豊羽鉱山

豊羽鉱山(とよはこうざん)は北海道札幌市南区定山渓にあった金属鉱山。銀、インジウム、亜鉛、鉛などを産出していた。インジウムの産出量は世界第1位であった。

1800年代後半に採掘開始。2006年に閉山した。

かつては多くの住民が本山地区で生活していたため、小中学校や団地、体育館、プール、神社等が、比較的きれいな状態で廃墟となっている。

南区石山地区には、選鉱所跡や配水場が残されている。ただし、立ち入り禁止となっているため、関係者以外は自由に出入りすることができない。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

豊羽鉱山 住所

北海道札幌市南区定山渓

豊羽鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

豊羽鉱山 画像

豊羽鉱山 写真・ブログ・リポート

豊羽鉱山(とよはこうざん) ~ 残念ながらついに閉山 ~
http://www5.plala.or.jp/tepuia/mine_toyoha.html
2008年5月25日 豊羽鉱山は、鉛、亜鉛、そして、レアメタルであるインジウムの鉱山として、ついこの間( 2006年3月)まで、稼行していた鉱山です。 報文」には、白井川鉱床について詳しく 報告され、播磨ヒの露頭と思われる所に、3箇所の廃坑があったと記されています。 現在は、下川鉱業が権...
北海道、アズーロ日記 豊羽鉱山
http://azzurro011.blog105.fc2.com/blog-entry-88.html
5 日前 むこうになにやら大きな施設が見えてきました。「豊羽鉱山」です。 2006年に廃坑に なるまで、液晶や半導体の生産に欠かせない「インジウム」の世界一の産出量を誇った 名だたる鉱山だったそうです。 手前の四角い建物が「豊羽鉱山株式会社
豊羽鉱山の巨石 - 時の旅人Yoshipyuta - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/smkss434/6808090.html
2010年9月22日 豊羽鉱山の巨石. 傑作(0). 2011/11/2(水) 午後 6:34 · 武農塾 · 秋 · Yahoo!ブックマーク に登録. クマが出てきたらどうしようか?さらに上流に上る。 廃坑になったのだが インジウムの埋蔵量は世界一である。 イメージ 1. 細々と稼動しているよう
豊羽鉱山・消えゆく北海道最後の金属鉱山
http://www.asahi-net.or.jp/~re4m-idgc/TOYOHAKOUZAN.htm
かつては全国各地にあった金属鉱山も減少を続け平成17年において日本の大規模な 金属鉱山は鹿児島県の菱刈金山と札幌市の豊羽鉱山の2ヶ所だけです。その豊羽鉱山 もついに 平成14年3月に廃校になった豊羽小中学校。校舎はなかなかの規模を誇り
豊羽鉱山 見学報告/札幌市南区
http://www.city.sapporo.jp/minami/yawa/kengaku/20061025toyoha/toyoha2/kengaku.html
2006年10月25日 少し汚れてきているものの、まだまだ新しくて大きい建物の豊羽小中学校(写真4)。廃校 になった平成14年(2002年)には生徒が4人しかおらず、札幌で最も小さい小学校でした 。 豊羽鉱山の中で最も大きく感じた建物が選鉱場です(写真5)。
朽木洞図書館 水松沢精錬所
http://soranosebone.blog80.fc2.com/blog-entry-30.html
豊羽鉱山の関連施設。周りは笹薮で覆われ、近づくことが出来るのは今時期だけであろう。大正時代に建てられた建物であるが、使用されていた時期は短い。
豊羽鉱山
http://members3.jcom.home.ne.jp/bighorn3/kouzann/toyohakouzan/toyohakouzan1.html
豊羽鉱山2011年4月2013年8月11月探訪当初は現在のように多数の鉛、亜鉛鉱脈は発見されておらず、もっぱら播磨金通上部の金、銀鉱を対象に稼行し長門金通の含マンガン方解石あるいは菱マンガン鉱を製錬の溶剤として使用していた。明治42年(1909)武田己知衛、地
水松沢精錬所跡 | ちょっと探検な日記
http://black.ap.teacup.com/isan/423.html
豊羽鉱山専用線を辿っていくと、水松沢精錬所へたどり着きます現在も精錬所の一部施設が残っていました。かつて住宅があった場所でしょうか森の中に橋が残っていました。
豊羽鉱山 水松沢(オンコノ沢)精錬所 札幌市 南区 産業遺産 定山渓鉄道 北海道
http://www12.tok2.com/home2/airtax04/sangyo42.htm
豊羽鉱山水松沢(オンコノ沢)精錬所豊羽鉱山の精錬施設。豊羽鉱山専用線の終点である「オンコノ沢」付近に、精錬所や高架索道、発電所、診療所、郵便局、私立学校などがあり、大正期1500人規模の町があった。元山から約10km先の“オンコノ沢”に、大正建設の精錬所が残る
豊羽鉱山 水松沢精錬所: At the place - その場所で -:So-netブログ
http://junk-life.blog.so-net.ne.jp/2011-05-05
雪どけっぽい写真ですが、実は昨年10月に積もった雪です。夏になると笹薮が深くなり、見つけるのが困難になる場所ですが雪が積もってもダメだ・・・な例(笑)反対側はこんな感じ・・・。
豊羽鉱山跡|やんまのブログ
http://ameblo.jp/yama-change/entry-11594212807.html
定山渓温泉街から約13Km奥に「豊羽鉱山跡」があります豊羽鉱山は、銀・インジウム・亜鉛・鉛などを産出していた鉱山で、インジウムの産出量は世界第1位だったそうです。豊羽鉱山の周辺は本山地区とも呼ばれ、かつては多くの住民が本山地区で生活していたため、小中学校や団地
豊羽鉱山跡の探検 - Biglobe
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top731.html
廃坑 足元から坑道地面までも数mあり、 縄梯子でもないと下りれない。 下って奥を確かめたいが・・・。 坑道 これはどうやら水に関連した坑だ。 取水か発電の設備の一部かもしれない。 いかにもの坑道とは少し違う。 取水坑 更に上流にも遺構は続く。 鉱山内に 
豊羽鉱山専用線 - 廃線跡Report
http://www.geocities.jp/xxreport2/repo/toyoh.html
水松沢 - 錦橋 藤の沢 - 選鉱場 【主な駅】 -【沿 革】 1939.04 開通 1944. 休止(採掘休止のため) 1950. 再開 1963.09 廃止 鉱石輸送のために、豊羽鉱山の施設があった水松沢より定山渓鉄道の錦橋に接続していた
豊羽鉱山(札幌市南区) - インターネット接続と
http://www.aikis.or.jp/~kage-kan/01-3.Doo/Sapporo_Minami_Toyoha.html
昭和13 定山渓‐元山間の自動車道路開通(10月) 昭和14 水松沢‐元山間、藤の沢‐石山選鉱場間に鉱山専用鉄道完成。鉱石輸送開始(7月) 昭和30 本山‐水松沢間の馬橇廃止(4月) 本山‐錦橋間に定期自動車運行開始(5