恵庭鉱山は北海道恵庭市の漁川上流部にあった金鉱山。 1932(昭和7)年に試掘開始、1939(昭和14)年か...

恵庭鉱山

恵庭鉱山 概要・歴史

恵庭鉱山は北海道恵庭市の漁川上流部にあった金鉱山。 1932(昭和7)年に試掘開始、1939(昭和14)年か...

恵庭鉱山 画像

1944年10月14日の空中写真
Copyright c National Land Image Information (Color Aerial Photographs), Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism [Attribution]

近くのスポット

恵庭鉱山 ストリートビュー・空中写真

恵庭鉱山 関連ブログ・参考リンク

http://tansakunoato.blog.fc2.com/blog-entry-561.html
鉱山探訪は二回目、前回の鴻之舞では精錬所に辿り着くことが出来なかったので、精錬所はこの恵庭鉱山が初めてになります。今回もAttheplace-その場所で-ひこさんに連れて行って貰いました。スノーシューを装着し、歩くこと30分くらいかな?なんとか精錬所に辿り着き
http://tansakunoato.blog.fc2.com/blog-entry-564.html
恵庭鉱山、鉱山街にあった煉瓦造りの火葬場。この火葬場、完成は閉山の直前だったため一度も使用されなかったとか。昭和に設計された火葬場は「高い煙突」が象徴らしいのですが、この、昭和18年頃に造られた火葬場の煙突はとても低い。窯の入り口と比較して高さがわかるでしょう
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top60.html
恵庭鉱山で彷徨う北海道恵庭市昭和6年、金山として開鉱昭和18年の金山整備令で休山に至るまで遠くは秋田の小坂精錬所まで鉱石の渡る月産3000t級をも目指した大きな金山であった。5月の初めという、藪も無く積雪も少ないベストな時期に探検してみた。火葬場跡、古城、迷走
http://orange.naturum.ne.jp/e1385302.html
と言っても、僕が行ったのは4年前です。前回の記事に頂いたコメントをきっかけに、今回の記事を書くことにしました。今から丁度4年前の1月下旬、前回の記事の地形図を送ってくれたブーさんに誘われて、恵庭鉱山へ行きました。何故、積雪期に行くのか?恵庭鉱山は漁岳の麓の漁岳
http://junk-life.blog.so-net.ne.jp/2014-05-25
順番は逆になりますが、精錬所へ行った帰りに立ち寄ってみました。この時期は国道からも見えますが、もうそろそろ草木に埋もれるかな・・・。施設的に隅々まで撮る気分にはなれませんが精錬所も含め70年以上もの間、山中に遺っているのは驚かされますね。↓クリックしていただけ
http://members3.jcom.home.ne.jp/bighorn3/kouzann/eniwakouzan/eniwakouzan.html
恵庭鉱山2008年4月2009年6月探訪火葬場跡タイルの浴槽石積みの土留め精錬所跡??横から見る鍾乳石みたいだ休山から、70年近くも経っている崩壊も時間の問題か雪に足を取られながらも、ひたすら歩くここから↓2009年6月探訪分です。ここから↓2009年6月探訪
http://www.geocities.jp/necojijii/page004.html
恵庭鉱山恵庭鉱山2008.04.06昭和5年皆川愛次郎により金山探鉱をはじめ翌年開坑、石山札幌経由により小坂精錬所に送られていた。昭和9年日本鉱業が資本参加後、鉱石鉱石輸送ルートを支笏湖経由に変更、昭和14年には月産3000トン用の青化精錬所、社宅、学校を整備
http://orange.zero.jp/zbc54213.wing/eniwa.html
HOME北海道恵庭市盤尻恵庭金山Photo:2012年8月(1/1)●主な採掘金属:金、銀。●経営企業:日本鉱業→帝国鉱業開発→合同資源産業など数社→野田玉川鉱発(1992年)。・1930年(S5)頃:発見はこの頃だと言われているが詳細は不明。・193
http://hikyoutaki.blog.fc2.com/blog-entry-554.html
恵庭市は、札幌近郊でも気軽に渓谷探索が楽しめる場所として知られている。白扇の滝、ラルマナイ滝、三段滝などは駐車場から探勝路が整備され、観光雑誌にも必ず登場し四季折々に楽しめるスポットである。そんな所に不釣り合いな、本格的登山装備の男がやってきた。ラルマナイ滝駐
恵庭鉱山 関連ワード
  • 支笏湖