余市鉱山(よいちこうざん)は北海道余市郡余市町にあった鉱山。 1885(明治18)年発見。1934(昭和9)...

余市鉱山

余市鉱山 概要・歴史

余市鉱山(よいちこうざん)は北海道余市郡余市町にあった鉱山。 1885(明治18)年発見。1934(昭和9)...

余市鉱山 画像

1974-1978年 国土地理院

近くのスポット

余市鉱山 ストリートビュー・空中写真

余市鉱山 関連ブログ・参考リンク

http://www12.tok2.com/home2/airtax04/tanken-yoichikouzan.htm
余市鉱山探検探検前に、まず腹ごしらえ。ここは、有名な蠣崎商店。余市町内。八重桜、満開。心が和んできました。これからの探検に向け、テンションあがりました。山奥へ。心細くなってきた。集落が見えてきた。廃校、発見。レトロな商店。謎のコンクリート構。ゲート。余市鉱山記
http://blog.goo.ne.jp/suzyjb332001/e/5fbf55e891f7a3b843009c22258f86b1
「余市鉱山入口」走行日:2014/7/6場所:余市町路面:砂利かつては進入可能だった余市から古平へと抜けられた「梅川・沖村川林道」の入口探索に出掛けてみた。まずは余市市街を過ぎ「出足平峠」の「梅川トンネル」を出た左手清掃工場が在るのですが清掃工場が閉鎖となった
http://blog.livedoor.jp/airtax04/archives/51784821.html
余市町・古平町・大江町に跨る鉱区を有した、余市鉱山。採鉱場のあった豊浜地区に、記念碑が建てられている。豊浜地区の風景。主に、銅・鉛・亜鉛・硫化鉄の精鉱を産出したが、昭和38年、枯渇により閉山。訪問日:2009年5月。
http://www.geocities.jp/kkktkh/sanngyouisan/yoitikouzan/yoitikouzan.html
余市鉱山湯内坑大正時代から住友合資会社が鉱区を取得して、銅、鉛、亜鉛、硫化鉄など産出していた鉱山。昭和38年に資源枯渇により閉山されました。現在「余市鉱山記念公園」として整備されているここには、昔坑口があって、掘り出された鉱石は索道で山の向こうの選鉱所まで運ば
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top190.html
余市鉱山でクワガタを見つける北海道余市町昭和37年の山津波、そして平成8年2月の大崩落事故。国道229号線豊浜トンネルは何度も大きな事故があった。現在は慰霊碑と共に新豊浜トンネルが完成し安全に通行できる。この山中には戦前より銅・鉛・亜鉛を採掘した鉱山がある。昭
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top191.html
巨大プラントと静かな坑口へウイスキー工場や宇宙飛行士出身の町として有名な北海道余市町。近隣の仁木、古平、泊にも鉱山が集中しているが、今回は余市ダム周辺と湯内川上流の2ブロックに分散する本鉱山を探索してみよう。小樽から海沿いの余市町は、フルーツ産地としても有名で
http://www5.plala.or.jp/tepuia/mine_yoichi.html
書かれた扉で閉じられている。この他に「古住坑」と他2坑あるようなのだが、この日の廃鉱探訪は「おまけ」であったのと、湯内坑が記憶のまま残存していたことに満足し、余市鉱山を後にした。 地名「湯内(ゆうない)」 同名の
余市鉱山 関連ワード
  • 鉄鉱
  • 鉱山
  • 閉山