北見鉱山(伊奈牛鉱山)は北海道紋別郡遠軽町にあった鉱山。 伊奈牛川沿いにある山神鉱床、六ノ沢鉱床...

北見鉱山(伊奈牛鉱山)

北見鉱山(伊奈牛鉱山) 概要・歴史

北見鉱山(伊奈牛鉱山)は北海道紋別郡遠軽町にあった鉱山。 伊奈牛川沿いにある山神鉱床、六ノ沢鉱床...

北見鉱山(伊奈牛鉱山) 画像

1948年4月当時の北見鉱山(伊奈牛鉱山)
1948年 ©国土地理院

近くのスポット

北見鉱山(伊奈牛鉱山) ストリートビュー・空中写真

北見鉱山(伊奈牛鉱山) 関連ブログ・参考リンク

http://orange.zero.jp/zbc54213.wing/kitamikouzan-01.html
・主な産出金属(鉱物)  :金、銀、銅、亜鉛、鉛、 インジウム、ビスマス(どちらも少量)  ・鉱脈発見時期~閉山年:1914年(T3)頃~1963年(S38)  ・主な経営企業      :主に住友系企業が閉山まで経営。 
http://members3.jcom.home.ne.jp/bighorn3/kouzann/kitami/kitamikouzan1.html
北見鉱山(伊奈牛鉱山)2010年5月  探訪概要北見鉱山(伊奈牛鉱山)は、昭和8年住友による調査の結果、伊奈牛に有望な鉱床が発見され17年に準重要鉱山に指定、18年には金山の線鉱場下手に起業事務所、社宅を建設した。その後、22年には重要鉱山に指定を受け、23年
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top301.html
大正3年(1914)に発見された本鉱床は、試掘権が何度も移行し大きな成果が無いまま、大正7年(1918)一度廃坑になる。その後、15年ほどして再び開発され、生産性のある有望な鉱床を発見した後も幾多の経営主体に変貌しつつ、金18kg、銀21t、銅、鉛、亜鉛900
http://jm-hokkaido.sakura.ne.jp/is-kitamikouzan.html
北見鉱山旧丸瀬布町(遠軽町)、と旧遠軽町の境界付近に国道333号に湧別川を渡たる金山橋がある。その名前が気になっていて何気なく車窓を見ると、鉱山の跡らしいものが見えていて前から気になっていたので訪問してみた。集落があったと思われる場所は荒れ地となっていた。細か
http://hikyoutaki.blog.fc2.com/blog-entry-403.html
2014年5月21日 鉱山跡は精錬所と坑口が見つかれば成功といえますが、今回は大成功さらに坑口がありそうなので、場所を変えて探険してみます。 林道を2kほど進むと、ありま ここは廃鉱後、管理会社がしっかり管理しているようです。 FC2 Management.
http://blog.livedoor.jp/sorairocm/archives/2796041.html
持ち主が何度か変わって廃坑になりましたが、. その後、住友が改めて調査し、採算が取れそうだとの結論を得て. 昭和9年から本格操業を開始。38年まで金、銀、銅、亜鉛などを産出していました。 石と山 さて車を道なりに走らせて行くと、.
http://tansakunoato.blog.fc2.com/blog-entry-590.html
2014年9月6日 その後試掘と廃坑が繰り返され最終的に住友が買収、 . ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/08/20 08:46) (08/20) ・ At the place - その場所で -:明治本岐炭鉱 - 1 - (03/04) ・ At the place - その場所で -:根室本線ツ黴
北見鉱山(伊奈牛鉱山) 関連ワード
  • 亜鉛
  • 登って
  • 閉山
  • 黄鉄鉱