱 めざせ炭坑跡編:べっかんこ空知:So-netブログ
http://burasorabeka-n.blog.so-net.ne.jp/2009-08-23
旧タイトル「月形炭坑めざせ炭坑跡編」月形炭坑は月形の須部都川上流にあった炭坑で、近くに200人ほどが住む集落と学校があったそうです空知支庁のサイトにものっています数年前に一度訪れているのですが、そのときは川を渡れずに近づけなかったので長靴担いでの再訪となりまし
drecom_haikyoのブログ : 月形炭鉱へ
http://haikyo.dreamlog.jp/archives/1781083.html
お盆休みとはいえ実家に帰らなければただの連休。いきなり連休なんかもらえてもやたら暇なだけ。ということで、かねてより懸案だった月形炭鉱へ行ってみることにした。月形町を流れる須部都川支流のポン須部都川源流近くに位置するためコペンでは難航が予想された。ところが、R2
月形炭鉱跡|Recommended Spots|悠太|Minkara - The Car & Automobile SNS(Blog - Parts - Maintenance - Mileage)
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/116151/spot/652621/
空知地方の月形町にかつてあった炭鉱の跡地ですが、炭鉱の中でもかなりマイナーなので、おそらく閉山後はほとんど未踏と思われます。森の奥深くに隠れているのでとにかく発見が困難です。私もほとんど偶然見つけたようなものですから。。。昭和38年閉山で、写真の坑口や選炭関連

ピックアップ廃墟