朝日炭鉱は北海道岩見沢市にあった炭坑。 明治末期から採掘され、戦後は朝日炭鉱株式会社(昭和24年以...

朝日炭鉱(朝日駅)

朝日炭鉱(朝日駅) 概要・歴史

朝日炭鉱は北海道岩見沢市にあった炭坑。 明治末期から採掘され、戦後は朝日炭鉱株式会社(昭和24年以...

朝日炭鉱(朝日駅) 画像

1974-1978年 国土地理院

近くのスポット

朝日炭鉱(朝日駅) ストリートビュー・空中写真

朝日炭鉱(朝日駅) 関連ブログ・参考リンク

http://blogs.yahoo.co.jp/kitakara_kenbun/47631304.html
朝日小学校は廃校になり、今はパークゴルフ場になっていた。平成11年3月31日閉校・・・58年の歴史に幕. ついこの間まで、ここに小学校があったんだな 万字線は走ったことありますよ! 小学校のスキー遠足は岩見沢荻の山市民スキー場でした。 白石駅から確かSLだった気がする。 万字線上志文駅だったような??? 2013/10/22(火) 午後 9:22 コニー. 顔アイコン. 万字線なんていうのがあったんですねぇ?! しらなかったぁ。 一応私も出身は北空知なんですが・・(笑) 岩見沢・・・私のイメージとして 
http://azusan36.blog40.fc2.com/blog-entry-1507.html
万字線(まんじせん)は岩見沢市の志文駅(室蘭本線)から、栗沢町の万字炭山駅までの総延長がたった23.8 kmの短い路線です。 万字炭鉱から産出される石炭の積み出しのため軽便鉄道法に則って、1914年(大正3年)11月11日に万字軽便 
http://tansakunoato.blog.fc2.com/blog-entry-575.html
朝日駅の北側にある、朝日炭鉱選炭場の遺構。ホッパなどの大きなものは見られなかったが林の中に坑口や何かの建物基礎などが点在。何の建物だったのだろうか?ここの周辺にはいろいろな資材が落ちていた。太い鉄材がみえる。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top920.html
北海道 朝日炭鉱を探検. 明治末期に開坑した朝日炭鉱は、 国鉄 万字線が開通した1914年(大正3年)以降、 朝日駅が設置された1919年(大正8年)頃から、 大規模に出炭を開始した。 沿線の美流渡坑、万字坑と共に繁栄した本坑は、 1974年(昭和49年)にツ黴
http://hikyoutaki.blog.fc2.com/blog-entry-536.html
道央の岩見沢市も、かつて炭鉱で栄えた街のひとつ万字炭鉱他、いくつかの遺構がひっそりと山奥深くに眠っている。今回は、道路沿いにありながらも以外に知られていない、朝日炭鉱跡を探険して見ました。まずは郊外にある旧国鉄万字線の朝日駅跡へ、ここは道道沿いにあり、昭和60
http://yamasoratan.blog62.fc2.com/blog-entry-2218.html
岩見沢市には昭和49年に閉山した朝日炭鉱がありました。旧国鉄万字線の朝日駅舎は現存しており、裏の山をちょっと進むと見えるのがこちら↓↓これは本坑へ向かう、連絡坑口ですこのさらに30mほど奥に、「朝日本坑」と書かれた坑口があるそう。平らになっている上部は、人が通
http://www.asahi-net.or.jp/~re4m-idgc/3HOUMONX.htm
朝日炭鉱と朝日駅万字線朝日駅跡朝日炭鉱は岩見沢市にあった中小炭鉱です。開発は明治末期から行われ、戦後は朝日炭鉱株式会社(昭和24年以前は日本硝子株式会社の商号)が経営にあたっていました。朝日駅北側に選炭場、駅北西部に炭鉱住宅が広がっていましたが今は原野に還って
http://kyuragi2011.blog.fc2.com/blog-entry-212.html
北海道岩見沢市朝日町。かつて志文駅から分岐した国鉄万字線は1914年(大正3年)に開通した、炭鉱の運炭を担った路線である。炭鉱閉山後しばらくして1985年(昭和60年)に廃線となっている。現在も駅舎がのこる大正8年新設の朝日駅も朝日炭鉱の人々及び石炭運搬の為の
https://ysnowy.exblog.jp/18098482/
岩見沢市の朝日炭鉱は1974年に閉山した中小炭鉱。しかし、かつての炭鉱病院や保育園などがあり、炭鉱町の面影が残っている。古くなったブロックの炭住や二階建ての炭住などは、北炭や三菱などの大手炭鉱とはまた違った趣のある炭住だ。しかも、そこには閉山後も人が住んでおり
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top921.html
お部屋に爽やかな春をよぶ…朝日炭室蘭本線志文駅から万字炭山23.8kmを結んでいた、旧国鉄万字線は沿線に10か所以上の炭鉱を抱えていた。この上志文駅は農業倉庫として保存されている。道々を夕張方面に向かう。上志文を出て最初の集落が朝日だ。1986年に鉄道公園とし
https://blog.goo.ne.jp/a-color0079/e/ec41efa88f0c821fd90833c9ae2b88a8
「そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター」で情報収集した我々は、一路、朝日炭鉱跡を目指しました。フォトアルバム[朝日炭鉱(110429)]朝日炭鉱跡が万字線の朝日駅の側にあるらしい、ということをネットで知ったのはつい最近。以前、万字炭山森林公園を訪れた際、帰り道
https://burasorabeka-n.blog.so-net.ne.jp/2009-09-09
朝日炭鉱のあとをいくつか坑口やらなんやらと注)当ブログを見て事件・事故に遭遇されたとしても一切責任を負いません。また、探索を勧めるものでもありません。旧朝日駅近くの山の斜面にある坑口斜抗は読めますが前半は不明パイプの前の札に、南と見えるので南部斜抗でしょうか?
http://nonintheair.blog78.fc2.com/blog-entry-3025.html
町のはずれにある朝日神社。昭和18年炭鉱の守護神「山神」と合祀して「朝日神社」と命名されたそう。簡素な社。桜の樹がいいですね。境内の奥に、朝日炭鉱記念碑が。朝日炭鉱閉山(昭和49年)の10年後に、ふるさと祭り実行委員の方々によって建立されたそうです。碑文には「
朝日炭鉱(朝日駅) 関連ワード
  • 万字炭鉱
  • 万字線
  • 万字線鉄道資料館
  • 姿
  • 岩見沢市
  • 志文駅
  • 感謝
  • 栗沢町
  • 炭鉱
  • 確かに