手稲金山(手稲鉱山)は、北海道札幌市手稲区にあった鉱山。 明治20年代半ば、星置で農業をしていた鳥....

手稲金山

手稲金山 概要・歴史

手稲金山(手稲鉱山)は、北海道札幌市手稲区にあった鉱山。 明治20年代半ば、星置で農業をしていた鳥....

手稲金山 画像

手稲金山(2018年10月)
© 2021 廃墟検索地図 転載禁止
1974-1978年 国土地理院

近くのスポット

手稲金山 ストリートビュー・空中写真

手稲金山 関連ブログ・参考リンク

http://asobihorokeruyama.web.fc2.com/kanayama.htm
金山鉱山は名前のとおり金山だが、青い宝石のような手稲石(テルル)があるといわれて いる。 手稲鉱山は廃墟とは思えない堂々とした風格が溢れていた。登って来 手稲 鉱山, 廃坑のある尾根を, 石狩湾を望む, 砂防ダムの配置図
http://juku.netj.or.jp/kitanokuni/20100611_01.html
2010年6月11日 日本の金山というと、佐渡の金山とか鴻之舞(北海道)、菱刈(鹿児島)などを連想する。 札幌にも金鉱山 市民は都心にある札幌の象徴・テレビ塔からでなく、手稲山頂の アンテナから電波を受信して、日夜テレビを楽しんでいる。晴れた日には いまは廃坑 の廃水処理などを監視している事業所だけでひっそりしている。事業所の
http://aoiumihakodate.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-7a8b.html
2011年6月28日 手稲鉱山は札幌市最西端で、小樽市との境を流れる星置川に沿って、国道5号線を境 に、星置と手稲鉱山のある金山とに大別される。 金山(かな 廃坑は見えるのですが、 高速道路の向こう側ですから、近道を行くと行き止まり。そんなことを
http://www.webreport.jp/3918.html
日本の金山というと、佐渡の金山とか鴻之舞(北海道)、菱刈(鹿児島)などを連想する。 札幌にも金鉱山があっ けど金鉱山まであるとなると、ガイドの私までがびっくりする。 人口190万人、日本で5 鉱山といっても、今は廃坑になっている。
http://ameblo.jp/kuraken/entry-10038583320.html
ほんまじゃったらシャレにならん(;^_^Aずっと気になっとったとこは鉱山じゃったとこだったんですね!新たな発見じゃ☆今度また詳しく探索したら教えてくださぃ(^O^). こ☆け☆し☆彡 くーさん、廃鉱イイです。 モロ萌えですぅ。。。 でも、私も同じような所にカメラ持って行ってます。 こちらは熊は出ないので、 その点は安心ですねぇ。 熊は時速60kくらいで走るのですよね? 出くわしたら、脱兎になりましょう~(O.O;)(o。o;). 京加 2007-07-04 20:44:59 >>このコメントに返信. 11 □ペタありがとうございます!
http://asahi25881939.blog.fc2.com/blog-entry-346.html
昔の金山(きんざん)にちなんだ地名として残ったのでしょうね。 明治中期より、星置川で砂金が取れていたそうで、明治20年代、星置の農家鳥谷部弥平が偶然金脈を発見したのが切っ掛けだそうです。 資料があまり無く、手稲金山(かなやま) 
http://ameblo.jp/yama-change/entry-11235618448.html
昭和46年に閉山となった、手稲鉱山の跡地を訪れてみました。当然、車で入ることはできません。もしかして立入禁止かも途中から見える不気味な建物、今では廃墟となった手稲鉱山です。少しずつ近付いてみましたが…ちょっと不気味これ以上は近付きたくないゾンビか何かが出てきそ
http://hikyoutaki.blog.fc2.com/blog-entry-524.html
札幌市にはかつて東洋一と謳われた手稲鉱山があった。明治時代に鉱脈が見つかり昭和初期に本格採鉱が開始、昭和15年頃の最盛期には1万人以上の暮らしがあったそうだ。金銀銅の産出で全国1、2位を争ったが、戦後には早くも斜陽時期をむかえ、縮小、転売が繰り返され昭和46年
http://www.geocities.jp/syougunn7/teinekinzan.htm
手稲金山何の跡なのか?選鉱場跡。沈殿池跡。同上。手稲金山は明治20年代(24年か26年どちらか)に手稲村星置の農夫鳥谷部彌平治(彌平かもしれない)が発見したらしい。鳥谷部氏が明治40年頃まで探鉱を続けたが結局放棄してしまった。その後、石川貞治氏、川崎幸輔氏、吉
http://blog.livedoor.jp/miyanosawajun/archives/52260069.html
筆者は廃墟マニアではないが、先日、これがそうなのかと思われるところに行った。前号で、今は消えてしまった北海道の金山について触れたが、そのひとつ、手稲金山の跡地が筆者の拙宅から近いことがわかり、出向いてみた。そこでも選鉱場跡はまさしく廃墟だった。人がやってくるこ
http://asobihorokerusan.whitesnow.jp/teinekouzan.htm
手稲鉱山産業遺跡ポイント昭和46年に閉山した手稲鉱山は、手稲区のHPていねっていいねに「星置川や滝の沢川に沿って1,200戸あまりの社宅が建ち並び、学校、病院、郵便局、交番も建設され、鉱山地域だけで1つのまちが形作られていました。昭和11年(1936)の手稲村
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top20460.html
手稲鉱山 三ツ山坑の偶然と必然北海道札幌市  大輝丸事件(だいきまるじけん)は、『尼港事件の復讐』の名のもとに、大正11年(1922)に発生した、日本の海賊によるロシア船襲撃事件だ。その首謀者、江連力一郎が逮捕される直前に宿泊していたのが、かつて手稲区に存在した軽川温泉 光風館だ。国道からは石畳、豪華な中庭があり絢爛な旅館であったといわれる。当時の鉄道唱歌には「海水浴と温泉の銭函軽川過ぎゆけば...」と、歌われているものの、その存在は謎が多い。地形図で見ると大正5年版には『軽川温泉』、昭和25年版には記載なし、昭和50年版には『手稲温泉』との記載がある。軽川温泉時代には前述の光風館という旅館が存在し、その建設年も明治15年(温泉案内S12)、明治21年(宮の沢時間旅行)、明治25年(手稲町史)、明治26年(手稲区歴史ガイドブック)、明治35年(温泉案内T8)と、資料によって混在し、20年間の開きがある。温泉水の温度も資料により7~12℃、湧出量も109~750L/分と 差が大きく、季節による表流水が混入している可能性が高い。光風館は昭和15年(1940)頃閉館、その後、三眺荘ヘルスセンターが営業していたがやがて廃業、昭和30年(1955)に再び北家という旅館が経営を始めるが昭和50年(1975)閉鎖している。手稲鉱山 はこの軽川温泉の西方4.5㎞に位置する。明治20年(1887)頃から試掘はされていたものの、採掘には至らず、大正2年(1913)の山火事で大規模に焼き払われた原生林のもとに、鉱脈が発見され、大正5年(1916)手稲鉱山と命名、開坑された。昭和3年(1928)からは産金時代の始まりとして、三ツ山坑・黄金沢坑が開発、軽川駅~鉱山間の索道ケーブルが敷設される。昭和10年(1935)からは財閥経営となり、昭和14年(1939)には星置通洞も完成、しかしながら昭和18年(1943)には産金政策打ち切りのため、銅鉱山として転換縮小となる。昭和29年(1954)からは荒川鉱業による残鉱掘り経営、昭和32年(1957)からも千歳鉱業による小規模操業時代を経て昭和46年(1971)閉山を迎える。同時期に繁栄した謎の温泉跡地と残鉱小規模探鉱時代の巨大鉱山の末路を追ってみよう。ダットラ520・立坑跡・小規模製錬所・・・( ̄u ̄;)ダットサントラック1300トップページへ
手稲金山 関連ワード
  • 110番
  • 23日
  • 2件
  • 50分
  • 5時
  • すぐ
  • クマ
  • クマ1頭
  • 並んで
  • 体長
  • 同市手稲区
  • 女性
  • 宮の森
  • 宮の沢
  • 手稲前田
  • 手稲西中
  • 手稲西小
  • 散歩中
  • 札幌
  • 札幌市内
  • 札幌手稲署
  • 林道
  • 歩いている
  • 現場
  • 目撃
  • 目撃情報
  • 相次いだ
  • 立つ
  • 約2メートル
  • 裏手
  • 西野
  • 迅速に
  • 通報
  • 銭函