剣崎砲台、大浦探照灯格納庫 概要・歴史

剣崎砲台大浦探照灯格納庫は神奈川県三浦市にある軍事遺構。

1926(大正15)年設置。15cmカノン砲塔が2基(4門)100m間隔で配置されていた。

現在は、畑の中に砲塔を固めていたコンクリートの円形構造物と、これに通じる地下道の出入口、探照燈庫が残っている。また、雨崎から剣崎にかけての台地や海岸には、関係施設と思われる構造物や洞窟陣地跡が残っている。

地図の砲塔跡は航空写真からも確認できる。

状態
2011年09月15日作成  2019年05月27日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

剣崎砲台、大浦探照灯格納庫 住所

神奈川県三浦市南下浦町松輪

剣崎砲台、大浦探照灯格納庫 種類

軍事施設・戦争遺構

剣崎砲台、大浦探照灯格納庫 ストリートビュー・空中写真

剣崎砲台、大浦探照灯格納庫 スポット

剣崎砲台、大浦探照灯格納庫 関連ブログ・参考リンク

Bunny The Flat 剣崎砲台跡
http://bunnytheflat.blog.fc2.com/blog-entry-91.html
ダイコン畑の真ん中に、以前に城ヶ島で見た砲塔地下壕入り口にそっくりな遺構をみつけました。 <大浦・震洋特攻艇格納壕 | ホーム | 剱崎探検~大浦探照灯格納庫>> 調べたらわかりました、美保基地の掩体壕というものみたいですね!
Bunny The Flat 剱崎探検~大浦探照灯格納庫
http://bunnytheflat.blog.fc2.com/blog-entry-90.html
2014年2月2日 bunnytheflat:剣崎砲台跡 (02/07) · ベガくんパパ:剣崎砲台跡 (02/06) · bunnytheflat:剱崎探検~大浦探照灯格納庫 (02/04) · 野乃母ちゃん:剱崎 こんにちは、三浦市の剣崎のそばの一面にダイコン畑が広がってるところに来ましたよ。
Digital Artworks TeeART Blog. [戦跡] 剣崎砲台 / 大浦探照灯格納庫
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-125.html
三浦半島南端に位置する剣崎に、太平洋戦争末期まで東京湾を護っていた剣崎砲台跡がある。ここは1年以上前に訪れたのだが、探索と言うほどのインパクトは無く、記事的にはボツとなっていたのだが、せっかくなので記事にすることにした。砲台までの道のりは非常に狭いため車で行く
剣崎砲台跡を探してみる。 - 気ままよろず日記 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/c_xantia_01/53732399.html
三浦半島には明治から昭和にかけての、東京湾防護のための砲台遺構が数多く遺されている。今回はその中の一つ、三浦半島の先端、城ヶ島の近くにある剣崎の“剣崎砲台”を探しに行ってみた。この時、付近にある他の軍事遺構を見て回りたかったのだが、ここへ来る前に探していた砲台
大根畑の陸軍砲台跡: たなぼた
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2012/01/post-26f8.html
探照灯庫跡からほど近い、一面大根畑のまっただ中。忽然と現れたコンクリートの丸い遺構。これが剣崎の砲台跡だ。平野のように見えるが、起伏の多い岬の中、これでも一番高い場所になる。150ミリのカノン砲が据え付けられていたということだけれど、建設は太平洋戦争の時ではな
横須賀・剣崎の探照灯庫跡: たなぼた
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2012/01/post-2644.html
ここは三浦半島の東側先端、剣崎というところ。浦賀水道の入口にあたり、昔から首都防衛の要衝だった。古来は剱崎と書いたから「つるぎざき」だと思うけれど、最近は「けんざき」と言う若者が多くなってしまった。道は舗装されているものの行き止まりが多くてわかりにくい上に、軽

ピックアップ廃墟