美唄炭鉱(びばいたんこう)は、北海道美唄市周辺に存在した炭鉱群の総称。新美唄炭鉱、沼貝炭鉱、錦旗....

三菱美唄炭鉱

三菱美唄炭鉱 概要・歴史

美唄炭鉱(びばいたんこう)は、北海道美唄市周辺に存在した炭鉱群の総称。新美唄炭鉱、沼貝炭鉱、錦旗....

三菱美唄炭鉱 画像

炭鉱メモリアル森林公園
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
三菱美唄炭鉱の竪抗巻揚櫓跡(炭鉱メモリアル森林公園)
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
三菱美唄炭鉱の竪抗巻揚櫓跡
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
三菱美唄炭鉱の開閉所(炭鉱メモリアル森林公園)
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止
開閉所
© 2018 廃墟検索地図 転載禁止

近くのスポット

三菱美唄炭鉱 ストリートビュー・空中写真

三菱美唄炭鉱 関連ブログ・参考リンク

http://www.ab.auone-net.jp/~haikyo/haisen/bibai/bibai.html
美唄鉄道、三井美唄炭鉱、三菱美唄炭鉱. 美唄市内の南美唄地区には三井系の 炭鉱が、茶志内地区には三菱系の炭鉱、そして東美唄地区には三井系と三菱系の炭鉱 が存在した。また、南美唄地区、 完全に廃墟と化しているが面影は残っている。映画 や
http://tristar.at.webry.info/201004/article_12.html
2010年4月27日 トライスターの炭鉱と廃線と廃墟の放浪日記の三菱美唄炭鉱に関する詳細記事。( Powered by BIGLOBEウェブリブログ)北海道、美唄市にあった炭鉱です。
http://homepage3.nifty.com/rurounotami/tanto_bibai01.htm
美唄炭鉱編 1. 美唄地域の主要炭鉱は三菱と三井による財閥系が開発に着手した。 三菱美唄炭鉱は1913年(大正2年)開鉱。年産160万トン級 三井美唄炭鉱は1918年 (大正7年)開鉱。100万トン級の鉱山であったが、三菱より早く1963年(昭和38年)に 閉山している。閉山からの年 ようである。 三井美唄炭鉱の関連施設なのか、廃墟が 残る。
http://www.d4.dion.ne.jp/~tatsya_k/phoga03.htm
Gallery03 廃墟と産業遺産03 空知地方 美唄市の
http://daikoube.blogspot.com/2011/09/blog-post_8498.html
1 日前 三菱美唄炭鉱. 慰霊碑から奥へ. 道路の矢印は雪で見えんようになった時の. 歩道と 車両の境目。 さすが北国やなぁ。 未だに露天掘りで少し石炭掘ってたなぁ。 冬だけ ひらくスキーのナントカ。 この辺りは廃墟だらけやったみたい。 さらに奥へと。
http://kuromax.web.fc2.com/ruin/hokkaido/mine/bibai/bibai1.htm
BibaiCoal Mine
http://blogs.yahoo.co.jp/tkykfkgw/5968315.html
2011年4月6日 大きくは、三菱美唄炭鉱、三井美唄炭鉱、中小としては新美唄炭鉱、沼貝炭鉱、錦旗 炭鉱. 駐車場から「炭鉱メモリアル森林公園」を望む. イメージ 1. 原炭ポケット(採掘した 炭をを入れる所) 開閉所(電気関係のすべてを制御した) イメージ 2
http://blogs.yahoo.co.jp/kitakara_kenbun/46562762.html
2012年8月23日 テクテク美唄炭鉱 我路編~という、炭鉱でにぎわったガロ地区を歩くイベントが8月19日 にあった。 初めてでは、一人では行けそう 度近くも上がった。次に、三菱美唄記念館 へ向かった。 美唄炭鉱の廃鉱跡ですか?過去には至る所に炭鉱
http://tobirahorizon.blog109.fc2.com/blog-entry-567.html
21:57 | trackback: 1 | comment: 0 | edit. △. ≪ 美唄炭鉱開閉所。 | 札幌冬季オリンピック、ボブスレーゴールハウス跡。 ≫ 趣味は読書と写真、廃墟巡りなど。産業遺産を中心に探索したいなと思っています。 カメラ:Pentax K10D twitter: 
http://ameblo.jp/jinjingtr/entry-11541265828.html
炭鉱メモリアル森林公園炭鉱の廃墟と言うか、産業遺産ですね。綺麗に塗装されて保存されていました。実は僕、かなり廃墟も好きなんですよ(笑)廃墟ドライブも結構行くんですよ。廃墟ファンていますよね。ちょっとマニアックそうなんですが(笑)、旅行でギリシャに行って「パルテ
http://nishinomiyaseiti.web.fc2.com/hauntedplaces/bibai.html
北海道にバイクで来た時の為の拠点を作る為、札幌市の外れに土地を買いました。市街地から離れているという事もあって、かなり安くで手に入りました。飛行場の近くです。2016年1月現在まだ手を付けていない状態ですが、雪が溶けて春になったらミニログハウスを据える予定です
http://minkara.carview.co.jp/userid/1755404/blog/31698120/
このブログを参考に…日曜日、再度美唄へ行きます。あと奔別炭鉱に‥一先ずサイドシル、フロントブレーキはオーバーホール完了です。なにぶん2ストで30年落ちの老体ジムニーなので激しい走りは心配です。 普通には遠乗り
http://kam-r.sub.jp/ainu/111garo3.html
http://kam-r.sub.jp/ainu/111garo1.html
http://jm-hokkaido.sakura.ne.jp/san-07.html
三菱美唄炭鉱滝ノ沢発電所美唄炭鉱の滝ノ沢発電所は、美唄川上流にある炭鉱施設への電力供給のため、昭和5年?15年?に完成した。重厚な約20mの高さのコンクリートの建物内は、外観だけ残っていて屋根も無く、窓は空の色を映していた。発電所の役目を終えた後、年月が経ち老
三菱美唄炭鉱 関連ワード
  • シンボル
  • フットパス
  • 三笠
  • 三菱
  • 三菱美唄炭鉱病院
  • 円形校舎
  • 北海道
  • 場所
  • 常盤台
  • 平和
  • 意味
  • 感じる
  • 母親
  • 炭鉱
  • 立坑
  • 臨時列車
  • 航空写真
  • 設置
  • 踏み石