万字炭山神社 概要・歴史

万字炭山神社は北海道岩見沢市の神社。万字炭鉱の守護神として明治41年建立された。

かなり荒れた状態にある。

状態
2019年05月20日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

万字炭山神社 住所

北海道岩見沢市栗沢町万字旭町

万字炭山神社 種類

廃寺・宗教施設・廃寺

万字炭山神社 関連ブログ・参考リンク

万字の廃神社1 | ちょっと探検な日記
http://black.ap.teacup.com/isan/306.html
炭鉱探索中にたまたま見つけた万字の廃神社突然開けた場所に白塗りの鳥居がちょっと薄気味悪いが、鳥居をくぐって中へ入ってみると灯篭?の基礎みたいなもので上の部分はないその先にはほとんど埋もれてしまっている階段上っていくと神社らしき建物が見えてきた
万字の廃神社2 | ちょっと探検な日記
http://black.ap.teacup.com/isan/307.html
この神社は万字炭山神社だということが分かった奉納この光景を目にした瞬間、さすがに薄気味悪かったな鳥居の周りにも階段とか
ゆるたん。万字炭山神社
http://shinotakasan.blog13.fc2.com/?tag=万字炭山神社
夕張方面に行こうと向かうも、また途中に脇道を発見してそちらに入ってみる。川と逆方向だから、橋の類いはさすがにないよな〜と思いつつ。…と橋よりも、ある意味凄い場所に来てしまったようだ。廃神社?ということは、この先はもう何もないか、いやもしかして。木が生い茂って薄
万字炭山神社
http://www.geocities.jp/kkktkh/sanngyouisan/manjijin/manjijin.html
万字炭山神社万字炭山地域に残る、山神社。石碑や狛犬が撤去された台の跡が目を引きますが、立派な社と桜が残り、神社跡と呼ぶのが憚られるほど。この地にあったご神体や石碑は、移転されて道道沿いに建っています。移転先等、成瀬様にご助言いただきました。御礼申し上げます。2
ゆるたん。 |旧万字炭山神社と桜
http://shinotakasan.blog13.fc2.com/blog-entry-647.html
橋よりも、ある意味凄い場所に来てしまったようだ。廃神社?ということは、この先はもう何もないか、いやもしかして。木が生い茂って薄暗いし、場所が場所なだけに立ち入っていいものか…一度離れてみたものの、やっぱりちょっとお邪魔してみようかと。階段も、自然に還りつつある
神社巡り 万字山神社【岩見沢市】 | ぶらり寄り道散歩 ~北海道神社巡り旅~
https://ameblo.jp/moekira0527/entry-12325888823.html
平成29年10月29日。岩見沢市にある万字山神社にいってきました岩見沢市栗沢町万字英町にあります。一礼して鳥居をくぐります万字山神社の狛犬さん何か大笑いしてます?万字山神社の拝殿。参拝を済ませます。ここは山神社なので?

ピックアップ廃墟