豊羽鉱山石山選鉱所 概要・歴史

豊羽鉱山石山選鉱所は北海道札幌市南区石山にあった鉱山施設。

1939(昭和14)年、豊羽鉱山(とよはこうざん)の石山選鉱場として建設された。

1944(昭和19)年9月、大雨により豊羽鉱山坑道内が水没し、休山。

1950(昭和25)年、豊羽鉱山再開、翌1951(昭和26)年12月、石山選鉱場も再開された。

1969(昭和44)年、鉱山の地元に選鉱場が完成、石山選鉱所は閉鎖された。

選鉱場は1974(昭和49)年の解体作業中の出火により焼失、現在は石積みの土留めやコンクリート基礎が白樺林の中に残る。

かつてのグラウンドや社宅跡は、現在の石山3条5丁目の団地となっている。

旧定鉄からの引き込み線の跨線橋が残っていたが、撤去されたらしい。

現在の石山南小学校と石山中学校の間の道路は、定山渓鉄道線藤の沢駅から選鉱場へ伸びていた引き込み線跡である。

2018年10月24日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

豊羽鉱山石山選鉱所 住所

北海道札幌市南区石山3条

豊羽鉱山石山選鉱所 種類

廃鉱・採石場跡

豊羽鉱山石山選鉱所 画像・写真

豊羽鉱山石山選鉱所

豊羽鉱山石山選鉱所 ストリートビュー・空中写真

豊羽鉱山石山選鉱所 スポット

豊羽鉱山石山選鉱所 ブログ・リポート

■北辺廃徊図会■廃墟と産業遺産 鉄道 乗り物 ワンダー物件探訪:廃墟と産業遺産04
http://hokuhenwander.web.fc2.com/phoga04.html
【南区石山】豊羽鉱山石山選鉱所跡:01・・・石山3条5丁目の住宅街側の跡地内から姿を覗かせていた、石山選鉱所跡の橋梁状の建造物。※一部撤去消滅=その後橋梁状の建造物は解体撤去されたらしく現存せず(2007-05-03実地探訪)豊羽鉱山石山選鉱所跡_01(200
豊羽鉱山 石山選鉱所
http://members3.jcom.home.ne.jp/bighorn3/kouzann/toyohaishiyama1/toyohaishiyama1.html
豊羽鉱山石山選鉱所2009年6月探訪※ここを探索した翌日、まさにここで、熊が出没!!新聞、テレビでも報道されていました(汗)危!!しきりにポンプの音が、鳴り響いていた沈殿池石積みの間に、階段が選鉱所跡昭和49年の解体作業中に、出火により焼失奥に行ってみると、こ
豊羽鉱山
http://ishiyama-net.jp/rekishi-meisho/toyoha-kouzan.html
トップページ>豊羽鉱山豊羽鉱山豊羽鉱山石山選鉱場は、明治9年開拓使顧問補佐官米国人ライマンによって調査された記録が最も古い記録と言われる。大正3年から開発され、定山渓奥に精錬所を建設し、銅を精製していた。豊羽鉱山では金・銀を採掘していた。古い地図には「豊羽銀山
豊羽鉱山石山選鉱所跡 豊羽鉱山 定山渓鉄道 引込み線 札幌市南区
http://www12.tok2.com/home2/airtax04/sangyo5.htm
豊羽鉱山石山選鉱所跡地図にも残っている、『豊羽鉱山石山選鉱所』跡。数年前までは橋梁部分が残っていたのだが、今は解体されてしまった。だが、円形構造物はまだ残る(2007年11月訪問時)。ここは、昔、定山渓鉄道「藤の沢」駅から鉱石運搬専用引込み線が通ったところであ
http://www26.tok2.com/home/karelia/sanpo/jotetsu/04toyoha2.html
時間の散歩(過去・現在)豊羽鉱山専用線(その2)豊羽鉱山専用線の錦橋~水松沢(オンコノ沢)とペアで敷設されたのが藤の沢~選鉱場(2.1km)です。選鉱場は札幌市南区石山に建設され完成が昭和14年で操業停止が昭和44年です。藤の沢から選鉱場間の専用線は選鉱場の操

ピックアップ廃墟