新三笠炭鉱は北海道三笠市にあった炭鉱。 1931(昭和5)年に昭和鉱業により開坑。 1931(昭和16)年、...

新三笠炭鉱

新三笠炭鉱 概要・歴史

新三笠炭鉱は北海道三笠市にあった炭鉱。 1931(昭和5)年に昭和鉱業により開坑。 1931(昭和16)年、...

新三笠炭鉱 画像

近くのスポット

新三笠炭鉱 ストリートビュー・空中写真

新三笠炭鉱 関連ブログ・参考リンク

http://daizu-lactzyme.seesaa.net/article/225120497.html
鉄道村やSLには、特にあまり興味はないのですが、今回はその先の炭鉱の廃坑跡を見に来ました。 ja4128. △鉄道村のはずれから廃坑跡に向かって、線路の跡が延びています。鉄道ファンでしたら、このような凸電を見るだけでグッとくると 
http://tansakunoato.blog.fc2.com/blog-entry-576.html
昭和48年閉山の北炭新三笠炭鉱。多数の遺構が点々と、三笠の市道を挟み存在していた。新三笠炭鉱というタイトルにしたものの、新三笠炭鉱と明記してある坑口以外はもしかしたら新幌内炭鉱の遺構かも知れないしはたまた住友唐松炭鉱かも、奔別かも知れない。軽く調べてみたが、鉱
http://tansakunoato.blog.fc2.com/blog-entry-577.html
斜坑坑口 - 新三笠炭鉱2 - 北海道の「産業遺産」「軍事遺構」探索の記録.
http://tansakunoato.blog.fc2.com/blog-entry-578.html
以前の記事、火薬庫と思われる建物の更に奥にある遺構。 この辺りは新幌内炭鉱のものらしいが、あまりよく理解しておらず。 K_5_0225.jpg 新三笠の本卸・連卸に続いてまた坑口を見つけたが、文字が読み取れない。 ネットの情報を調べて 
https://teruhiko.at.webry.info/201005/article_11.html
二つの炭鉱名をタイトルに付けてみました。最終炭鉱名は、新三笠炭鉱ですが、一部新幌内炭鉱が、最終の個所もあります。新三笠・新幌内の変遷は、以下の通りです。昭和5年昭和鉱業により開坑昭和16年北炭へ。新幌内炭鉱となる昭和37(38?)年幌内炭鉱との連絡坑道完成昭和