イワオヌプリ鉱山(岩雄登硫黄鉱山)は北海道虻田郡倶知安町にあった鉱山。イワオヌプリ(標高1,116km)...

イワオヌプリ鉱山(岩雄登硫黄鉱山)

イワオヌプリ鉱山(岩雄登硫黄鉱山) 概要・歴史

イワオヌプリ鉱山(岩雄登硫黄鉱山)は北海道虻田郡倶知安町にあった鉱山。イワオヌプリ(標高1,116km)...

イワオヌプリ鉱山(岩雄登硫黄鉱山) 画像

1974-1978年 国土地理院

近くのスポット

イワオヌプリ鉱山(岩雄登硫黄鉱山) ストリートビュー・空中写真

イワオヌプリ鉱山(岩雄登硫黄鉱山) 関連ブログ・参考リンク

http://nonintheair.blog78.fc2.com/blog-entry-2625.html
初夏にイワオヌプリ鉱山の探索に行ったレポートをします。最初は、イワオヌプリ登山でも立ちはだかる、急登から。登山初心者のころは、この階段が一気に登れなくて、途中で休んでいたなあ。どれだけ体力がなかったんだ…。今では、楽々ではないけれど上まで登れます。アカモノが可
http://tafur.exblog.jp/16669991
少しは観られる所もありましたが...紅葉は残念。半端な写真で少しトリミング。完全な鏡になっていないところも痛い。鉱山跡で水路をちょっと探検。エゾライチョウさん逃げないで~10月の三連休、初日の8日は喜茂別岳・中山湿原へ。そして9日はニセコへ紅葉見物。まずはニセ
http://ameblo.jp/vanilala-asamin/entry-11385045499.html
それは2年ほど前のこと。北海道新聞の朝刊で「イワオヌプリ硫黄鉱山」の記事を見つけなんすかソレーーーと大興奮し仕事中に胡蝶蘭さんの隣のデスクでまばたきも忘れPCで検索しまくった日々。まだまだ多くの謎に包まれている【イワオヌプリ硫黄鉱山】80年以上前の話みたいだけ
http://blog.goo.ne.jp/sakag8/e/12ed5a4aac8f134b33a30d7cc0481719
今日のメインは、江戸末期から昭和12年まであったという岩雄登硫黄鉱山跡の遺構探しだった。そのついでに、早朝の鏡沼探訪と小イワオヌプリ登頂も果たした。この硫黄鉱山跡は、江戸時代から採掘はされていたようだが、明治初
http://members3.jcom.home.ne.jp/bighorn3/kouzann/nisekoiowkouzan/nisekoiowkouzan1.html
ニセコ岩雄登硫黄鉱山(イワオヌプリ)江戸期の採掘ニセコ山系の開発は、硫黄の採掘からはじまっている。岩雄登硫黄鉱山発見の年代は不詳であるが、北海道において硫黄がはじめて採掘されたのが、天明4年(1783)の恵山寛政9年(1795)の登別であったから、岩雄登鉱山も
http://blogs.yahoo.co.jp/kenji_yoshi_onsen/11172803.html
ニセコパノラマラインの途中にある大谷地から五色温泉や旧ワイススキー場に至る登山路の途中にイワオヌプリ鉱山跡地があります。明治初期から昭和初期まで栄えていたそうで、最盛期には200人近い人々が生活していたそうです。昭和12年には閉山になりました。ここに行くには大
http://mtriverw.exblog.jp/20643421/
イワオヌプリに登る前に分岐を大沼へ向け進み、倶知安町で尻別川に合流する硫黄川の源頭部へ向かいます。イワオヌプリと1039m峰(ポンイワオ)のコルを越え少し下ると、こんな景色が広がります。少しルートから外れ、探索してみます。降り口には、石畳と水路の跡、建物の柱?
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top831.html
ニセコ連峰は標高1309mのニセコアンヌプリを頂点とする、 マッカリヌプリ(羊蹄山)、昆布岳に囲まれた高原だ。 イワオヌプリ ニトヌプリを 硫黄鉱山跡だ。 鉱山跡 白い岩の転がる丘を登る。 硫黄鉱床は強酸性で植生が戻らない。 廃坑跡 木材が散乱する。
http://hikyoutaki.blog.fc2.com/blog-entry-28.html
ニセコにもかつて硫黄鉱山がありました。江戸時代から掘られ北海道の重要産業を担い、昭和12年閉山になるまでは、かなり隆盛を極めたそうです。平成21年には、近代化産業遺産にも選ばれ後世に語り継がれていくことでしょう。写真は、途中にあるニセコ大沼とイワオヌプリです。