万字小学校

万字小学校は、北海道岩見沢市にあった廃校。1906年に開校。炭鉱閉鎖後は寂れ、1990年に閉校した。

解体され現存していません

万字小学校 住所

北海道岩見沢市栗沢町万字寿町

万字小学校 種類

廃校

万字小学校 画像

万字小学校 写真・ブログ・リポート

万字炭鉱と万字線沿線
http://www.asahi-net.or.jp/~re4m-idgc/MANJI.htm
昭和60年7月の訪問時には岩見沢駅にはまだ万字線の発着時刻の看板が残ってい ました。 。 平成3年の万字小学校。平成2年に閉校になった約1年後の様子ですが入口 もしっかり除雪されていました。 平成18年の万字小学校。入口には柵があり進入禁止に
栗沢町立万字小学校
http://www.geocities.jp/necojijii/page434.html
栗沢町立万字小学校. 栗沢町立万字小学校. 明治39年9月21日 ~ 平成2年3月31 日. 2008.07.20撮影. 現在校舎周辺は立ち入り禁止となっている. 校舎は道道38号線 沿いにある. 平成2年閉校以来、他の用途に転用されることもなく朽ちていっている
万字
http://sentimental.55street.net/manji/manji.html
万字小学校 夕張を出て栗沢町に入るとすぐあらわれる。 なんとも素朴で親しみやすい 外観だ。 万字小学校の開校は明治39年、閉校したのは平成2年。70年の歴史がある。 万字小学校は残念ながら廃校になってしまったが、となりの体育館は「体育センター」
万字小学校。
http://kuranxxx.fc2web.com/ruins/manji1.htm
万字小学校 2004.8.7追加。 開校明治39年9月21日、閉校平成2年3月31日でつ。 炭鉱で栄えていたらしぃでつが今はさみちぃ場所になってまふ。 体育館は現在スポーツ センターとして利用されていまする。 家に帰ってきてから心霊スポットということを知り
万字小学校 所在地「北海道」
http://specter.ushimairi.com/simpleVC_20110106204200.html
2011年1月6日 万字小学校 所在地「北海道」. 北海道の廃墟、心霊スポット一覧に戻る. 北海道には質 の良い廃校が多い. 長い間、お疲れ様です. 薄暗い校内… けれど温かさを感じる. 音楽 室… 放課後に楽器の練習をしている生徒たちの様子が頭に浮かぶ
栗沢 万時小学校
http://1000megumi.zero-yen.com/ryokouki.kurisawa.html
栗沢 万時小学校2005年5月5日ここも場所はイマイチ自信は無かったのだが、国道沿いにあり、あっさりと 発見できた。   広い。おおきい。そして、複雑。まるで迷路のような小学校
万字小学校 - FC2
http://kuromax.web.fc2.com/ruin/hokkaido/aero/manji/manji2.htm
昭和51年頃の万○小学校です。 我々が訪れた際も、まだまだ健在でしたが、取り壊し が検討されています。 廃校後も、夏場は、肝試し会場として利用されていたようです。 ※ 写真は、国土交通省の航空写真から引用させていただきました。
北海道の廃校・閉校フォトアルバム 栗沢町 万字小学校
http://hokkaidohaikou.blog24.fc2.com/blog-entry-128.html
北海道の開拓と共に歩んできた学校を写真にて今に伝える.
6月美瑛・富良野の旅 4 : 函館発 ぼうけんの旅 - livedoor Blog
http://blog.livedoor.jp/oonoseiichi123/archives/30580455.html
夕張市を後に、峠を越えて岩見沢市へと向かう道道38号線の険しい峠を下ると昔、万字 炭鉱のあった場所。 RIMG2027 万字小学校閉校記念碑が。しばらく閉校となった校舎がそのまま放置されていたが、ここは豪雪地帯。傷みも激しく、5年 
万字線⇒サクサク一周 - harutan77jpnのブログ - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/harutan77jpn/13078272.html
イメージ 13. 橋の手前右側に保育園がありました. 渡って右に生協がありましたね^^. イメージ 14. 新屋商店に向かう坂です. 左側に万字会館がありました. イメージ 15. 万字小学校の体育館です♪. イメージ 16. 万字小学校閉校記念碑.
廃墟、万字小学校駆け巡り.1 : 仄暗いお散歩
http://honoguraiosanpo.blog.jp/archives/1049071894.html
万字には、国鉄の万字線が赤字で廃止になる直前に訪れたことがある。終着駅の万字駅で降りたと思ったら、そこは一歩手前の「万字駅」。慌てて線路の上を走って「万字炭山駅」まで折り返しの汽車を追いかけた、あの日。東京から来た少年にとって、線路の上の枕木を自分の足で踏みし