三井美唄炭鉱(三井美唄炭鉱変電所)

三井美唄炭鉱は北海道美唄市にあった炭鉱。

1918(昭和3)年に採掘開始。昭和38年閉山。

三菱美唄炭鉱と比べて採炭量は劣り、早期に閉山を余儀なくされた。

地図位置、南一の沢沿いに三井美唄炭鉱変電所跡が残る。天井部分は崩落し、壁だけが残っている。

他に関連と見られる煙突、ホッパーが見られる。

また、炭鉱住宅などの施設が残り、現在も尚住宅として使用されている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

三井美唄炭鉱(三井美唄炭鉱変電所) 住所

北海道美唄市南美唄町中央通り

三井美唄炭鉱(三井美唄炭鉱変電所) 種類

廃鉱・採石場跡

三井美唄炭鉱(三井美唄炭鉱変電所) 画像

三井美唄炭鉱(三井美唄炭鉱変電所)

三井美唄炭鉱(三井美唄炭鉱変電所) ストリートビュー・空中写真

三井美唄炭鉱(三井美唄炭鉱変電所) スポット

三井美唄炭鉱(三井美唄炭鉱変電所) 写真・ブログ・リポート

三井美唄炭鉱変電所
http://www.geocities.jp/kkktkh/sanngyouisan/mituibibaihenden/mituibibaihenden.html
昭和38年に閉山した三井美唄炭鉱の変電所と思われる建造物。 (碍子が残っている 様子などから判断しました。 事実と異なる時にはご指摘下さい) 屋根は落ち、黒ずんだ 壁だけとなった外観からは、 ヨーロッパの古城のような印象を受けました。 2007年5月
三井美唄炭鉱 トライスターの炭鉱と廃線と廃墟の放浪日記/ウェブリブログ
http://tristar.at.webry.info/201004/article_11.html
2010年4月25日 トライスターの炭鉱と廃線と廃墟の放浪日記の三井美唄炭鉱に関する詳細記事。( Powered by 三井美唄炭鉱2鉱付近を車を運転しながら見て行きます。 ちなみに、 付近(若干離れてますが)には、変電所跡等の遺構も、現存しています。
エアぶろ 三井美唄炭鉱2
http://nonintheair.blog78.fc2.com/blog-entry-73.html
三井美唄炭鉱2. こっちは変電所の跡らしい。 60-01.jpg 発・変電所大好きです。(前に も言った?) 60-02.jpg 60-03.jpg 近場にこんな素晴らしい所があるなんて知らなかっ たよ~。 羽幌炭鉱を回った時と同じくらいの満足度(どういう基準だろう…)でした。
美唄炭鉱変電所と周辺
http://members3.jcom.home.ne.jp/bighorn3/tankou/bibaihendensyo/bibaihendensyo1.html
三井美唄炭鉱変電所. ※当サイト内の写真及び記事等の転載、配布はご遠慮下さい。 転載禁止 (c)Copyright 2007 nori. All rights reserved.
三井美唄炭鉱・高速道路を見下ろす選炭場
http://www.asahi-net.or.jp/~re4m-idgc/3HOUMONJ.htm
大正9年には光珠炭鉱も開鉱、これらの炭鉱は最終的に昭和3年に三井鉱山に買収 され三井美唄炭鉱として大規模な開発が行 三井美唄鉱業所跡の碑がかつての鉱業 所入口に立っています。 変電所跡は内部はかなり壊されていますが外観は健在です 。
風景懐古・炭の街・R-PRODUCTS
http://rproducts.syanari.com/kaiko01.htm
廃墟・産業遺産・炭坑跡風景懐古一丁目・炭の街なつかしい風景や昔を偲ぶ風景、炭坑関係の産業遺産等の数々です。画像をクリックしてください。△=一部解体・または解体進行中×=解体撤去済み新着は、下の方にあります。画像の読み込みに若干お時間を頂くことがあります。1番地
三井美唄炭鉱変電所
http://www.geocities.jp/necojijii/newpage50.html
冬の変電所を訪れてみました2011.02.23撮影
廃墟と産業遺産03b - 北辺廃徊図会 - FC2
http://hokuhenwander.web.fc2.com/p003bi2.html
【南美唄町上の奥地】 旧三井美唄炭鉱のものと思しき遺構 ・・・2003年探訪当時は通行可能だった林道を暫く進むと、山間の奥地に残っていた。 多分、旧三井美唄炭鉱関連の遺構だと思われる。残存物の雰囲気から察するに、変電所施設の跡か?。 後に再探訪 
ゆるたん。 |三井美唄炭鉱変電所跡
http://shinotakasan.blog13.fc2.com/blog-entry-644.html
5月中旬。冬を除けば、この時期が廃墟探索には最適なシーズンなのでして。前々から気になっていた場所を回りたいと、予め場所などちょこっと調べていたところへ。選炭所に行ったのが一昨年のこと。セットで見ておきたかったもう一つの場所に、やっと行けました。まず、このトンネ
廃墟を旅する  【産業遺産】三井美唄炭鉱変電所
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/blog-entry-147.html
月に照らしだされた北の古城三井美唄変電所人なんているわけがない。こんな山の中に。そこにあったのは中世の古城を思わせる廃墟だけであった。見るからに壁と窓枠しか無い見事な廃れっぷりだ。この廃墟は近くにある三井炭鉱のための変電所跡だったらしい。それを思わせる遺構は今
三井美唄炭鉱【変電所編】 ( その他趣味 ) - jiro - Yahoo!ブログ
三井美唄炭鉱【変電所編】 ( その他趣味 ) - jiro - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/tausyubetu_arch/14619602.html
青空と純白の雪 そして廃… 美しいです アートです。 ちなみに廃墟と○ロ○の組み合わせも 不思議と似合うと思います。 壇蜜さん見て感じました 理解されにくいでしょうけどねぇ(^.^; 2017/1/22(日) 午後 11:03 返信する
巨大炭住
 三井美唄の風景
http://www5e.biglobe.ne.jp/~s-oomiya/framepagemitui.htm
三井美唄炭鉱は昭和3年に開業して昭和38年に閉山大正4年から操業している三菱美唄と比べて、その歴史は短く、また閉山も早かったため炭鉱としての資料があまり残っていません。 しかし、三菱美唄や夕張地区などの炭住がほとんど形が残っていないのに対し、三井美唄は、現在も

ピックアップ廃墟