日曹炭鉱は北海道天塩郡豊富町にあった炭鉱。 1937(昭和12)年、日曹鉱業による本格的な採掘が始まる...

日曹炭鉱

日曹炭鉱 概要・歴史

日曹炭鉱は北海道天塩郡豊富町にあった炭鉱。 1937(昭和12)年、日曹鉱業による本格的な採掘が始まる...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

日曹炭鉱 ストリートビュー・空中写真

日曹炭鉱 関連ブログ・参考リンク

http://jm-hokkaido.sakura.ne.jp/nissotanko.html
忘れられた町8日曹炭鉱利尻・礼文・サロベツ国立公園の湿原や最北の温泉街で有名な豊富町の山間部に、日曹炭鉱は存在していた。ここに炭鉱があったことは、現在の道路地図にも日曹という北海道っぽくない地名が刻まれていることから知ることが出来るが、作者はたまたま豊富温泉へ
http://www.shinrei.com/spot/douhoku/teshiota.html
日曹天塩炭鉱跡Jr@心霊ストーカー軍団ここは、日本最北の街稚内の南に隣接する豊富町の山中、日曹(にっそう)天塩炭鉱の跡地であります。かつて数千もの人口を抱え、石炭を掘っていた男たちとその家族、さらにそこで商売を営む者、娯楽施設や病院等々、、、こんな山奥でと誰も
http://www.aikis.or.jp/~kage-kan/01-1.Dohoku/Toyotomi_Nisso.html
◆日曹(にっそう)※この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「豊富」(昭和48.3)を使用したものである所在:豊富町本流(ほんりゅう)地形図:豊幌/豊富形態:川沿いに家屋や施設が多数集まる離村の背景:産業の衰退標高:約80m訪問:2012年6月字本流
http://haikouinspect.web.fc2.com/toyotomi-nisso.html
豊富町立日曹小学校昭和13年9月1日開校昭和48年3月31日閉校平成19年9月訪問豊富町から東の奥道道豊富浜頓別線沿いにかつて3000人もの人達が暮らした日曹炭鉱があった昭和47年炭鉱は閉山し現在は全くの無人の地と化しているその炭鉱があった辺りを走っているとこ
http://homepage2.nifty.com/61degc/rail/hokkai/nisso/
日曹専用鉄道NissoPrivateLine日曹専用鉄道20.0km豊富温泉駅逓本町一坑三坑他にも駅があったかもしれません。道北の豊富町にかつて存在した炭鉱鉄道です。日曹炭鉱天塩鉱業所で産出された石炭を、宗谷線の豊富まで運びました。専用線ではありますが、開業時
http://hikyoutaki.blog.fc2.com/blog-entry-458.html
夏でも涼しいハズの道北ですが探険した7月上旬の最高気温は30℃、ブッシュもかなり茂り炭鉱跡は宝探し状態でした。ちなみに豊富(とよとみ)町と読みます。ほうふ町じゃありません道道沿いに石碑と看板があるそうですが?1度通り過ごして発見しました(笑)地元の方々が草刈り
http://blog.livedoor.jp/sorairocm/archives/2936356.html
お待たせしました!いよいよ天北炭田の旅メインイベント、日曹天塩炭鉱跡地の訪問記です 【日曹天塩炭鉱(日曹鉱業株式会社 日曹天塩鉱業所→日曹炭鉱株式会社)】明治37年 本願寺農場管理人・長門勇輔が下エベコロベツ川流域に鉱区を獲得し、 幌延炭鉱と. 一坑を廃坑、三坑に集中することとし、労使一体で再建に邁進。 31年 選炭場全焼。 35年 国の石炭政策に基づくスクラップ・アンド・ビルド化において道北唯一のビルド鉱となる。 各方面からの救援、労使一丸となっての努力の結果、.
日曹炭鉱 関連ワード
  • カバー
  • サッポロビール園
  • 国鉄
  • 新千歳空港
  • 機関車
  • 炭鉱
  • 走ります
  • 過ぎて