手稲金山

手稲金山手稲鉱山)は、北海道札幌市手稲区にあった鉱山。

明治20年代半ば、星置で農業をしていた鳥谷部弥平治(とりやべやへいじ)が、偶然、金鉱脈を発見。

大正に入り、元道庁の技師、石川貞治が鉱業権を取得、手稲鉱山と命名。滝ノ沢川上流の黄金沢に金鉱を見つけるも、資金難となり閉山。

1928(昭和3)年、広瀬省三郎(ひろせしょうざぶろう)が鉱業権取得、選鉱場を建設。金価格の高騰や、国の産金奨励策などが重なり軌道に乗り、1934(昭和9)年には軽川駅(現・手稲駅)近くまで、鉄索(ケーブル)を敷設し、1934(昭和9)年には約3万4千トンを出鉱した。

1935(昭和10)年より三菱鉱業が経営に参加、12月には全権利を買収。1937(昭和12)年、現在のテイネオリンピアの裏辺りに小規模な選鉱場を建設、選鉱後に香川県の直島精錬所へ送った。さらに鉱石を選鉱場まで運ぶ4kmに渡る地下トンネル 「星置通洞」を建設した。1940(昭和15)年から1942(昭和17)年までの出鉱量は約185万4千トンに上ぼり、東洋一の金山、鴻之舞鉱山に次ぐ勢いであった。

1943(昭和18)年4月より国策が転換、手稲鉱山も金山としての操業は停止、銅鉱山として操業した。

終戦後は更に規模が縮小、1950(昭和25)年秋には休山状態となった。

1954(昭和29)年に荒川鉱業へと経営を譲り、一時は産金量を上げるも行き詰まる。1957(昭和32)年から千歳鉱業が経営、一時は終戦直後の水準に戻すもその後低迷。

1971(昭和46)年閉山。

巨大な選鉱場が残るほか、滝ノ沢川周辺にもコンクリート遺構が散見される。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

手稲金山 住所

北海道札幌市手稲区手稲金山

手稲金山 種類

廃鉱・採石場跡

手稲金山 画像

手稲金山
手稲金山
手稲金山

手稲金山 ストリートビュー・空中写真

手稲金山 スポット

手稲金山 写真・ブログ・リポート

金山
http://asobihorokeruyama.web.fc2.com/kanayama.htm
金山鉱山は名前のとおり金山だが、青い宝石のような手稲石(テルル)があるといわれて いる。 手稲鉱山は廃墟とは思えない堂々とした風格が溢れていた。登って来 手稲 鉱山, 廃坑のある尾根を, 石狩湾を望む, 砂防ダムの配置図
創造性の育成塾 北の国からのエッセイ 札幌で金が採れた
http://juku.netj.or.jp/kitanokuni/20100611_01.html
2010年6月11日 日本の金山というと、佐渡の金山とか鴻之舞(北海道)、菱刈(鹿児島)などを連想する。 札幌にも金鉱山 市民は都心にある札幌の象徴・テレビ塔からでなく、手稲山頂の アンテナから電波を受信して、日夜テレビを楽しんでいる。晴れた日には いまは廃坑 の廃水処理などを監視し...
心霊スポットを訪ねて「手稲鉱山」: ぽんのブログ
http://aoiumihakodate.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-7a8b.html
2011年6月28日 手稲鉱山は札幌市最西端で、小樽市との境を流れる星置川に沿って、国道5号線を境 に、星置と手稲鉱山のある金山とに大別される。 金山(かな 廃坑は見えるのですが、 高速道路の向こう側ですから、近道を行くと行き止まり。そんなことを
札幌で金が採れた - 日本Webリポート&ニュース
http://www.webreport.jp/3918.html
日本の金山というと、佐渡の金山とか鴻之舞(北海道)、菱刈(鹿児島)などを連想する。 札幌にも金鉱山があっ けど金鉱山まであるとなると、ガイドの私までがびっくりする。 人口190万人、日本で5 鉱山といっても、今は廃坑になっている。
遠山の金山|クラランド、アイランド - アメーバブログ
http://ameblo.jp/kuraken/entry-10038583320.html
ほんまじゃったらシャレにならん(;^_^Aずっと気になっとったとこは鉱山じゃったとこだったんですね!新たな発見じゃ☆今度また詳しく探索したら教えてくださぃ(^O^). こ☆け☆し☆彡 くーさん、廃鉱イイです。 モロ萌えですぅ。。。 でも、私も同じような所にカメラ持って行ってます。 こちらは熊は出...
札幌北の細道、手稲鉱山跡〜廃坑跡を探索〜第一報 2014.6.10
http://asahi25881939.blog.fc2.com/blog-entry-346.html
昔の金山(きんざん)にちなんだ地名として残ったのでしょうね。 明治中期より、星置川で砂金が取れていたそうで、明治20年代、星置の農家鳥谷部弥平が偶然金脈を発見したのが切っ掛けだそうです。 資料があまり無く、手稲金山(かなやま) 
廃墟と化した手稲鉱山|やんまのブログ
http://ameblo.jp/yama-change/entry-11235618448.html
昭和46年に閉山となった、手稲鉱山の跡地を訪れてみました。当然、車で入ることはできません。もしかして立入禁止かも途中から見える不気味な建物、今では廃墟となった手稲鉱山です。少しずつ近付いてみましたが…ちょっと不気味これ以上は近付きたくないゾンビか何かが出てきそ
北海道、何でも秘境探検記。(秘滝、秘湯、遺構、秘境駅他) 手稲鉱山跡を探る~札幌市に眠る古代遺跡?
http://hikyoutaki.blog.fc2.com/blog-entry-524.html
札幌市にはかつて東洋一と謳われた手稲鉱山があった。明治時代に鉱脈が見つかり昭和初期に本格採鉱が開始、昭和15年頃の最盛期には1万人以上の暮らしがあったそうだ。金銀銅の産出で全国1、2位を争ったが、戦後には早くも斜陽時期をむかえ、縮小、転売が繰り返され昭和46年
手稲金山
http://www.geocities.jp/syougunn7/teinekinzan.htm
手稲金山何の跡なのか?選鉱場跡。沈殿池跡。同上。手稲金山は明治20年代(24年か26年どちらか)に手稲村星置の農夫鳥谷部彌平治(彌平かもしれない)が発見したらしい。鳥谷部氏が明治40年頃まで探鉱を続けたが結局放棄してしまった。その後、石川貞治氏、川崎幸輔氏、吉
北の街今昔 7.手稲金山 : 宮の沢レポート
http://blog.livedoor.jp/miyanosawajun/archives/52260069.html
筆者は廃墟マニアではないが、先日、これがそうなのかと思われるところに行った。前号で、今は消えてしまった北海道の金山について触れたが、そのひとつ、手稲金山の跡地が筆者の拙宅から近いことがわかり、出向いてみた。そこでも選鉱場跡はまさしく廃墟だった。人がやってくるこ
手稲鉱山産業遺跡
http://asobihorokerusan.whitesnow.jp/teinekouzan.htm
手稲鉱山産業遺跡ポイント昭和46年に閉山した手稲鉱山は、手稲区のHPていねっていいねに「星置川や滝の沢川に沿って1,200戸あまりの社宅が建ち並び、学校、病院、郵便局、交番も建設され、鉱山地域だけで1つのまちが形作られていました。昭和11年(1936)の手稲村

ピックアップ廃墟