五条鉱山(立里・金屋渕・紫園) 概要・歴史

山中に残るコンクリート遺構と隧道

五条鉱山は奈良県吉野郡野迫川村にあった鉱山。

紫園・金屋渕・立里の3鉱床があり、紫園鉱床は野迫川村の中心である池津川部落の南東方約3kmの所に位置し、金屋渕鉱床は紫園鉱床の南方約500mの紫園川岸に、立里鉱床はさらにその南方約2kmの高所に位置している。

金屋渕鉱床は明治時代の末期に開発され、昭和13年に金屋渕鉱業株式会社の経営下に入り、比重選鉱場を設置して操業を始めたが、一年後に火災に遇い、昭和20年に休山した。その後同会社によって再開、昭和26年に千原鉱業株式会社の経営下に入った。

立里鉱床は享保年間に徳川幕府の直営鉱山として開発され、金・銀・銅を産出した。その後銅山として断続的に稼行され、明治2年に栗山藤作の所有となり新鉱体を発見して自山製煉を行なつた。昭和13年頃が最盛期で、粗銅はロンドン市場にも輸出された。大正3年に休山し、昭和13年に再開され、金屋渕鉱床とともに金屋渕鉱業株式会社の経営下に入り、昭和19年に浮遊選鉱場を完成したが、昭和20年に企業整備により諸設備を撤去して休山した。その後再開され、昭和26年に千原鉱業株式会社の経営下に入った。

昭和30年頃には金屋渕鉱床が主力で、立里鉱床では小規模な採掘が行われていた。紫園鉱床は坑道が崩壊。金屋渕・立里両鉱床の鉱石はともに金屋渕選鉱場において、浮遊選鉱により銅精鉱と硫化精鉱とに分けられていた。

1961年(昭和36年)頃に閉山となった。

金屋渕・立里の間には鉱物輸送用と思われる隧道群が残り、金屋渕付近にはトロッコ軌道のほかコンクリート遺構、廃屋が見られる。立里地区にはコンクリートで塞がれた坑道が残っている。

また紫園から吉野郡大塔村阪本(今の五條市大塔町阪本)へは大和索道による輸送が行われていたが、1960年(昭和35年)頃に廃止となった。

池津川東岸にも建物跡らしきものが空中写真から確認でき、金屋淵鉱山とも推測できるが不詳。

状態
2011年09月15日 作成
2019年01月04日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

五条鉱山(立里・金屋渕・紫園) 住所

奈良県吉野郡野迫川村

五条鉱山(立里・金屋渕・紫園) 種類

廃鉱・採石場跡

五条鉱山(立里・金屋渕・紫園) ストリートビュー・空中写真

五条鉱山(立里・金屋渕・紫園) スポット

五条鉱山(立里・金屋渕・紫園) 関連ブログ・参考リンク

阪合部の概要
http://www1.ocn.ne.jp/~kokyou/gaiyo-densyo.html
五條市中心地域より南西約4キロメートル、五條市二見地区に接する犬飼町より始まり地区内を流れる吉野川(和歌山県に入り紀の川となる)を挟んで河南11ヶ町(中町、黒駒町、大野町、樫辻町、山陰町、表野町、 時代の要請と共に昭和32年10月近接2町7村(旧宇智郡)が合併して市制(五條市...
立里鉱山隧道群 by.くるまみち
http://sputoyo877.com/tateri.html
立里(タテリ)鉱山。。。???聞きなれない名前です。。。ある日、高野山林鉄情報でお世話になっているがたろう氏からメールが届きました。「奈良県野迫川村にある立里鉱山に隧道が複数存在するらしい。」というものでした。???えええ???慌ててネットで検索してみたものの
五条鉱山立里
http://haiaikoujin.sakura.ne.jp/kouba23.html
奈良県野迫川村の鉱山跡を探索してきました。 紫園鉱床、金屋渕鉱床、立里鉱床と広範囲にわたっていて金屋渕では鉱山住宅跡や選鉱場跡が残っています。 県道734号ががけ崩れのため通行止めになっており紫園からと立里からの徒歩での探索となりました立里地区は廃校の小学校
金屋淵(野迫川村)
http://www.aikis.or.jp/~kage-kan/29.Nara/Nosegawa_Kanayafuchi.html
◆金屋淵(かなやふち?)所在:野迫川村紫園地形図:上垣内/伯母子岳形態:山中に家屋や施設が多数集まる?離村の背景:産業の衰退標高:?訪問:(2011年4月)大字紫園の中部やや南よりに所在か。池津(いけつ)川からは遠く離れていないと思われる。村史によると、紫園の

ピックアップ廃墟