万字炭鉱(まんじたんこう)は北海道空知郡栗沢町(今の岩見沢市)にあった炭鉱。石狩炭田の炭鉱の一つ...

万字炭鉱

万字炭鉱 概要・歴史

万字炭鉱(まんじたんこう)は北海道空知郡栗沢町(今の岩見沢市)にあった炭鉱。石狩炭田の炭鉱の一つ...

万字炭鉱 画像

1970年代の万字炭鉱
1974-1978年 ©国土地理院

近くのスポット

万字炭鉱 ストリートビュー・空中写真

万字炭鉱 関連ブログ・参考リンク

http://ayumikusastuki.blog106.fc2.com/blog-entry-149.html
万字駅あと 郵便局の裏側に無理やりまわると、プラットホームらしきものが見えました。 ここ、駅だったんだよ。昔はここから汽車に乗って炭鉱まで出勤してたんだね。 あ、これは小学校だね。廃校か…草が生い茂っていて入れない。「入る気 
http://tansakunoato.blog.fc2.com/blog-entry-571.html
K_5_0007.jpg 数年前まで個人所有の建物として駅舎が残っていたらしいが、 今は基礎コンクリートと、ドア全開の簡易トイレしか無い。 K_5_0012.jpg 沿線の炭鉱(万字・美流渡・朝日)が閉山したため、 廃線へと追い込まれたようだ。
http://ameblo.jp/tanken32/entry-11136256185.html
万字炭山付近旧栗沢町に存在した炭鉱1976年に閉山しました。旧国鉄万字線の終着駅である万字炭山駅もありましたが1985年廃線に伴い廃駅となりました。昨年撮った画像です。万字炭山駅跡碑は駅舎から離れた万字交通センター横にある。道道沿いの集落解体された万字小学校跡
http://park12.wakwak.com/~stogashi/manji.htm
明治36(1903)年に開鉱し、昭和51(1976)年閉山朝吹家が所有した炭鉱を北炭が譲り受けました。「万字」という名は、朝吹家の家紋(卍)に由来します。炭鉱跡は森林公園となっています。旧万字小学校開校明治39(1906)年9月21日閉校平成2(1990)年3
http://tansakunoato.blog.fc2.com/blog-entry-569.html
2014年7月3日 万字炭山森林公園 - 1 - 北海道の「産業遺産」「軍事遺構」探索の記録. 炭鉱跡・廃線跡など産業遺産系廃墟やトーチカなどの戦跡、その他無人駅・文化財・秘境などに出かけては写真を撮っています。現地へ行った気になるような探索ツ黴
http://tansakunoato.blog.fc2.com/blog-entry-573.html
もう一つ、坑口を発見。 森林公園内に隠されたお宝を探しているようで、面白い。 K_5_0063.jpg 内部の様子。すぐそこで崩落しているようだ。 K_5_0069.jpg というわけで、公園の駐車場に戻る。今回は行かなかったが、 万字炭山森林公園に 
http://www.ab.auone-net.jp/~haikyo/haisen/manji/manji.html
万字炭鉱跡と万字線. 万字炭鉱は、幌向川上流部、夕張市との市界付近に存在し明治時代には北炭に買収され 夕張方面への索道輸送による出炭を行っていた。なお、かつての鉱区所有者朝吹英二の家紋「卍」に由来して 地名も「万字」となっている。大正9年のツ黴
http://www.geocities.jp/syougunn7/mantankou.htm
万字炭山ホッパー跡。何の跡なのか・・・・・・?
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top9000.html
万字炭鉱跡で選炭工程を見る北海道岩見沢市(栗沢町)坑内から搬出されたままの石炭(原炭)には炭層の中にある岩石や不純物も混じり、大きさもまちまちである。原炭の中の不純物を取り除き、岩石(ズリ)を回収し、また原炭を使用目的に適した粒度(大きさ)に分ける作業が選炭で
http://www.ndbs-ahps.jp/narita/a21/a2102.htm
北炭万字炭鉱昭和31年4月、同社の万字炭坑に転勤を命ぜられ、昭和35年6月の退職の日まで三交代勤務で坑内外の電気設備の設置や保守の仕事をしました。三交代勤務とは、朝7時から15時までが一番方、15時から23時までが二番方、23時から翌朝7時までが三番方で、月曜
万字炭鉱 関連ワード
  • お店
  • お玄関
  • ズリ山
  • 懐かしい
  • 手作り
  • 日本一