幌別鉱山黄渓は北海道有珠郡壮瞥町にあった硫黄鉱床。 1902(明治35)年頃発見、1904(明治37)年から...

幌別鉱山黄渓

幌別鉱山黄渓 概要・歴史

幌別鉱山黄渓は北海道有珠郡壮瞥町にあった硫黄鉱床。 1902(明治35)年頃発見、1904(明治37)年から...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

幌別鉱山黄渓 ストリートビュー・空中写真

幌別鉱山黄渓 関連ブログ・参考リンク

http://www.aikis.or.jp/~kage-kan/01-3.Doo/Sobetsu_Okei.html
◆黄渓(おうけい)※この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「徳舜瞥山」(昭和44.3)を使用したものである所在:壮瞥町黄渓地形図:後志立川/ニセコ礼文華峠/豊浦異表記:硫黄山(集落旧称)形態:川沿いの斜面に家屋や施設が集まる離村の背景:産業の衰退標
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top90.html
幌別鉱山の廃村を訪ねる北海道壮瞥町黄渓明治35年、露頭を発見大正3年、待ち望んだ架空索道が開通。昭和13年には戸数400戸を数える一大硫黄鉱山集落となった。最盛期には硫黄30,800トン、硫化鉄鉱3,700トンを採掘するまで成長したが、しかし重油精製時の回収硫
http://jm-hokkaido.sakura.ne.jp/is-oukei.html
幌別鉱山黄渓明治35年(1902年)ころ、弁景の高橋新三郎が黄渓の地に硫黄の露頭を発見、37年から採掘がはじまったが、積雪のため製品の搬出にも不便があり41年には業績不振で操業中止。44年に札幌の五番館の経営者の所有となり、本格的な硫黄の精錬を開始し大正5年に
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top91.html
山上の廃村へ6月の初め、青空の下、標高900m付近のオロフレ峠を上る。壮瞥側から登別を目指し冬季閉鎖のダート道に入る。ここまで登ると空気はひんやりして軽い。グラベルは砂利深く、通行は少ないようだ。ずっと奥には鉱山系の露肌が望める。はるか眼下の谷底には、鉱山らし
http://plaza.rakuten.co.jp/baraifore/diary/200702260000/
大峠とは道内最大の硫黄鉱山が壮瞥町黄渓に有りました。明治44年壮瞥硫黄山から硫黄鉱索道で幌別鉱山まで運ばれ(8キロ)このころから幌別鉱山と呼ばれているそうです。その山越えをした索道が大峠を通っていたので大峠と地名が付いたようです。かつては道も有ったらしいのです
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top1400.html
幌別鉱山で排気坑に遭う北海道登別市昭和48年の閉山から41年が経過しても、酸性坑内水の流出は続いている。金・銀・銅鉱床としてすでに開坑されていた幌別鉱山岩ノ崎・旭鉱の、別鉱床として開発された弁景(黄渓)地区の硫黄鉱床は、明治44年にこれらも含めて「幌別鉱山」と