北隆鉱山 概要・歴史

北隆鉱山は北海道紋別郡雄武町にあった鉱山。金銀鉱石が採掘されていた。

1918(大正7)年に発見。1927(昭和2)年に久原鉱業(後の日本鉱業、ジャパンエナジー)が権利を譲り受け、翌1928(昭和3)年より本格的に操業開始。1935(昭和10)年には青化精錬所が建設され、さらに私設発電所が設置された。

最盛期には従業員500人、居住人口2,000人を超える程の規模となり、学校や病院、娯楽施設なども建設されたという。

戦中の1941(昭和16)年に閉山。

精錬所跡、通洞跡、発電所跡などがわずかに見られる。また元稲府港に向けてトロッコ軌道があり、その跡の一部が道路となっている。

また、元北隆鉱山集落跡の石碑と慰霊碑(1994年建立)、神社跡の碑が設置されている。

状態
2019年02月18日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

北隆鉱山 住所

北海道紋別郡雄武町中雄武

北隆鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

北隆鉱山 ブログ・リポート

初夏の北隆鉱山1 - 鉱山(道東)
http://tansakunoato.blog.fc2.com/blog-entry-586.html
北海道紋別郡雄武町の発展に貢献した鉱山、北隆鉱山。昭和14年12月末の北隆鉱山周辺地図大正7年に発見、11年には坑道を掘削し金銀鉱石を採取。昭和2年、久原鉱業(後の日本鉱業、ジャパンエナジー)が権利一切を譲り受け、昭和3年に本格操業を開始。昭和8年には採掘を機
北隆鉱山・戦中に消えた北辺の金山
http://www.asahi-net.or.jp/~re4m-idgc/OUMUHOKURYUU.htm
北隆鉱山・戦中に消えた北辺の金山現雄武町にあった北隆鉱山は大正7年に発見された金山で昭和2年12月に日本鉱業に経営権が移り本格的な採掘が開始されました。昭和10年には青化精錬所を建設し、人口も一時は2000人を超える程でしたが戦中の昭和16年に閉山になっていま
北隆鉱山
http://members3.jcom.home.ne.jp/bighorn3/kouzann/hokuryo/hokurryukouzann.html
北隆鉱山2010年10月探訪概要北隆鉱山の発見は、大正七年(1918)に発見され、昭和18年(1943)まで操業した鉱山である。発見の端緒は二つの説がある。札幌在住の瀬川良作が、大正7年(1819)に転石群を発見したというもの二つ目は、道庁勤務の瀬川の弟が山中
鉱山軌道 北隆鉱山(歩鉄の達人)
http://www.hotetu.net/kouzannkidou/131104hokuryukouzan.html
北隆鉱山は1928年開坑。そのきっかけは、山火事で露出した金鉱石が偶然に発見されたという稀なケースで、1935年に青化精錬所開設、さらに私設発電所を備え、それに伴い採鉱量も順調に伸び続けました。北隆鉱山の操業規模は非常に大きく、最盛期の従業員は500人を超えま
北隆鉱山1
http://www.shinrei.com/report/ruins/hokuryuu.html
北隆鉱山1(金鉱)和尚@心霊ストーカー軍団現地は「熊生息地」です!命の危険性があります!真似して現地に行っても、当サイトは、一切の責任を負いません!保存会により綺麗に整備されています。イタズラ及び破壊行為は厳禁です!山林では、火気に十分注意をお願いしま
雄武町 北隆鉱山 巨大精錬所と六角坑口
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top331.html
藪漕ぎの上に藪漕ぎ1918年(大正7年)に音稲府川上流で発見された本鉱山は、1927年末(昭和2年)に採掘が始まり、1935年(昭和10年)に青化製錬所が建設された。鉱山から元稲府海岸まで簡易軌道が敷設され、最盛期には従業員1000人・月間2,600tを採掘す
北隆鉱山跡 探検: 北の細道
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top330.html
北隆鉱山で六角形の坑口を発見する北海道雄武町網走支庁の最北端に位置する雄武町は東京都よりも少し広い面積を有している。観光施設である海沿いの日の出岬の温泉などはいつも賑わっている。オホーツク海に面した、牧歌的な街だ。大正7年に発見された北隆鉱山は栄枯と盛衰を経て
北隆鉱山(北海道)
http://orange.zero.jp/zbc54213.wing/hokuryu.html
●主な採掘金属と鉱物:金(自然金)、銀(輝銀鉱、濃紅銀鉱)、銅(四面銅鉱)、鉄(黄鉄鉱)など。●鉱床:鉱脈型鉱床(熱水鉱床)●主な鉱業権者:日本鉱業(株)。北隆鉱山は1918年(T7)、音威子府川の上流で発見された金鉱山である。発見者は札幌在住の某氏といわれる
山中に眠るゴールドラッシュの記憶 北海道 雄武町 北隆鉱山跡:150円の旅~オホーツク海日記~:So-netブログ
http://sentimental-journey.blog.so-net.ne.jp/2009-04-29
北海道オホーツク沿岸には金の鉱脈が幾つかあり、かつて東洋一と謳われた「鴻ノ舞金山」をはじめとした鉱山、砂金採掘場が点在していました。現在では採掘を行っている鉱山はありませんが、明治期は金を求めた山中に入る人々も多く、北辺の村々は、ゴールドラッシュに沸きかえって
北海道、何でも秘境探検記。(秘滝、秘湯、遺構、秘境駅他) 北隆鉱山(雄武町)~道北の迷宮へ
http://hikyoutaki.blog.fc2.com/blog-entry-271.html
道北の雄武町に眠る北隆鉱山跡の探険をしてきました。この街は某TV番組「ダーツの旅」にも登場しましたね(北海道はけっこう多いようです)まずは山側へと林道を走りますが看板が完全に埋もれてます!!矢印がかろうじて見える程度とりあえず進んでみましょうだんだん淋しい道に
北隆鉱山へ 1(鉱山跡目指して):150円の -netブログ
http://sentimental-journey.blog.so-net.ne.jp/2010-04-18
それにしても、「北隆鉱山の碑保存会」の手になるこれらの看板ですが、人知れない、廃鉱となって70年が経過している鉱山跡の案内にこれだけの力が注がれていることに、頭が下がる思いがしました。 さらに進むのですが、ダート道

ピックアップ廃墟