茅沼炭鉱(かやぬまたんこう)は北海道古宇郡泊村にあった炭鉱。 1856(安政3)年に石炭が発見されたこ...

茅沼炭鉱

茅沼炭鉱 概要・歴史

茅沼炭鉱(かやぬまたんこう)は北海道古宇郡泊村にあった炭鉱。 1856(安政3)年に石炭が発見されたこ...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

茅沼炭鉱 ストリートビュー・空中写真

茅沼炭鉱 関連ブログ・参考リンク

http://members3.jcom.home.ne.jp/bighorn3/tankou/kayanuma/kayanuma1.html
茅沼炭鉱2011年4月2011年11月探訪概要茅沼炭鉱は、安政3年(1856)に、ニシン漁に従事していた一人の漁民が、茅沼の玉川上流で「燃える石」つまり石炭を発見したことから始まる。おりしも箱館開港(1854)による外国汽船への石炭供給の必要性の増大という背景
http://www.asahi-net.or.jp/~re4m-idgc/KAYANUMATANKOU.htm
茅沼炭鉱・ズリ山鎮座ズリ山を遠くに望む茅沼炭鉱は明治時代に突入する以前の1856年(安政3年)に石炭が発見されたことを契機として開発が始まりました。明治2年には日本で最初の軌道が積出港から炭鉱までの約3kmを結んで石炭が搬出されていたのです。西積丹ということ一
http://www.vill.tomari.hokkaido.jp/ene/ene2.html
エネルギー茅沼炭鉱安政3年(1856年)、一漁夫によって茅沼の山中で「燃える石」石炭が発見され、慶応3年(1867年)には、英国技師のガールを招き日本最初の鉄のレールを敷き、大量の石炭を貨車に載せて港まで出炭する方法が採られる等、いち早く外国の先進技術を取り入
http://www.hotetu.net/haisen/Hokkaido/140831menumatankoutetudou.html
茅沼炭鉱専用鉄道:茅沼港は港が小さいため大型船が接岸できず、艀荷役により岩内港へ石炭を運んでいた。沢口汽船から鉱区を買い取った茅沼炭礦株式会社(後に茅沼炭化礦業と改称)は岩内港まで索道を設け、茅沼炭鉱軌道を廃止して効率化を図った。しかしながら、冬期間には海の湿
http://tkohara.la.coocan.jp/niseko5.html
茅沼炭鉱軌道【日本国内の軌道交通のスタートの1つと呼ばれる地に初めて足を踏み込んでみました】いくつかの文献に、1872年(明治5年)の新橋~横浜間の鉄道開業以前に、日本国内にも軌道交通があったことが記されています。例えば長崎を訪れると、路面電車の市民病院前電停
http://futures.at.webry.info/201205/article_13.html
1869(明2)年に開通した日本最初の軌道ということで有名ですが,「全国鉱山鉄道(岡本憲之)JTB刊」によると,生野銀山も明治2年に鉱山鉄道が敷設されたそうですから,月日までわかりませんので,どちらが古いのかはわかりません。生野銀山は史跡としても有名ですし,観
http://www12.tok2.com/home2/airtax04/sangyo30.htm
安政3(1856)年、石炭が発見されたのを機に開鉱の“道内最古”の炭鉱。明治時代に突入すると、炭鉱から近くの港までの約3キロを、石炭を運ぶ鉄道が走った。これ(茅沼炭鉱軌道)が“日本最初の鉄道”といわれる。国のエネルギー政策により、昭和39(1964)年、閉山。
http://hikyoutaki.blog.fc2.com/blog-entry-488.html
北海道で1番古い炭鉱、すなわち最初に稼働したのは1856年の茅沼炭鉱(泊村)といわれている。当時はまだ江戸時代で、明治時代に入植した屯田兵よりも歴史があるようだ。翌年には白糠町でも稼働が開始され、炭鉱で栄えた北海道の起こりともいえるが、ただ古い記録なため、白糠
茅沼炭鉱 関連ワード
  • JTB
  • 新橋
  • 日本
  • 横浜
  • 蒸気機関車
  • 走った
  • 運行
  • 鉄道
  • 開始